世界の笑顔に出会いたい

「パレスチナ・そこにある日常」「それでもパレスチナに木を植える」(未来社)「ボクラ・明日、パレスチナで」(ビーナイス)発売中!

『パレスチナのちいさないとなみ』刊行予定!

イメージ 1

昨年より準備を進めてきた新たなパレスチナについての本『パレスチナの ちいさな いとなみ』が、いよいよ6月に刊行予定です。

この本の宣伝を始めようとすると「来年の話をすると鬼が笑う」とか「捕らぬ狸の皮算用」(ちょっと意味違うな)とか、なぜかそんな言葉ばかりアタマに浮かんでくるのです。あまりきちんとかたまっていないうちからこの本の話をすると、身動き取れなくなりそうで、ずっと言えないままでした。

今回は、初の共著です。本の話が出たときに、スタート地点で「いま一番いっしょにパレスチナを語りたい!」と思ったパレスチナ・オリーブの皆川万葉さんとの共著を提案し、万葉さんにもお願いしました。

そもそもワタシは、パレスチナにかかわり、人びとの暮らしのなかからモノゴトをみつめるなかで、パレスチナの人びとにとって「仕事がある」ということは、とても重要なことなのだと気づかされました。そんなの自分の身に置き換えてみれば当たり前のことなのですが、「紛争地」という事情に気を取られすぎていて、そんな「当たり前」になかなか気づけませんでした。

本のなかで、それがどういうことか語っている(つもりな)ので、ここではこれ以上語りませんが、そのことに気づいたとき、パレスチナの人びとに継続的に「仕事」をもたらすことができるというかかわり方こそ、一番必要なことなのではないかと思いました。現地で起きていることを伝える、彼らとともに占領に抗う…と同じか、それ以上に。

パレスチナに関する、ありとあらゆるイベントなどに呼んでもらうことがあるなかで、その多くの場所で「パレスチナ・オリーブ」のオリーブ石鹸やオリーブオイル、刺繍製品などを目にしていました。普段は100円、200円の交通費をうかすために何駅も何キロも歩いているような生活でも、「このお金がパレスチナにつながるんだ」と思わず石鹸やオイルを買ってしまいます。そんな製品を長年扱っていらっしゃるのが皆川万葉さんでした。

そんな万葉さんと出会い、とんとん拍子で一緒にパレスチナを歩き、毎晩ホテルのベッドの上であーだこーだと語り合うなかから、この本は生まれたような気がします。

パレスチナ・オリーブのサイト(石鹸、オリーブオイル、刺繍製品などが買えます!)
http://paleoli.org/

この本は「中学生にも手に取ってもらえるように」というものを目指してつくっております。本の内容やコンセプト、パレスチナのなにを伝えたいのかは、いまはひとまずチラシからご想像ください。

ブログを書くより、原稿を書けよ!ではありますが。

毎日、パレスチナからは辛いニュースがつづきます。グレートリターンマーチの参加者への過剰で異常な弾圧。西岸でも一昨日はカランディア難民キャンプで、昨日はフワーラ検問所で青年たちが射殺されました。昨日はシュアファット難民キャンプ(分離壁と検問所でエルサレムから「切り離され」た、エルサレムの難民キャンプ)で、友人と一緒に訪ねたスポーツ施設が「不法建築」だとして破壊されました。

こんなニュースのなかで、自分のしていることがなにになるのか?と、虚しさに負けてしまいそうなときもしょっちゅうです。そんな心情を前著『それでもパレスチナに木を植える』でも吐露しました。進歩ないなあ、と自分でも思います。

それでも、たっぷり落ち込んで、また進みます。カメの歩みのようでも。なにになるわけでもなくても。これが自分の人生だから。人間の一生なんて、終わってしまえば、きっとあっという間。あんまり先のことは考えず、いま自分が一番大切だと思っていることを、ただ積み重ねていくのみです。

ああ、書き始めると長くなる。このへんで終わりにします。

6月の刊行(予定)をお楽しみに!

★★★追記(5月22日)★★★

ブログの更新がすっかり滞ってしまっておりますが、本の刊行準備は順調に進んでおります。現在は再校ゲラと格闘中。6月半ばに刊行されます。

追加の情報をいくつか。

まず、チラシでは第三章が万葉さんとワタシの対談予定でしたが、対談を起こして確認するうち「これはこの対談をもとに、Q&A方式で書き直そうか」という話になり、本の背景について、それぞれが文章にしました。


★★★★

『パレスチナのちいさないとなみ』出版記念会開催決定!

何度も過去に「パレスチナ映画の上映会や映画祭」「帰国報告会」「出版記念会」などでお世話になっている、おなじみの喜多見(住所は狛江市)のM.A.P.で6月21日(金)と22日(土)にまた「『パレスチナのちいさないとなみ』出版記念会」を開いてもらうことになりました。

日時:6月21日(金)19時から
   6月22日(土)14時から

参加費:三千円(本代込み 定価1800円+税)
※書店ですでにご購入の方は参加費1200円


場所:M.A.P. 狛江市岩戸北4−10−7−2階
小田急線喜多見駅徒歩五分
03−3489−2246

イベントについての詳細はこちらで随時発表
https://www.facebook.com/events/277705859806281/

当日は、本のテーマ「お仕事」「働いている、生きている」という切り口でパレスチナの人びとについてのスライドトークを予定しております。また、トークの前には、M.A.P.の高山正樹さんによる毎回好評の「パレスチナ入門講座」を予定しております。

現地でパレスチナの人びとに愛飲されているマラミーヤ(セージ)ティーやミントティー、アラビックコーヒーなどもご用意する予定です。(すみません、完全無料でのご提供か有料もしくはカンパでのご提供かは未定です。)

本はもちろんのこと、パレスチナの刺繍クラフトやクフィーヤ(スカーフ)、現地で買い付けてきた雑貨なども販売予定です。

そして、22日はなんと!共著者のパレスチナ・オリーブの皆川万葉さんが、パレスチナ・オリーブで扱っていらっしゃるオリーブオイル、オリーブ石鹸、刺繍製品(販売物の内容は未定)などとともにゲストでお越しくださいます。この日は、ふたりの対談も予定しております。

みなさまのご予約、ご参加をお待ちしております。

本を準備する都合上、なるべく事前にご予約ください。
上記のリンク、FBのイベントページからもご予約可能です。

********************************************

● 『それでもパレスチナに木を植える』(未來社)
店頭にない場合は、書店でご注文いただければ幸いです。
http://www.miraisha.co.jp/np/isbn/9784624411022

アマゾンからも購入できます。
http://amzn.asia/bUm0U7i

●『パレスチナ・そこにある日常』(未来社) 
版元の未來社のページ
http://www.miraisha.co.jp/np/isbn/9784624410919

アマゾン
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%83p%83%8C%83X%83%60%83i%81E%82%BB%82%B1%82%C9%82%A0%82%E9%93%FA%8F%ED&x=10&y=21

●写真集『ボクラ・明日、パレスチナで』(ビーナイス)
http://www.amazon.co.jp/ボクラ(Bokra)%E3%80%80明日、パレスチナで-ビーナイスのアートブックシリーズ-高橋-美香/dp/4905389275/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1421878540&sr=8-2&keywords=ボクラ%E3%80%80明日

版元ビーナイスのページ
http://benice.co.jp/index.html

最寄りの書店でも、お取り寄せ可能です。

その他の最新記事

すべて表示

昨日、追記したトップページの記事でもお知らせしましたように、『パレスチナのちいさないとなみ』出版に合わせたトークイベントを、開催することになりました。 以下、FBイベントページより転載(一部加筆) ★★★★ 高 ...すべて表示すべて表示

二か月もブログの更新が滞ってしまった。いや、ブログの更新に限らない。「発信」という事柄から遠ざかっていた。この二か月のあいだの気持ちを一言であらわすのは難しい。でも、ただでさえ自分のやっていることの意味を頻繁に見失いがちで、自分自身との闘い ...すべて表示すべて表示

オブザーバー

2018/12/12(水) 午後 4:37

今度の土曜日にアフガニスタンとパレスチナの話をする。取材と支援活動と、異なる関わり方、アプローチだが、その生活、人びとの暮らしをみつめるという点では変わりがない。パレスチナではそれをみつめながら記録する、生活から見えてくる「占領」について考 ...すべて表示すべて表示


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事