LUPOの地球ぶらぶら紀行

地球をこよなく愛する産婦人科女医の多少マニアックな旅行記です

アマゾン・イグアス・パタゴニア

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

フィッツロイ山と氷河トレッキングに行った私達は、すっかりパタゴニアを満喫した気分に。
でも、まだ最終目的地であるパイネ国立公園が残っています。パイネ国立公園はロス・グラシアレス国立公園の南に位置する大きな国立公園です。いくつもの湖と氷河、パイネ・グランデ山とトーレス・デル・パイネ山というパタゴニア好き憧れの山々、そして広い大地。グアナコやキツネ、ピューマなど動物の楽園でもあります。

チリのプエルト・ナタレスという町が玄関口となるため、エル・カラファテから5時間かけて長距離バスで移動しました。プエルト・ナタレスは、美味しい海産物の採れる小ぢんまりした港町です。


エル・カラファテやエル・チャルテンでは羊など山の幸ばかりを食べていたので、私達はサーモンやアナゴ、カニなどシーフードを食べまくりました。

私は今までに、ノルウェー、カナダ、北海道、タスマニア、チリのサーモンを現地で食べましたが、美味しい順にノルウェー>タスマニア>チリ=北海道>カナダでした。

街中で早速パイネ国立公園の詳細なトレッキング案内図を買って眺めると、とにかく広い!国立公園内の山小屋の宿泊と車の送迎を手配していたのですが、そこに降ろされても国立公園が広すぎて、1泊2日の滞在では見所を回り切れないことが解りました。国立公園にはタクシーはなく、絶景のペオエ湖や、氷河のあるグレイ湖に行くにはツアーに参加するか、車道を歩いていくしかありません。歩けば何とか回れますが、代わりに山道をトレッキングする時間はなくなります。

私達の送迎は、パイネ国立公園一日ツアーのバスに便乗する形だったので、運転手さんにお願いして車で回れるところは全て一緒に乗せてもらう事にしました。アマルガ湖、ペオエ湖から望むパイネ・グランデ山とトーレス・デル・パイネ山。そしてグレイ湖と氷河。風の大地パタゴニアの天気は変わりやすく、山々は雲に包まれたり、切れ間からちらりとその姿を覗かせたりしていました。快晴の時よりも、雲の中に透けて見える岩山の姿は神々しく見えました。




私達がパタゴニアを訪れたのは3月半ばから下旬にかけて。訪れた頃は夏の終わりで、日差しも暑く強烈でしたが、フィッツロイ山を見に行った短い期間のうちに、一日一日山が紅葉して秋になっていくのを感じました。そして、ここパイネではパイネ・グランデ山を包み込んだ雲が去ったとき、山の頂がうっすらと雪化粧をしているのが見えました。


日が傾くと気温が下がり、また風も強いので凍えそうに寒く感じました。ツアーバスにはビジターセンターで降ろしてもらい、バスを乗り継いでレフヒオ(スペイン語で山小屋の意味)に向かいました。
レフヒオには大勢のヨーロッパ人が泊まっていて、食堂で陽気に酒盛りをしていました。相部屋で2段ベッドでしたが、寝心地も良く、快適なシャワーもありました。

翌日はトーレス・デル・パイネ山を見に行くために早起きをしてトレッキングの予定でしたが、起きたら大雨・・。少しだけ迷いましたが、雨だからと言って夕方の迎えの時刻までレフヒオに閉じこもっていてもどうしようもないので、雨の中出発しました。

大粒の雨が勢いよく降っていたため、すぐにずぶぬれになってしまいました。今回は登山靴ではなくトレッキングシューズで、雨具も日本に忘れてきてしまったので、靴もズボンも水がしみて凍えそうでした。
しかも歩き出してしばらくして、トーレス・デル・パイネ山が厚い雲に覆われていて全く見えないことが解りました。また迷いましたが、やっぱり決めた目的地までは歩こうということになり、雨で道がぬかるむ中もくもくとトーレス・デル・パイネ山に向かって歩きました。吐く息が白く濁ります。途中から雨が雪に変わり、いよいよ手がかじかんできました。
やむを得ず、中間地点にあるキャンプ場のロッジで休憩をとることにしましたが、すでに冬期のため閉鎖されていました。トーレス・デル・パイネ山方面から降りてきた人に、山は見えないし吹雪いてきたので引き返した方が良い、と言われてやむを得ず引き返すことにしました。すでに道には雪が積もっていました。

結局、レフヒオの近くにあるホテルまで引き返しました。もう少しで凍え死ぬ寸前だったので、暖炉とガスストーブでぬれた帽子、手袋、靴、上着を乾かしながら、ココアを飲んで迎えの時間までおしゃべりをしました。それはそれで楽しかったです。

ああ、ちょっと不完全燃焼。必ずやもう一度パタゴニアに行き、今度は3泊4日かけてパイネ・グランデ山、トーレス・デル・パイネ山の裾野をWの字に回るトレッキングコースを踏破したいです!!そして南極も。絶対に行くぞ!!

この記事に

開く コメント(8)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

パタゴニア日記の続きです。

氷河に大興奮だった私とずこちゃんですが、このたび最大の目的はフィッツロイ山を見ることでした。フィッツロイ山はスポーツ用品メーカーpatagoniaのマークになってる山です。(ちなみに、patagoniaパタゴニア店を探したけど、なかった・・)

フィッツロイ山を見るために、カラファテから長距離バスで5時間かけてエル・チャルテンという村まで行きました。
その日は月に一度しかないという快晴に恵まれ、フィッツロイ山の岩峰群が遠くからでもはっきり見えました。私達は大はしゃぎで、バスを降りてチェックインを終えると、片道2時間のカプリ湖までトレッキングしました。

やっぱり氷河によって作られた山は、火山によって作られた山と根本的に形が違いますね。
この辺りの山は「トーレ」(スペイン語で塔という意味)という名前がついたものが多いのですが、塔というか柱というか、天に突き刺さっているような形の山が多いです。山というか岩みたいですね。

翌日、私たちの手配書には「日帰りトレッキング8時間」と書かれていたので、近くのユースホステルに朝暗いうちに集合しました。ガイドさんと、私たち2人を含む16人の参加者達は、そこからトーレ湖畔のベースキャンプまで早足で2時間半。
ベースキャンプでコーヒーを飲みながら休憩していると、ガイドさんたちがなにやら険しい顔でやってきました。

「予定していたガイドが1人来れなくなった。法律によりガイド1人当たり6人までしか氷河に連れて行けない。無理だから引き返そう。」
参加者達は騒然となり、ガイドさんたちと言い合いに。
私とずこちゃんには話が読めません。陽気なスペイン人に話を聞くと、どうもこのトレッキングツアーはトーレ湖の向こうのトーレ氷河を歩くのがメインのようで、そのためにはガイドが必要で、ベースキャンプから往復7〜8時間かかるとのこと。聞いてないよ!!

結局イギリス人とスペイン人達がガイドと話し合い、くじ引きで12人選んでアイストレッキングツアーが決行されることになりました。くじ引きは緊迫した雰囲気でしたが、私とずこちゃんも参加できることになりました。
その先は想像を超えた行程でした。橋のない川を渡らされ、岩場を延々登り降りして氷河にたどりつきました。

そこからアイゼンを履き、氷河トレッキングです。
所どころ氷河の割れ目があり、落ちたらどうなるんだろうと思いながら、初めてアイゼンを履いた足に一歩一歩力をこめて歩きます。怖いけどこわごわ歩くと余計滑ってしまうので、度胸が試されました。

氷の上でお弁当を食べ、氷河の壁でアイスクライミングを体験しました。

参加者のスペイン人やイギリス人とはすっかり仲良しに。パタゴニアに来るような人たちは陽気な旅行好きが多く、日本のことも良く知っている人たちが多かったです。

辛かったのは、同じ道を帰らなくてはいけないこと。実は氷河まで片道を来るだけでも途中で挫けそうになるくらい足場が悪く険しい道のりだったのです。ランチと水、アイゼンに加えて、重くのしかかる一眼レフカメラと替えレンズ。でも、これを持ち歩かないと来た意味がありません。

ところが帰りは不思議と足が軽く感じました。多分メンバーと打ち解けて譲り合いながら歩いたからではないでしょうか。外国人と仲良くなるのが前より得意になりました。
帰りに橋のない川を渡らされた時は、真っ先に手を挙げ、一番乗りで渡りました。

ベースキャンプまで戻り、大はしゃぎでみんなで記念写真を撮るとすでに薄暗くなっていました。そこで流れ解散となり、早足でエル・チャルテンの村まで帰りましたが、最後のほうは真っ暗に。途中道が解らなくなり半泣きになりながらも、何とか村にたどり着きました。出発から14時間以上経っていました。

体力の限界まで、いや限界を超えてトレッキングをした私たちは、次の日の長距離バスが夕方だったので、また早起きしてフィッツロイ山を見に出かけました。初日よりも少し遠くまで6時間くらいかけて往復しましたが、この日は曇りでフィッツロイ山は見れませんでした。フィッツロイ山の周りは曇りが多く、何日も滞在しても見れない人も多いそうです。

バスに乗ってエル・カラファテに帰ってきた私達は、すっかりパタゴニアを満喫した気分に。
でも、やはり圧巻は次のパイネ国立公園だったのです。。

この記事に

開く コメント(6)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

今回の南米旅行のハイライト、パタゴニア編に突入です。パタゴニアってどこ?というあなた。パタゴニアは南米大陸の南の果てで、アルゼンチンとチリにまたがる地方の名前です。
多くの方々には馴染みはうすいと思いますが、ほんまめちゃめちゃ良かったんですよ!!

もりーなりさんに勧められた、山岳写真家白川義員さんのパタゴニア・パイネ国立公園の写真で一目惚れ。さらに、シェルパ熊さんの素敵なフォトアルバムを見てパタゴニア行きを決意しました。

パタゴニアは南緯50度あたりにあり、何万年も前に積もった雪によってできた氷河がいくつもあります。氷河によって削られた峻険な山も多数。
厳しい大自然と動物の王国です。もう、ワクワクを通り越して、パタゴニアを想うだけで緊張しました。

パタゴニア地方はとても広いです。今回は南部パタゴニアのロス・グラスアレス国立公園とパイネ国立公園を訪れました。

まずイグアスからブエノスアイレス経由でエル・カラファテという小ぢんまりした街へ行きました。ここはロス・グラシアレス国立公園(氷河という意味)の観光の拠点となる街です。国立公園内には大きな氷河が3つあるのですが、その中で唯一船に乗って氷河に近づけるという、ペリトモレノ氷河一日観光ツアーに参加しました。

行ったのは夏の終わりだったのですが、どうもこの地方はアルゼンチンの標準時刻の経線から相当西に寄っているらしく、さらにサマータイムだったので、日の出が午前9時前、日の入りが午後10時前、と慢性時差ボケな日々でした。

ペリトモレノ氷河へは車で1時間半ぐらい。まずは船に乗り、氷河に近づきます。
パタゴニアは天気が非常に変わりやすく、晴れたり雨が降ったりめまぐるしいです。船に乗ったころにはどんより厚い雲が空を覆っていたのに、氷河に近づくと太陽が出てきて氷河がキラキラと輝きはじめました。空のような水色です。
空の青と雪原の白と氷河の青で、まるでアルゼンチンの国旗のようでした。

次にペリトモレノ氷河が間近に見られる展望台でランチをしました。
最前列にそそり立つ氷河は、奥に見える山に降り積もった雪が氷河となり、何万年もかけて押し出されて来たもの。そして湖に崩落していきます。
氷河のまん前にいると、ザザーという豪雨のような音が氷の中で響いているのが時々聞こえます。中で氷河が溶けてヒビが入る音のようです。
そして、銃声のような爆音と共に氷河が崩落するのを何度も見ました。すごいパワーです。
今まで世界中の自然を見てきましたが、これほど地球が生きていると実感したことはありませんでした。もう、大興奮です。

そして展望台の売店で、ウィスキーをロックで飲みました。なんと氷河の氷です!

人生最大級の感動を得た私とずこちゃんでしたが、パタゴニアの魅力はこんなものではありませんでした・・

この記事に

開く コメント(4)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

アマゾンから帰ってきた私は同期ずこちゃんとサンパウロで合流し、イグアスの滝に向かいました。

世界最大級の亜熱帯雨林を流れるイグアス川は、ブラジルとアルゼンチンの国境をなしています。そこに落差80m、大小300の滝からなる、イグアス・フォールズがあります。
言うまでもなく、南米最大の観光地。ブラジル側・アルゼンチン側に一つずつ空港があり、フォス・ド・イグアスという、ほとんどイグアスの滝観光のためだけにある街までありました。
本当は滝の真正面にあるシェラトンホテル(ほんま厚かましいところにホテルを建てたものだ・・)に泊まりたかったのですが、直前までキャンセル待ちをしても取れなかったので、小汚いフォス・ド・イグアスの街に泊まりました。
イグアスの滝を満喫するには最低でも丸1日かかり、車付きのガイドを手配するか、ツアーに参加するのが必須と思われます。

朝フォス・ド・イグアスを出発し、まずはブラジル側を観光。川沿いに作られた遊歩道を、滝を見ながら上ります。壮大な滝には虹がかかっていました。


その後はボートに乗って滝に近づきました。私はナイアガラの「霧の乙女」号のように、メインの大滝の間近まで迫るのかと思いましたが、ちっちゃい滝に突っ込んで、無理矢理びしょびしょにさせられるだけだったので、ちょっとがっかり。ディズニーランドじゃないんだから・・

その後はヘリコプターに乗って上空からイグアスの滝を見ました。違った角度から見る滝も良かったですが、地平線まで広がる広大な森林が印象的でした。

最後に国境を渡ってアルゼンチン側を観光しました。イグアスの滝のクライマックス、「悪魔の咽笛」です。
訪れた時の水量はピーク時の7割程ということでしたが、それでもすごい迫力でした。ピーク時は水しぶきがすごすぎて、滝の全貌が見えないそうです。私とずこちゃんは滝に魂を奪われ、ぼけーーっとずっと見惚れていました。


と言うわけでイグアスの滝観光を満喫してきました。ナイアガラの滝には冬と夏に2回行きましたが、イグアスの方がはるかに大きかったです。ビクトリア・フォールズも見なくては・・
楽しかったですが、アマゾンと違っていかにも観光と言う感じですね。一度行ったらいいかなって思いました。
次は自分史上最大の感動の旅、パタゴニアです。

この記事に

開く コメント(2)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

アマゾン後編でーす。

アマゾンのエコパークロッジで、サルや鳥の鳴き声に目を覚まされた私は、体の疲れがすっかり取れていることに気付いた。外は晴れ。光線過敏症の私は紫外線の強さにおののいた。いつも通り、長袖・長ズボンに帽子とフェイスシールドを着け、完全防備の姿でレストランに向かう。

朝の光が差し込んだレストランでは、保護されているオウムやサルに邪魔されながら欧州人が朝食に舌鼓を打っていた。
いつものことであるが、私の紫外線完全対策ぶりには外国人はみんな引く。ぎょっとする人々に「日除けと蚊除けです」と、説明して回るのが大変だ。そういえば、ロンドンでマスクをして病院に行ったら、みんなにあれやこれやと言われ外させられたことを思い出した。顔を覆ってはいけないのだろうか。

朝食後、待ちに待ったジャングルトレッキングに出かけた。さすがアマゾンのジャングル。すごい湿度で、メガネもカメラのレンズも曇る程だった。地面も湿っている。
アントニオによるとヒルはいないらしい。昔、アマゾンのヒルは特別大きいと聞いたことがあったので、「クチビル」という私の唇くらい大きい唇の形をしたヒルがいるのかと思っていたのだが・・

代わりに、非常に蚊が多かった。私はアマゾントレッキングのために「どこでもベープ」のような電動式携帯用蚊除け装置を持って行ったのだが、アマゾンの蚊たちは平然とその周りを飛んでいる。アントニオもナタリーたちもそれを見て大ウケしていた。
日本の蚊には効くんだよう・・。

アントニオの案内でジャングルを進んで行く、詳しい植物の生態はわからないが、ボルネオのジャングルよりは樹木の高さが低かった。大きなシダ類やヤツデなど、いかにも熱帯な植物が生い茂っているが、私のお気に入りのマングローブはない。あれは淡水と海水が入り混じる所に生えるのでないのは当たり前だが。

1cmを超える大きな蟻の行列がいて、ぎょっとしていたら、「これは軍隊アリ。気をつけないと食べられるよ。」と言われ、飛び退ってしまった。ここには猛獣はいないが肉食の生き物が多すぎる。
アントニオに木登りやターザンごっこを強制されたりしながら、ジャングルを練り歩き、満喫した。

昼からは少し大きな船でたくさんの宿泊客たちとアマゾン川をクルーズ。晴れていて入道雲のような大きな雲が低い空に浮かんでいた。遠くの方で入道雲からスコールが降り注いでいるのが見える。美しい虹も見ることが出来た。

クルーズの目的地は小さな村。「ウルルン滞在記」よろしくアマゾンのインディアンたちの生活にお邪魔させてもらうのだが、どうも観光地のイベント化しているようで私はこういうのは苦手である。

帰りのクルーズでは、空もアマゾンも橙色に染まる美しい夕日を見ることが出来た。

その日は夕食後にナイトサファリに出かけた。アントニオと私達は、真っ暗な川を小さなボートで漕ぎ出した。アントニオは懐中電灯で水面を照らした。川べりの水の中に生える木々の隙間から、電灯に反射して光るブラックカイマン(ワニ)の目を探しているのだ。アントニオは驚くほど遠くまで見えるらしい。
木をかき分けてボートを川べりにつけるとアントニオは川に手を突っ込んだ。一瞬ぎょっとしたが、アントニオが水の中で捕まえたワニは50センチにも満たない赤ちゃんワニだった。すごくかわいい。噛まれないよう口元をつかんで、持たせてもらった。

「ワニかわいい!」とはしゃいでいると、アントニオは昔ワニに噛まれて足をちぎられそうになった傷跡を見せてくれた。右太ももに大きなケロイドの痕。やはり野生の王は舐めてはいけない。

翌朝は朝食前にピラニアを釣りに行った。本当は釣りに興味はなかったのだが、プログラムに入っていたので参加してみたのだ。餌の魚肉を針につけておろすと、瞬く間に表面が変性して白くなり、水温が高いことが分かる。

私もナタリーとアリョーシャも、一匹も釣ることができなかったが、アントニオと船頭さんが何匹かピラニアを釣り上げ、それを餌にワニをおびき寄せて私達に見せてくれた。
餌を狙うワニはすばやい。大きな音と水しぶきとともに釣竿からピラニアがなくなっていた。

朝食後のんびりしてから、私はエコロッジを後にしてマナウスの空港へと送ってもらった。今日はサンパウロへ向かう。
アントニオも、ナタリーとアリョーシャも、別れを惜しんでくれた。アントニオは「次は1週間ぐらい滞在するといいよ。ジャングルのもっと奥地まで行って、寝袋で泊まりながら探検するんだ。もっとたくさんの動物に出会えるよ」と非常に魅力的なプランを教えてくれ、メルアドの書いた名刺をくれた。ジャングルの奥地とメールのやり取りが出来るとはすごい。そういえばドコモは通じなかったが、エコロッジでもみんな携帯電話で話していた。
ナタリーとアリョーシャは7月にモスクワで結婚するらしい。モスクワは是非訪れるべきすばらしい都市らしい。そして彼らのおすすめネイチャーはカムチャッカ半島だそうだ。是非とも行ってみたい!ハネムーン先に日本を考えているらしく、「日本に来るならどんな都市でも最高においしいお店を教えてあげる!!」と硬く約束した。

と言うわけで、憧れのアマゾン川とジャングルを2泊3日でフルコースに楽しんでしまったのでした。いやあ、ネイチャーはいいです。ネイチャーを愛する人たちもいい人ばかり。

次はイグアス編です。お楽しみに。。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(1)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事