世界の笑顔に出会いたい

「パレスチナ・そこにある日常」「それでもパレスチナに木を植える」(未来社)「ボクラ・明日、パレスチナで」(ビーナイス)発売中!

『それでもパレスチナに木を植える』(未來社)

イメージ 1

ついに、ようやく…『それでもパレスチナに木を植える』ができあがりました。

まだ手元には届いていないので、ドキドキしながら待っているところです。

本当に長かった…。前著『パレスチナ・そこにある日常』からの六年も長かったし、書き連ねるばかりでいっこうにまとめることに意識が向かない自分の怠惰?余裕のなさ?なんていう言葉が適当なのだろう…と向き合ってまとめようと試みてからが長かった。

行先も、そのルートも決めていないのに船出をしようと漕ぎ出した…そんな感じのスタートだった。

だとするならば、「目的地を提案し、無線で進むべき方角を指示してくださった」ような、未來社の編集者の天野みかさんには、感謝の言葉もない。目の前で起きたできごとを書き連ねるだけで、なにが大事で、自分がなにを伝えたいのか、全然自分でもわからないままただ書き連ねた膨大な原稿に目を通し、苦言を呈し、叱ってくださるというあのプロセスがなければ、この本はできあがらなかった。

パレスチナとの、パレスチナの「家族」友人との距離が近づけば近づくほど、自分でもなにが「本にすべき」内容で、なにが「伝える必要のない」内容なのか、まったくわからなくなっていた。

目の前で起きていることが「あたりまえ」になりすぎて、どんどんわからなくなっていった。いろんなことを知れば知るほど、書くことも、伝えることも、怖くなってきてしまった。自分を「さらす」ことも、自分の「家族」や友を「さらす」ことも。

それでも書かなければと思ったのは、プロローグやエピローグに記したとおりの思い。かつて、ガザの友人ハーゼムに「いまミカが撮らなければ、伝えなければ、このまま誰にも伝わらない」と言われたことを、ことあるごとに思い出す。

迷いながら、悩みながら、ドツボにも深みにもハマりながら、これからも撮り、書きつづけていこうと思う。

********************************************

『それでもパレスチナに木を植える』(未來社)
店頭にない場合は、書店でご注文いただければ幸いです。
http://www.miraisha.co.jp/np/isbn/9784624411022

アマゾンからも購入できます。
http://amzn.asia/bUm0U7i



また、引き続き、下記の二冊の本のご注文もお待ちしております。

『パレスチナ・そこにある日常』(未来社) 重版が決定しました。
版元の未來社のページ
http://www.miraisha.co.jp/np/isbn/9784624410919

アマゾン
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%83p%83%8C%83X%83%60%83i%81E%82%BB%82%B1%82%C9%82%A0%82%E9%93%FA%8F%ED&x=10&y=21

写真集『ボクラ・明日、パレスチナで』(ビーナイス)
http://www.amazon.co.jp/ボクラ(Bokra)%E3%80%80明日、パレスチナで-ビーナイスのアートブックシリーズ-高橋-美香/dp/4905389275/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1421878540&sr=8-2&keywords=ボクラ%E3%80%80明日

版元ビーナイスのページ
http://benice.co.jp/index.html

最寄りの書店でも、お取り寄せ可能です。

著者のサイン入りをご希望の方は、
mikairv★gmail.com(★を@に)までご一報ください。
ただし、この場合恐れ入りますが、本代と送料実費を頂戴します。

写真集『ボクラ・明日、パレスチナで』に収められた写真のカード、Tシャツ、トートバッグをこちらからお求めになれます。
ビタミンTeeのページ
http://www.vitamin-tee.jp/?mode=cate&cbid=985137&csid=1

その他の最新記事

すべて表示

二か月もブログの更新が滞ってしまった。いや、ブログの更新に限らない。「発信」という事柄から遠ざかっていた。この二か月のあいだの気持ちを一言であらわすのは難しい。でも、ただでさえ自分のやっていることの意味を頻繁に見失いがちで、自分自身との闘い ...すべて表示すべて表示

オブザーバー

2018/12/12(水) 午後 4:37

今度の土曜日にアフガニスタンとパレスチナの話をする。取材と支援活動と、異なる関わり方、アプローチだが、その生活、人びとの暮らしをみつめるという点では変わりがない。パレスチナではそれをみつめながら記録する、生活から見えてくる「占領」について考 ...すべて表示すべて表示

12月15日土曜日、国立の「カフェ・れら」(国立市東1−16−7)において、取材と支援活動でそれぞれ出会ったパレスチナとアフガニスタンのあるふたりの女性(難民キャンプの女性と山あいの小さな学校「山の学校」の卒業後母校の教師をしながら大学に通 ...すべて表示すべて表示


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事