LUPOの地球ぶらぶら紀行

地球をこよなく愛する産婦人科女医の多少マニアックな旅行記です

その他の国内旅行

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

今日が仕事始めですが、イマイチエンジンがかからないのは私だけでしょうか・・

家で、当直先で、寝正月を送っていた私ですが、昨日家族で丹波にイノシシ鍋を食べに行って来ました。

六甲山麓にはイノシシがたくさんおり、山の手にある自宅近くは言うまでもなく阪急電車の最寄り駅周辺にもイノシシは多数出没し、地元民にとっては見慣れた存在となっています。

が、残飯を食べているであろうがため食べる気の起こらない神戸のイノシシと違って(見た目はかわいいですが)、どんぐりや山芋を食べている丹波のイノシシは超美味しく、あれがないと冬が越せません。

11/15〜2/15の期間丹波のイノシシ猟が解禁され、篠山に行くと各地でボタン鍋が味わえます。まさに和製ジビエ!

JR大阪から丹波路快速で篠山口まで64分。そこから篠山市街までタクシーで10分ほどです。
篠山には行き付けの料理旅館があります。司馬遼太郎が定宿としていた近叉さんです。殆ど毎年行っています。
http://www.kinmata.jp/


イノシシ鍋は出来るのに少し時間がかかるので、その間にイノシシ肉の塩焼きとその油でこんがり焼いた山芋をいただきます。これがおいし〜♪塩焼きは素材の味がそのままいただけるんですよね。



イノシシ肉は脂身が多いほど高級とされ、煮込めば煮込むほどやわらかくなるのが特徴です。煮込めば脂肪分が抜けぷるぷるしたコラーゲンが残ります。赤身と脂身を同時に口に入れると、旨味たっぷりの肉汁とぷるぷるの食感が同時に味わえ、その場で昇天しそうになります。
しかも丹波は野菜も豊富に収穫されるのです。立派に育った白菜やらごぼうやら人参やら山芋やら大根やらが一緒にお鍋でいただけます。白菜なんか甘みがあってシャキシャキしているし、山芋はほくほくしてむかごと同じ風味がします。野菜も主役なのです。



最後に卵を鍋の中に割りいれ、半熟となったところで取り出して、味噌出汁ごと白いご飯にかけて食べます。これがまたおいし〜♪お腹がいっぱいでも食べれちゃうんですよね。


イノシシ鍋を堪能した後は、篠山の町を歩いて黒豆やらしいたけやら山芋やら丹波の名産をしこたま買い込みます。これが安いんですわ〜。

やっぱり冬はイノシシですねえ。そして丹波篠山は素晴らしい。ビバ☆兵庫県!
熱烈推薦です。

この記事に

開く コメント(11)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

さて、ちょっと前になりますが、また大山に登って参りました。春にはずこちゃんと二人で行ったのですが、今回はずこちゃん、ゆかりん、じゅんぺこ、○がっちと五人で行きました。

ずこちゃんとゆかりんは去年の槍に一緒に登り、友達に。
じゅんぺことゆかりんは今年の燕に一緒に登り、友達に。

じゅんぺこと、ずこちゃん&○がっち(わたしとずこちゃんの医局仲間)は初対面でした。

大阪駅に朝6時集合。じゅんぺこが車を出してくれました。
阪神高速池田線→中国道→米子道と延々走り、途中休憩しながら大山の夏山登山口である大山寺から登り始めたのは10時ごろでした。

前回は当直明けに出発したの、で登り始めが11時半ぐらいで日が高く、すぐに熱中症になったのを思い出し、ビクビクしながら登りました。
大山夏山登山道は標高差900mほどを3キロ足らずで一気に登るコースなので、あまり緩急がなく結構疲れます。

大山といえば西日本最大のブナ林ですが、すそ野のブナはまだ紅葉していませんでした。


6合目から見下ろすと、赤・黄・緑の樹木が混ざり合って錦のように美しかったです。



8合目までは辛い登りが続きましたが、その後は整備された緩やかな木道となり、惰性で登り切ることが出来ました。


頂上で昼食を取った後、コーヒー好きのじゅんぺこが持参したミルとコンロとドリップで、挽き立てコーヒーを淹れてくれました。
めっちゃ美味しかったです。真剣に。感動。

そういや昔こういうネイチャーな彼氏が欲しいと思っていたのでした。(じゅんぺこはアルペンポールを忘れた私に一本貸してくれたりもしたのです)
が、じゅんぺこと私では互いに有り得ないのでした。(そういや知り合って14年ですなあ。)ピュアな変態君じゅんぺこは現在絶賛売出し中です。

膝が痛いだの、太ももが痛いだの文句を言いながら山を下りた私達は、7月に出来たばかりのモンベル・大山店に行きました。
押しも押されもせぬ世界有数のスポーツメーカー、モンベルの山グッズは値段が手ごろで痒い所に手が届く製品ばかり。さすが日本の会社です。

モンベル・大山店では店員のお兄ちゃんに「これもあれもモンベルグッズでそろえてるんですけど!」「モンベルカード持ってるんですが割り引きないんですか!?」「すれ違う登山者にクールネックゲイター(覆面の日焼け止め。目立つがアルカイダみたいでビビられる)を宣伝しまくりましたよ」などと口々に言ったので、お兄ちゃんはびっくりしてました。

その後、一路蒜山ジャージーランドへ。
牛乳、プリン、ソフトクリーム、ロールケーキなどを食べまくり。
やっぱジャージー乳はコクがあってお菓子にぴったり。
で、動物としてウシが大好きな私は、放牧されているジャージー牛に会いに行ったんですが、これまた坂の上のほうのえらい遠くにいてはりました。
しかも、柵からめちゃ遠くて小さくしか見えず・・。ああ、来年の年賀状にしようと思ったのに。

そして、疲れを癒すべく美作三湯(湯郷・奥津・湯原)の一つ、湯原温泉に日帰り入浴しました。さっぱり&ほっこリ。
やっぱり山の後は温泉に限ります。それが日本の良いところ。

で、最後の力を振り絞って、津山で焼肉を食べました。実は岡山は食用牛のメッカなのです。行ったのは津山が地元の岡大の先生も超お勧めの焼肉店です。
http://r.tabelog.com/okayama/A3303/A330302/33001067/dtlmap/
めちゃ美味しかっただけでなく、安くてビックリしました。

この日使ったお金は、高速料金、ガソリン代、入浴料、食費を合わせてわずか9000円程でした。

全員眠気と戦いながら高速を走り、新大阪駅に到着したのは22時30分でした。じゅんぺこ、ロングドライブありがとう。
ほんま、盛りだくさんで満喫しまくりでしたわ。ま、岡山でリピートしてるとこなんて蒜山・湯原だけですけどね。

いやあ、グループで登山をするたびに友達の輪が広がるのが素晴らしい。毎回、私の色んなジャンルの友達をかき集めて登ってるのですが、みんなその後友達になって一緒に遊んだりしているのを聞くと、やっぱええな〜と思うのでした。

この記事に

開く コメント(6)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

みなさんこんにちは。

この前の週末に愛媛県の霊峰・石鎚山に登ってきました。標高1982m。西日本最高峰です。

いつも私のいろんなジャンルの知り合いをかき集めて登っていますが、今回は初めて私の直接知らない人が参加しました。
じゅんぺこの後輩で泌尿器科医のよしよし君です。
知らない人といっても、妹の同級生であり、昔私と同じマンションの同じフロアに住んでいたこともあって、互いに存在は知っていたのですが。

あとは、じゅんぺこ、ゆかりん、おざき、私。(ずこちゃんが仕事のため、夜の道後温泉からの参加となりました。)
なぜか全員30代独身ドクターです。

金曜の晩に大阪から車でやってきたよしよし君に拾ってもらい、その日のうちに愛媛へ。伊予西条というところに前泊しました。石鎚登山の出発点となるロープウェーの駅まで1時間足らずです。

朝早くから登りはじめたかったのですが、ロープウェーの動き始める時間が今の時期は9時だったので、ゆっくりめのスタートとなりました。

ところがなんと!
前の晩に松山で合コン三昧のために別行動を取っていた、同期のおざきが寝坊したから来れないと言うではありませんか!!
信じられない。そんな理由で約束を反古にするとは!!
元々テキトーだけど憎めない奴だったのに、これは許せません!

で、おざき抜きで登りはじめました。

とってもいい景色&気持ちの良い天気。



石鎚山と言えば、登った人はみんな「最後の鎖場が怖かった〜」と言います。
そんなに怖いもんなのかと思い、途中にあった「試し鎖」のコースに気軽に行って、4人ともビビリまくりました。

足を掛ける所がない!
手を離したら死ぬ!鎖はすごく長くて上を見てもゴールなんて見えない・・

初めて「死ぬかも」と思いました。


試し鎖を終えて全員テンション下がりまくり。

頂上直前のの3つの鎖場は迂回するというメンバーまで出ましたが、こんな晴れてて条件の良い日に迂回するなんてチキンだという話になり、全員チャレンジ。

結果的に試し鎖が一番怖かったです。(要は覚悟の問題?)

そして、頂上までの最後の鎖を前に、なんと合コン明けで寝坊したおざきが追いついてきました。殆ど走ってきたらしい・・。恐るべし体力。

で、全員めでたく登頂し、今回も喫茶じゅんぺこで挽き立てドリップコーヒーをいただきました。


で、石鎚山の向かいに見えている天狗岳にも行ってみたのですが、これまた吹きさらしの岩場でめちゃめちゃ怖かったです。
おざきは断念していました。
が、登り応えがあって満喫できました。



なかなか良かったですよ、石鎚山。
この後道後温泉に行き、30代独身医師たちの珍道中は続きます・・

この記事に

開く コメント(7)

開く トラックバック(1)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

昨年11月の連休の九州旅行の続きです。


鹿児島・妙見温泉のお宿雅叙園でこれでもかというくらい睡眠を取りました。
朝ごはんのお味噌汁と放し飼い鶏の卵がとってもとっても美味しかったです。
チェックアウトぎりぎりまでダラダラし、鹿児島市内へドライブしました。

そもそも今回の旅のテーマは「翔ぶが如く」。夏に「竜馬が行く」土佐紀行をしたので、今度は「翔ぶが如く」薩摩紀行がコンセプトだったのです。

まずは西郷隆盛が最後の晩を過ごしたという洞窟と、最期の地・城山公園へ。

桜島がきれいに見渡せる高台でした。

そこで、なぜ西郷隆盛がこんなとこで自滅しなければならなくなったのかという議論に。
維新のエネルギーを蓄えたまま暴走寸前の、薩摩隼人のエネルギーを必死で抑えていた西郷隆盛。
結局は西南戦争勃発を止められず、西郷もろとも自滅する羽目に。でも、その後日本は一つにまとまったのです。(私の知識は司馬遼太郎の小説のみですので悪しからず・・)

これを西郷隆盛の功績と見る意見もありますが、私としてはあんなに大物大物と言われているならその薩摩隼人のパワーをもっとプラスに生かせなかったんかい、と思うのであります。
でも同行者は「その頃の価値観では武力しかなかったんやから無理に決まってるやろ」と主張。。
何か見解をお持ちの方がおられればお聞かせ下さい。

さて、続いて鹿児島シティーに下りてきて、うろうろしました。
ここでぽんちゃんさんが青春時代をすごし、よてぼりさんが研修されたのだなあ・・と感慨深かったです。いいとこやないですか。岡山よりよっぽど!!
せごどん(西郷どん)にも会いました。


シティーではかるかんと焼酎を大量に購入し、職場に送りつけました。
スイートポテトも。美味しいもんばっかりですよね、九州は。

飛行機が19時頃だったので、暇をもてあまし桜島にフェリーで渡りました。桜島って人が住んでたんですね!!


帰りのフェリーはレンタカーで激混みだったので、大隈半島側から帰りました。漁業がさかんなのどかな地域で、ずっと桜島を見ながらドライブできるので、かなりお勧めコースです。


途中で夕焼けも見ることが出来ました。秋の夕暮れってどこでも美しいですね。


というわけで、かなり南九州を満喫してきてしまいました。
次は「坂の上の雲」愛媛紀行の予定だったのですが・・
軍艦とか兵法とか全く興味ないので、正岡子規が死んじゃった3巻くらいで永久に挫折してしまったのです。
誰か分かりやすく解説してください!!

_______________________________________________

その愛媛には、結局先週末に行って来ました。
またアップします。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

明日から3連休ですね〜。私はなんと3日とも当直です。院内当直×2+大阪の病院×1
去年の勤労感謝の3連休は九州に遊びに行ったのでした。懐かしいのでアップします。

__________________________________________________________________________________________

どうも〜
この連休はお天気が良くてどこもすごい人手だったみたいですね!!
私はこの連休に宮崎・鹿児島に行ってきました。
絶好の晴天の中、またまた満喫してきてしまいまして、完全リフレッシュです。今日は救急車で搬送について行かされようが、何人入院が入ろうがニコニコです。(今のとこ)

宮崎県は去年の新生児学会以来2回目ですが、東国原知事があちこちにはびこってますね。(似顔絵の描いた焼酎とか美味しいのか!?)
彼が宣伝してるから宮崎に行ったわけではないのですが・・

朝イチの飛行機で宮崎に上陸し、レンタカーで日南海岸へ。

鬼の洗濯板と呼ばれる縞模様が海から浮かび上がっていましたが、これは昔の地層だそうです。

定番の観光地、青島へ。青島神社もあって参拝しかけましたが、巨人軍のお守りがたくさん売ってたので中止しました。

お昼ごはんは、去年焼肉を食べて美味しかったミヤチク(=宮崎畜産)直営のステーキ屋で宮崎牛食べまくりでした。(満足か?東国原!)

そして翌日の霧島縦走に備えて、夕方にはえびの高原へ移動しました。
えびの高原の名前の由来は、ススキが夕日に照らされてえび色に輝くからだそうですが、まさにえび色に輝く夕焼けを見ることが出来ました。
翌日登頂予定の韓国(からくに)岳(1700m)もそびえていましたよ。

その日は京町温泉と言う、鉄くさい温泉の街に宿泊し、翌日は5時起きで霧島連山縦走に挑みました。
霧島は火山の集まりで、そこここに温泉の湯けむりが上がっていて同じ九州の雲仙を思わせる土地です。
早朝には山すそが霧に覆われ、それが霧島の名の由来だそうですが、霧の上に霧島連山の山並みがくっきりと浮かび上がり、朝日に輝く姿は涙が出るほど美しかったです。(ハイウェイからなので写真が撮れず無念)

朝から絶好の晴天で、歩いているとポカポカの陽気でした。
残念ながら紅葉は全て落ち葉に変わっていましたが、すすき野とカルデラ湖が見渡せる美しい行程でした。


まあでも正直、北アルプスとかに比べたら、時々足場の悪い散歩道と言う感じでしょうか。(といいつつ、高千穂峰はスキップして、足早に温泉&黒豚しゃぶしゃぶへと向かったのですが。)

下山後、霧島温泉の中の新湯温泉という日本秘湯の会加盟の温泉に日帰り入浴しました。白濁した強い硫黄の湯でした。
http://www.tv-asahi.co.jp/hitou/tv/60/2c.html
その後、黒豚を食べまくりました。
http://www.krp1.com/restaurant/

その日のお泊りは、霧島温泉の近くの妙見温泉のお宿、忘れの里雅叙園。坂本竜馬が日本で始めてハネムーンに行った新川渓谷温泉の一つです。こちらはまたまた鉄っぽい温泉でした。
古民家を移築した別世界のお宿で、死ぬほどゆっくりしました。(続く)
http://gajoen.jp/

この記事に

開く コメント(7)

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事