ここから本文です
一人旅実行委員会
ポーランド旅行記は、クラクフ編、アウシュビッツ強制収容所を訪れるところまで進んでいます。

書庫全体表示

もう、外は暗くなっている頃だわ♪



私はホテルの外をプラプラ歩くことにしました。

美しい東京駅・・・



イメージ 1




そして、昼間も行ったKITTEの屋上にもう一度行きまして、ライトアップされた東京駅を眺めました。

やっぱり夜の駅舎は一段と綺麗です。

イメージ 3




とりあえず、自撮りしておきましょう♪

イメージ 2




その後、KITTEの中の日本料理屋のカウンターを陣取り、軽く夕食。

イメージ 4


イメージ 5




部屋に戻ったあとは、泡風呂を楽しんだり雑誌を読んだりしてました。

イメージ 6


あと面白かったのが、人間watchingですね。

窓からドームの下を眺めていました。

たくさんの人がこちらに向けて写真を撮っていましたが、私のことが下から見えているのかいないのかよくわかりませんでした。

たくさんの人のカメラに亡霊のように写っていたら、それは私です!
(*´∀`)ノ

そして、ゴージャスなベッドで快眠ですよ〜。

時間を気にせずに眠れるって、なんて素晴らしくて安心なのでしょう。

おやすみ😌🌃💤

日頃の超睡眠不足を取り戻してやる〜という感じで夢の中におりました♪



目が覚めると、一瞬「ここはどこ?状態」で(笑)。

すぐにカーテンを開け、ドームの下を眺めました。

た〜くさんの人が右へ左へ行き交っています。

よ〜し!自分も活動開始だ〜!!

新聞!📰

イメージ 10




レインシャワーを浴び、支度をして、宿泊者専用の朝食会場「アトリウム」へ!

ずばり、この辺!

イメージ 7


東京駅の中央のお洒落な屋根の辺りです。

屋根の下の丸い装飾は、内側から見るとこうなっています。

イメージ 8


窓の向こうに丸い装飾があります。

ちなみに、使われている煉瓦は、創建当時のものだそうですよ。

屋根の形そのままの天井からは、個性的なシャンデリアがいくつも飾られています。

イメージ 9




朝食はビュッフェ形式でした。

イメージ 11


いろんなものをチマチマ一口ずつ取ったのですが、ホントチマチマやね〜。
(言うまでもなく、これは第一弾で、この後パンとコーヒー☕だのフルーツ🍊🍌🍍🍇だのデザート🍨だのと続きました。)

右上の卵料理ですけれど、この方が作ってくださいました!!

イメージ 12


卵の下にはサーモンが隠れていて、その下はアボカドなんです。

ごちそうさまでした〜♪

イメージ 13




ところで、お部屋にお洒落な体重計がありましてね、チェックアウト前に間違えて乗っちゃったのです。

イメージ 14




その瞬間、まるでシンデレラのように、一気に魔法がとけてしまいましたとさ♪



fin

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事