ここから本文です

書庫憧れの旧車たち

マイナー旧車オタクの自分が、それらについて連々書く書庫です。
たまに旧車じゃないのも混じっていますが大目に見てねw
記事検索
検索

全113ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

日産 マーチBOX

K11型マーチ時代の最終期に発売された、マーチの変態仕様。
イメージ 1



マーチのリア部分を無理くり引き伸ばしてステーションワゴン風にしたものだが、いかんせん違和感バリバリでw
イメージ 2


見慣れたらオシャレにも見えるけど………これだったら普通のマーチでいい。

ヒュンダイ ジェネシス

トヨタや日産などの多くの高級車を参考に開発されて、ヒュンダイ自社開発のマシン。

イメージ 2



丁寧に企画開発されており、メーカーの枠を超えた日本車の集大成のような秀作だと思うのだけど、どういうわけか日本の自動車誌関連の者の試乗などは許可されておらず、そのため、公式にこのマシンの実際の性能やら乗り心地やらは、所有者でないと全くわからない。といっても、そもそも日本に輸入されていないんだよなあ。

イメージ 1



クライスラー ネオン

イメージ 1


1994年に北米で発表され、1996年から1998年にかけて日本でも販売された。

「日本車キラー」という扇情的なキャッチコピーが話題を呼んだが、そのキャッチコピーとは裏腹に、次々に日本車に殺され………というか、市場でさっぱり相手にされなかった。

クライスラー車の中でも最廉価にあたり、日本円にすると車体価格100万円を切っていたが、100万円前後の国産車よりもパッケージングが劣っていた。

イメージ 2


当時も今も、実車をほとんど見た記憶がない。これだけ特徴的なスタイルなら、見かけたらすぐにわかるはずだが……。


トヨタ プロナード

2000年デビュー。

北米トヨタで生産されていた、実質的に外国車。
イメージ 1



トヨタのセダンとしては最高級というのが売り文句だったが、既にクラウンもセルシオも存在したため、後発のプロナードはヒットに至らず、2004年にひっそりと姿を消した。

なんとなくホンダっぽい外観。あちらではセダンといえばトヨタよりもホンダなのだろうか。
イメージ 2


1975年にモデルチェンジ。角目が特徴。

イメージ 1

当時のマスタングを参考にした?ここでカマロやコルベットとは一応かなり性格に差がついたが、どうにも地味なんだよね。

これじゃ客はマスタングに流れるだろうなあ。悪くはないんだけどなあ。どうにも、内部はカマロ並みなのに、外観で損をしている。

イメージ 2


'80年代に、トヨタ・スプリンターがベースのファミリーカーとして復活するまで、しばしノヴァの名称は途絶える。

全113ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事