ここから本文です
THE WIND FROM TERRANORA
オーストラリアのTweed Coastからの便り

書庫全体表示

今回のタイムマシーンは、母親と一緒の時代から。

母は私と同じ午年であるから、私は彼女が24歳の時の子供である。
画像は、妹が生まれる前の時代であるから、昭和41年から43年頃。

こんなに小さな男の子が、この後10年もすると、彼女と同じ背丈になり、
やがて、身長180cm、体重90kgのむさくるしいオヤジと化してしまう。
いやはや、オトコノコはホント、つまらない。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

私は母親ではないので、「母親のキモチ」というのは判らないが、
オトコノコからの「母親へのキモチ」というのは判る。

母さん、俺はもう四十路のオヤジなんだからさ、
いい加減、コドモ扱いはやめてくれよなぁ、ぶつぶつ...

この記事に

  • 顔アイコン

    面影あるねw
    小さな頃も 今もかわんないw
    40なっても親は親だからなぁw
    それも親孝行

    [ えつこ ]

    2012/6/29(金) 午後 3:36

    返信する
  • 顔アイコン

    えっちゃん、身体は大きくなってしまったけれども、精神的にはそれほど成長していないかな(笑)。

    Songlark

    2012/6/29(金) 午後 4:48

    返信する
  • 四十路のおばちゃんも子供扱いされますよ〜。
    あれしろ、これしろ、さすがに宿題しろ!は言われませんけどね。
    (笑)

    プチポア

    2012/6/30(土) 午後 9:13

    返信する
  • 顔アイコン

    あはは、さすがに宿題しろ!は言われませんか(笑)。八時だョ、全員集合!じゃないですものね(笑)。

    Songlark

    2012/7/1(日) 午前 10:56

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事