ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

マツダ パークウェイ

イメージ 1


マツダライトバスの後継車種。ロータリー車も途中から導入されたが販売不振ですぐに廃止された。

かつては教習車としてお馴染みだったようだが……初代は流石に見た事がないか、あっても忘れている。

イメージ 2


法人ユーザーが多かったようだけど、これも草ヒロ多いだろうなあ。

ローバー 75

ローバー600の後継車種。
イメージ 1


BMW色を隠しきれていないまま差別化が図られているせいか、なんか中途半端な印象がある。600と違って輸入期間も極端に短かかったため、日本で見かけることは稀かなあ。

イメージ 2


中途半端にBMWをパクったように見えてしまう外観がなんとも。

イメージ 1


ドラへもん:社会現象になった名作。当時売り上げが落ちていたゲームボーイを見事に復活させ、マリオに次ぐ任天堂の看板作品に。キャラクターグッズも大量に生産され、そのためだけの株式会社を設立させたほどの影響をもたらした。

ミジョー:実は、発売当初はそんなにヒットしてたわけでもなくて、翌年の1997年に人気大爆発って感じだったらしいね。


イメージ 2


ドラへもん:キャラクターグッズの勢い物凄かったね。ぬいぐるみからジェット機まで、幅広いにも程がある。

ミジョー:なんせ151匹のゆるキャラが存在してるようなもんで、ビジネスはいくらでもできるもんなあ。
全ポケモンのぬいぐるみだけで、151種の商品企画として通るんだから。



イメージ 11


ドラへもん:赤バージョンと緑バージョンが同時発売だったけど、各バージョンで出現するポケモンが違う。

ミジョー:通信ケーブルで他人のゲームボーイにポケモンを送れるから、友達と一緒にと遊ぼう、というコンセプトだったんだろうね。大体みんな小学生で財力がないから、片方しか買えないし。俺の周りでも片方しか持ってない子が多かった。ま、同級生で月3万小遣い貰ってる猛者がいてそいつは両方持ってたけど、そんなんは別次元とすると。あと、当時の大きいお友達は両方買った人も多いみたいだね。うちは幸い、俺が赤を持ってて弟が緑を持ってたから上手く行ってたけど。

ドラへもん:ゲームソフトの複数商法って珍しいよね。

ミジョー:赤だと最初のポケモンがヒトカゲなんだけど、実は最初に貰える3匹のうち、一番弱いのがヒトカゲなもんで、始めの方は育てるのに苦労する。田んぼでコクーンとトランセルと戦いまくる作業の繰り返し。あまりにもこいつらばっか出てくるもんで、「またかよ!」ってなる。固くなることしかできないこいつら実戦で使えないし。








ミジョー:タマムシシティに初めて辿り着いた時はなんかテンション上がったね。デパートとかあるし。

ドラへもん:
タマムシシティまでは田舎だからね。あと、セキチクシティのサファリパークで、それまで出現しなかったポケモンが一気にいっぱい出てくる。
イメージ 12


ミジョー:そういえば、ケンタロス欲しさに何度も行ったけど、サファリパークって入場料払わないと入れないんだよな。サファリパークでしか捕まえられないポケモンも多くて、図鑑をコンプリートしたい人にとってここは難関。でも何度行っても楽しいんだけどね。ケンタロスって実はミュウツーの次に強いとかいう説あったな・・・・。

ドラへもん:敵キャラも個性的だったね。

ミジョー:呪われたステージみたいなの、なかったっけ?

ドラへもん:呪われたっていうか、火山が噴火してポケモンセンター以外全部吹っ飛んじゃってるグレンタウン。伊豆がモデルらしいぞ。



イメージ 13


ミジョー:そこのジムリーダーがハゲてたのを、周りでよくネタにしてたなー、小学生ってハゲ好きじゃん。しかもよりによって「カツラ」って名前だし。

ドラへもん:ハゲをギャグにするのって、子供の残酷さを象徴する行為だよな……。

イメージ 14



ミジョー:あと、カスミの服装いいよね。割と最近アメリカで「あの服装は性的に過激だ」と問題になったらしいけど、そんなこと俺16年前から気づいてたわ!なんであんなエロい格好して歩いてんだあいつ!

ドラへもん:ヘソが見えるか見えないかの位置なのかやらしいよな。……いやそんなんどうでもえーわ!
イメージ 15


ミジョー:ナツメ姐さんも人気あるらしいけど、俺はナツメさんあんまり興味なかった。

ドラへもん:おまえやっぱロリコn……。

イメージ 16



ミジョー:「電撃ピカチュウ」のカスミはヤバイ。あと、学年誌の「ポケットモンスター」に1話だけで出てきたポケモンハンターの女の子がやたら可愛かったけど、それ以降作画担当の人自体が変わっちゃった。「風の伝承者」の絵描いてた人になっちゃった。

ドラへもん:武術マンガのはずがおっぱいマンガになってたアレか?

ミジョー:失礼なことを言うな!あとジムリーダーで印象的なのは、サカキかな。まあヤクザですよねあれ。

ドラへもん:最後再びマサラタウンに戻ってくる構成なんだよな。

ミジョー:だからクリアという概念があるようでないんだよな。全ボス倒しても、全種ポケモンを揃えてないとクリアといえない感じだし。一応サカキ倒した後にスタッフロールは出るけど、それ以後もセーブ可能だし。全種ゲットはしばらくは挑戦し続けてたけど、結局揃わなかったな。

ドラへもん:そもそもミュウの存在があったし。

ミジョー:そう、当時コロコロコミックのイベントとかでデータを貰えたんだけど、コロコロのイベントって今はどうか知らないけど昔は幕張メッセでやってて、関西民の小学生じゃなかなか行けない距離なんだよな。うちは田舎だったから近所にゲームショップとかなかったんで、基本ジャスコでゲームソフト買ってたからな。


イメージ 19


ドラへもん:最初、ミュウは都市伝説と思われてたよね。

ミジョー:都市伝説っていうか、ネタなのかマジなのかわからん感じだった、最初は。

ドラへもん:噂が先に一人歩きしてた感じだったね。

ミジョー:でもコロコロにあまりに具体的に情報が載ってたし、段々真実だとわかってきた感じだった。あと、152匹目のポケモン「けつばん」の噂もあったな。こっちは本当に都市伝説だったけど。

イメージ 20


ドラへもん:いや、バグると本当に出てきたらしいぞ。バグがやたら多いゲームで有名だね。ポケモン全員レベル100にできたりとか。

ミジョー:その手の裏技が各地で広まってたの、今考えたら凄い。ネットがない時代に。当時としては珍しいくらいのバグの多さは、わざとそういうふうに作ったって噂もあるよね。


イメージ 21


ドラへもん:バグも結構楽しんでたからね。


イメージ 22


ミジョー:ポケモンといえばピカチュウ&ピチュウですけど、戦力的にはしょぼい。でんこうせっかを覚えさせたらかなり強くなるけど。うっかり進化させたらライチュウになってキュートさ半減。

ドラへもん:わざマシン入手しないとでんこうせっか覚えさせられないんだけど、大変なんだよなー、わざマシン集め。

ミジョー:数十台あるからな……。だから収集ゲーでもあるんだよなポケモンて。

ドラへもん:その収集にどえらい時間がかかる。ステージクリアだけなら数時間でできるんだけどね。

イメージ 23


ミジョー:キャラクターグッズで集めてたのは、プラコロとかいうやつで、ミニサイズのポケモンの模型。

ドラへもん:でも、全部未塗装なんだよな。

ミジョー:よりによって、小さいフィギュアなんで、塗装にテクニックがいるんだよなー。


イメージ 10


ドラへもん:あとポケモンカードな。

ミジョー:それ、遊び方のルールを最後まで理解できてなかったな。周りでもそれなりに流行った覚えがあるけど、すぐ遊戯王に取って変わられたな。

ドラへもん:いちおうカードゲームブームの先駆け。

ミジョー:まだ日本でカードゲームが浸透してなかった頃ね。コロコロコミックのおまけに、イマクニ?のカードがついてて、それがクソ弱いカードで、どういう経緯だったか忘れたけど、俺それ3枚持ってた。


イメージ 17


ドラへもん:イマクニ?って「ポケモンいえるかな?」歌ってた黒タイツの人な。本当は任天堂の中の人だけど。あとトランセル種市のことも思い出してあげてください。あとついでに・・・ミニ4ファイターだけじゃなくてメカニックマンのことも思い出してあげて、メカニックマンは途中からチョロQに鞍替えしてたんだけど・・・。



ミジョー:「ポケモン言えるかな?」がオリコン上位にランクインしたり、「めざせポケモンマスター」がオリコンに長くいたことで取り沙汰されたり。深夜アニメの主題歌が1位になるのも当たり前な今では考えられんが。

ドラへもん:曲を紹介する時にアニメの説明をしないといけないせいで、他局でやってる「うたばん」とか「歌の大辞テン」でもアニメの映像が普通に流されてた。ハピマテや晴れハレや放課後ティータイムやガルデモはスルーできても、ポケモンはスルーできん。

イメージ 18


ミジョー:ポケモンジェットも「なんじゃこりゃ?」と思ったね。最大級のキャラクターグッズだよな。


イメージ 9


ドラへもん:初代が出たのが'96年、2代目「金・銀」が'98年か。何度も発売延期して、いつまで経っても出なかった印象だけど、実質2年半しか空いてないんだなあ。「CLANNAD」の方がやっぽど延期しまくってる。

ミジョー:エロゲは専用HPまで作っててもいきなり発売中止とか開発中止とかあるからな……。2004年のサイトとかが凍結したまま残ったりしてちょっと怖い。それはともかく、「金・銀」の発売前にコロコロコミックは卒業しちゃったし、ポケモン自体に興味がなくなって、未だに初代しかやったことがないし、初代の151匹以外のポケモンは、ピチュウとソーナンスくらいしかわからない。最近のは女の子の主人公もいるらしいけど。

ドラへもん:第5世代とからしいからなー。逆に今の子供は、マダツボミとか知らないんじゃないの。



イメージ 3


ミジョー:コロコロに載ってた超下品なポケモンマンガは、今でも続いてるらしいが。

ドラへもん:あのピカチュウブームのさなか、主人公がピッピな上にしょっちゅう屁をこくんだよな。作者はなんかピッピに思い入れでもあったんかね。後になってピカチュウも出てきたけど、他のポケモンは喋るのにピカチュウだけは何故かゲームやアニメと同じく「ピカピカ」しか言わない。

ミジョー:ピッピが不良のポケモン……多分サワムラーにカツアゲあれそうになって、「かつあげする奴は……こうしてやるっピ!」と言ってサワムラーを鍋に入れて揚げてトンカツ(かつあげ)にするっていうのに、当時クソ笑った覚えがあるんだが…すっごいくだらないネタなんだけど。

ドラへもん:任天堂に全く媚びてない汚さだよなあ。ちなみに一番好きなポケモンは誰だった?


イメージ 4


ミジョー:それがねえ……そういうのないんだよ俺。何に関してもね、好きなアニメキャラとかもそこまでちゃんと決まってないし、バンドメンバーで誰本命とかもない。入手した時に何故かテンション上がったのはイーブイ。あとメタモンが好きだね……………描きやすいから。


イメージ 5


ドラへもん:あれ、テキトーに描いてもなんとかなるもんな。


イメージ 6


ミジョー:青バージョンは最初は限定販売品で、ローソンで予約しないと手に入らなかったんだけど、すぐ一般販売されちゃった。近所の子が青バージョン持ってたから、青じゃないと入手しづらいようなポケモンは彼に貰えばいいし、ストーリー内容は同じだし、特に有り難みなかった。ピカチュウバージョンも、最初のポケモンがピカチュウな以外は何ら赤・緑と変わりなかった。今思えばけっこう露骨な複数商法だな。

ドラへもん:ポケモン全盛期にゲームボーイポケットが発売されたけど、凄い勢いで消えていったよな。

ミジョー:ゲームボーイポケット、発売されたばかりの頃に買ったから、その翌年だか翌々年だかにゲームボーイカラーが出たときは負けた気分だった。なんせカラーだからなあ。

ドラへもん:ゲームボーイポケットって、8時間しか電池持たなかったんだよな。


イメージ 8


ミジョー:ポケモンみたいなRPGやるのには向いてないんだよな。小学生にとって電池って高いし、当時100円ショップなんてなかったし。あ、電池で思い出した。ゲームボーイの頃だけど、タミヤ模型から出てたパワーチャンプゴールドとかいう電池があって、ミニ四駆用のパーツだったんだけど、普通の電池よりハイパワーって触れ込みだったんだ。で、そのパワーチャンプゴールドをゲームボーイに入れたらすんごい長持ちするんじゃないかと思って入れてみたら……3日と経たないうちに電池なくなった。

ドラへもん:マンガン電池は時間が経つと復活するっていう知識も、当時覚えたよな。

ミジョー:ニカド電池は充電器が高くて買えなかったし、当時の貧乏小学生には、マンガン電池が実はいちばん経済的だったんだよな。まあ後にニカド充電器も買って、その充電器にマンガンやアルカリ差し込んだりしてたけど(※真似してはいけません)。

ドラへもん:ポケモンをやめたのはいつ頃?

ミジョー:いつ頃かなあ……何故か自然に興味がなくなったんだよな……。金・銀が店頭に並んでるのを見かけた時も、「あ、出たんだ」としか思わなかった。コロコロ買わなくなっても、ミニ四駆はしばらく続けてたのに。


イメージ 7


ドラへもん:週末には新作「X・Y」が発売されますが、ミジョーさんは3DSを持っていないそうです。

ミジョー:なので3DSを下さい。おまけにモンハン4を付けて頂いてもいいんですよ?









「Seeds」/DIE IN CRIES

イメージ 1


1995年作。

DIE IN CRIESラストアルバム。

解散が決まってから制作されたためか、全9曲(実質8曲)という、アルバムとして出すにはえらく中途半端なボリューム。「Eros」のジャケットが凝りまくりなのに対してこっちのジャケットは投げ遣り感すら漂う、メンバーの写真を適当に繋げたような内容。



幻想的な世界観などは消え、その代わりにユッキーがやたらと頑張っていて、インダストリアル色が強くなり、マニアックな構成に。この人が後に日本を代表するバンドのひとつのメンバーになる未来は、この作風からは予想しづらい。



シングルカットされた「種」だけはえらくバンドしている曲なんだけどな……。
























誰も嘘は言っていない
誰の言うことも本当じゃない























好きな曲:「種」、太陽をまちながら、大切なこと

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事