mikeのWorkRoom

ユチョンのアルバム発売、ソウルコン、イルコン、そしてジェジュンとジュンスの活躍、今年はいい年になりそうです

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
次の記事は長いです…
この記事の途中ですでに翻訳が止まってしまっていたんですが…
まあ、とりあえず…あの日の感動を再び。


********************************************************
「ドーパミン噴出公演」JYJ東京ドームツアー紙上中継

                    リビュアー キム・ボムテ

「現存する最高のアイドルグループJYJ」(ジェジュン、ユチョン、ジュンス)が、昨年11月18日と19日の2日間、東京ドームで「2014JYJジャパンドームツアー一期一会」を開催した。

JYJは今回の公演で、純度100%オールライブ舞台と華やかなパフォーマンスで、10万人のファンたちを熱狂させながら、特別な思い出をプレゼントした。大阪・福岡ドーム公演会場などに続いた今回のコンサートは、特にJYJの名前で立った初ドームツアーだったので、意味を加えた。4年ぶりに完全体で帰ってきたJYJの公式日本活動として関心を集めたJYJの東京ドームコンサート現場に「バーニング」が行ってきた。(バーニングは雑誌名のようです)

「レッドオーシャン」が波打った東京ドーム

講演開始10分前、「バックシート」のミュージックビデオがモニターに乗って流れた。幕が上がる前場内の雰囲気はすでに高まっていた。記者は眼鏡をかけなおした。彼らの講演をもっと細かく鮮やかに、集中して見たかったためだ。予定の時間になると、場内を照らしていた照明がいっせいに消えて、東京ドームは一面赤いベルベットのカーペットを広げたように、「レッドオーシャン」が波打った。

「ジェジュン」「ユチョン」「ジュンス」3人のメンバーの映像が順番にスクリーンに浮かぶと、東京ドームは5万人のファン達が一斉に噴き出す歓声であふれかえった。ダンサーたちが先に登場して、華やかなパフォーマンスを披露した。すぐに舞台の上にメンバーたちが姿を現すと、東京ドームは再び歓声の海に変わった。

最初のステージは1集「ザ・ビギニング」のタイトル曲「エンプティ」だった。彼らは東京ドーム外野を覆った大型舞台を、びっしりと満たすのに不足がなかった。約20か月ぶりの出会いのせいだったのか、初めは少し緊張したように見えたが、すぐに余裕を取り戻した。彼らの力がのぞき見える瞬間だった。「名不虚伝」という言葉が自然に浮かんだ。鳥肌が立った。

今回の東京ドーム公演は、3人のメンバーが見せてくれることができる最高の舞台だった。ダンス、バラード、R&B、ロックなど、ジャンルを超えながら、最高の歌唱力とパフォーマンス、そして真心を込めたコメントと気の利いたギャグで座中を沸かせた。時には破格的で、爆発的に観客を興奮させたし、時にはくらっとする妖艶な舞台で客席を魅了した。切なく物悲しいハーモニーは、聞く者の心琴を鳴らすのに十分だった。

何よりもセットリストのストーリーティーリングが光った。彼らの過去と現在、そして未来が、舞台の上で共存して発現された。経てきた物語と今の情熱、これから行くべき方向が、それぞれのステージにそのまま込められていた。どのわずかな瞬間も、舞台から目を離せないほどに、価値があって大切だった。

セクシーなグルブが輝く「バボ・ボーイ」と、迫力のあるビートで新たに編曲されて視線を引いた「エイ・ガール」が続いた。アカペラで披露した「レット・ミー・シー」は、トリオが醸し出せる最上の和音を確認する時間だった。黄・赤・青の照明と映像が、まるで三色和音を美しくて甘く作り上げる、三人のメンバーを形象化したようだった。吐く息ひとつまで、渾身を込めた情熱的な公演だった。「イン・ヘヴン」は地上最高のハーモニーをプレゼントした。蛍の光のようにキラキラと光を放つ彼らのメロディーは、まるで観客一人一人とアイコンタクトをするかのように鮮やかだった。間奏の間のアドリブまで、甘やかだった。

2010年ワールドワイドコンサートで始まったJYJの活動と、最近のメンバーの個人活動に至るまで、フィルモグラフィーが紹介された映像も視線をとらえた。歌手活動のほかにも演技者として、ミュージカル俳優として、個人活動をした彼らが、舞台の上でJYJの服を着て、完全体で結合したということが、いっそう意味深く感じる瞬間だった。


一層華やかで成熟した個人舞台

個人舞台はJYJコンサートを訪れるまた別の理由でもある。メンバー各自の色の違う魅力をそっくりそのまま体感できるためだ。今回の公演では、以前と比べ一層成熟したアーティストとしての姿を披露したので、もっと嬉しかった。メンバーたちはまるで、以前はなかった自分たちの新しい姿を公表でもするかのように、豊かなレパートリーを披露した。

キム・ジェジュンは、大先輩チョ・ヨンピルの「歩きたい」の日本語バージョンを発表した。悲しみをこらえた感情で、むしろ聞く者の胸をしびれさせる熱唱だった。一人で立っていても、その大きな舞台がいっぱいに埋まった感じだった。心にもズームイン機能があったなら、こんな時に作動するみたいだという思いが浮かぶほど、観客の心を強奪した。

キム・ジュンスは、中島みゆきの「空と君の間に」でバトンを受け取った。ピアノ伴奏に合わせた彼の歌は、まるでわた雪が降るようにこんもりとした綿あめのように甘くてふんわりとしていた。こんなに静かな音楽を、どうやってこんなに甘く消化できるのだろうかと思うほど、ため息が自然にこぼれ出た。彼の優れた音色に豊かな感性が重なると、愛のセレナーデは完成した。

パク・ユチョンは福山雅治の感性バラード「最愛」で、観客の溜息を引き出した。アコースティックギター伴奏に合わせた彼の歌は、いつ時が過ぎたのかわからないほど恍惚とした。スピーカーの最後の残響まで、ただ流れ去るのが惜しいほどだった。訴える力の深い声に、次元の違う感性は、おのずと拍手と歓呼を引き起こした。

最初の個人舞台をバラード曲で披露した彼らは、二度目の舞台を一層多彩なプログラムで埋めた。

キム・ジェジュンはパワフルなロックバージョン「バタフライ」で舞台を支配した。上半身を半分露出したまま腹筋を現した衣装のせいで、彼が動くたびにちらちらとのぞき見えるタトゥーがセクシーさを加えた。また、日本の国民グループ「B'z」の曲「ウルトラソウル」を完璧に消化した。強烈なエレクトリックビートの伴奏に合わせて、爆発的なシャウトをけ飛ばす彼の熱唱が、今すぐにでも舞台を焼き尽くしてしまいそうだった。

ダンディなカジュアル姿の衣装で舞台に上がったパク・ユチョンは、「アイ・ラブ・ユー」で女心を虜にした。彼の動線に従って、ファン達の歓声が波のように押し寄せて引いていった。ダンサーとのセクシーなウェーブは、見守るファン達のやきもちを溶かした。パク・ユチョンの淡白なラップが魅力的な「30歳」は、日常の幸せが手に触れるように平安だった。耳元に響くボイスが、歌詞のようにときめかせた。

キム・ジュンスの「ストーリー」を聞くときは、心臓の音さえ妨げになるような感じがした。それほど彼は、聴衆を一瞬で没入させる力があった。白いコートを着た彼が、まるで天からたった今降りてきた「天使」のようだった。「インクレディブル」では、あんなに激しい歌を歌いながらも、わずかの揺らぎもない完璧な音声を駆使できるのだろうかと、感嘆がおのずと起こった。特にリフレインは5万人の観客が「大合唱」をして、ペンライトを揺らしながら振り付けをまねる壮観を演出した。

②につづく…
***********************************************************

ほんとに細かい描写ですよね。
思わず持ってる「一期一会」のDVDと比べて見たくなりました。
(後で時間があればやってみよう♪)

一人一人の色合いがこんなにも違うのに、3人が合わさると完璧なハーモニーが生まれるんですよね。
あのハーモニー、もう一度生で聞きたいです。

ユチョンとジェジュンのコンサートはすでにチケッティングも始まっていますが、なんと今度はジュンスまでジャパンツアーです。幕張、神戸、名古屋。
私はユチョンの一回限りですが、それぞれが頑張ってくれてほんとにうれしいです。
一段落したら、またこの紙上中継のようなコンサート、待ってます♪









開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

あわただしい1月があっという間に過ぎて、気が付けば今日から二月ですね。
ユチョンのコンサート&アルバム発売、ジェジュンのお誕生日イベントの数々とツアー&アルバム発売、ジュンスのミュージカルの話題と、追いたい記事はたくさんあったんですが…
実はふと片づけをしていて、韓国語勉強のノートの山から一冊のノートが出てきたんですね。それは韓国の雑誌のJYJ関係の記事を丸写しして、ちょっとずつ自分で翻訳したまま途中になっていたもの…入隊前の懐かしい記事、ざっと読み返してみてほんとにいい記事だったので、再度翻訳しなおしてここに乗せておきますね。本文がどこにあったかもう不明なんですが…原文は載せず訳文だけにしておきます。(勉強不足で一部へんな翻訳があるかもしれませんが…三年以上前の記事だと思うので片目つぶってくださいね。)まあ、私の韓国語勉強の一環と、備忘録ということで…多分切り抜きは取ってあるはずなんですが…探す気力がないです(~_~メ)

*********************************************************

エディターズレター

午後一時の東京の街、
旅行者ではなく、取材のために訪問した感じは、いつも特別だ。
見慣れない通りをぶらぶらしながら、原稿と写真に対するプレッシャー、
入れなければならない話を考えようとして足取りが重くなった。
そこへ間の前で展開することなどで、気持ちはせくばかりだった。
せっかく訪れた日本は、寿司とショッピングでときめく時間ばかりではなかった。

午後五時の東京ドーム
講演会場の中は、五万人が同時に噴き出す熱気でいっぱいだった。
湧き上がる感情を抑えながら、舞台と公演の内容を分析していた。
その時向かいにいらした方が、私の方に体を向けて叫んだ。
「立って楽しんで!」
「いいんです。私は仕事中なんです」
今度は言葉の代わりに、私の手にペンライトを握らせて立たせた。
楽しんでもいいんじゃないの?という熱い視線に、一瞬呆然とした。
「私が日本に来た理由はバーニングのためではなかったのか?」
いつの間にか私は、五万人の間で「BURNING」していた。

                   編集長 ミン・ジョンヨン

***********************************************************

これは短いですが…
思えば私もこの五万分の一だったんですよね…
読むだけであの日の光景が浮かんできます。

次は長いです。




開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

昼間ユチョンペンチングさんから教えてもらった記事も訳しておきますね。

試みの連続…パク・ユチョン、ユーチューブチャンネル開設→(韓国)国内ファンミーティングまで
2019-01-22 11:37


グルーブJYJパク・ユチョンが、ファンミーティング、ユーチューブチャンネル開設に続いて、新譜発表まで出ながら、(韓国)国内復帰に足を踏み入れた。大衆の反応は冷たいが、彼に向かったファン達の視線は相変わらずかわいらしい。

去る21日所属社シージェスエンターテイメント側によれば、パク・ユチョンはすぐに新譜を発表する。所属社は「カムバックだというには慎重だ。別途のアルバム活動はない」と明らかにした。まだアルバム発表日は未定であり、正規アルバムだという事実だけが出てきた。来る3月2日ソウルである単独コンサートのために発表するアルバムであるだけに、いくつかの曲を収録したアルバムになる展望だ。このようにパク・ユチョンは、世論を意識した用心深い立場を見せた。

過去にあった性醜聞論難以降、パク・ユチョンは(韓国)国内での芸能活動はなかなか簡単には見えなかった。パク・ユチョンは昨年3月日本でファンミーティングを開いて、ファン達と疎通しながら復帰始動をかけた。続いて6月には(韓国)国内で誕生日ファンミーティングを開いてファン達に会った。

パク・ユチョンは少しずつ論難を後にして、ファン達とあいさつを交わして名誉回復に出た。そうだパク・ユチョンは全世界的にたやすく自分を知らせて疎通具の役割をすることができるユーチューブにも姿を現した。

去る5日パク・ユチョンはユーチューブ公式チャンネルを開設した。(韓国)国内ファン達だけでなく、日本、中国、アメリカなど、様々なファン達がページ購読と「いいね」(応援表現)を付けて応援した。早くも購読者も3万人に近付いている。パク・ユチョンもまた、韓国語、英語、中国語、日本語でファン達に挨拶映像を出して、グローバル的な動きを見せてくれた。おまけに彼はSNSライブで中国ファン達と疎通しながら、近況を伝えたりもした。


イメージ 1

このようにパク・ユチョンは、ユーチューブ、ファンミーティングなど、できる限りの疎通具はすべて試し中だ。そんな過程でパク・ユチョンも、ファン達のために何か答えることのできる道を探して、それがまさに音源発売だった。論難上のパク・ユチョンを見つめる大衆の視線は重要ではなかったのだろうか。パク・ユチョンは、ただ自分を見に来てくれる、訪ねてくれるファン達のために疎通しようとして作ったアルバムだと紹介した。

実際にパク・ユチョンを応援する(韓国)国内ファンと海外ファン達は、依然としてあふれている。大衆の全体的な視線よりは、残っているファン達に全ての力と情を使おうという意思に見える。

グループ東方神起時代からJYJまで、パク・ユチョンのそばにはアジアのファン達が離れたことがない。社会服務をしていた時期にも、彼の勤務地にはいつもアジア圏のファン達が彼を見るためにうろうろしていた。これは論難と良くない視線の中でも、パク・ユチョンが屈せずに活動して、顔を出すことができる決定的な理由だ。

YTNスター チ・スンフン記者

*************************************************************

うん、こういう記事書いてくれる記者さんがいるだけで、まだ捨てたもんじゃないと
思います。

まあ、うろうろしてるファンの中にはサセンも含まれてはいますが…
ファンの力が彼の力の一部になれるならうれしいことですね。

じつは今日から東京都内で、ユチョンのアドトラックが走っています。
実際に見られるのはごく一部の人ですが、その人たちが挙げてくれた動画がたくさんで、行けない私たちもおすそ分けもらってます。

ほんとに素敵なトラックなのよね…で、歌が「おさいふ」なの(≧◇≦)

イメージ 2

イメージ 3

このトラックがぐるぐる回ってるそうです。



















開く コメント(2)

日本での初コンサートの当落で一喜一憂していた私たちに、それよりもうれしいニュースが飛び込んできました。
ユチョン、韓国でアルバム発売とコンサートの記事がいっぱいです。

パク・ユチョン側「ソロ音盤発売その通り…ファン疎通のため」
2019.01.21 18:36:16

「テンアジア=キム・ハジン記者」

イメージ 2

グルーブJYJパク・ユチョンが、ソロ正規アルバムを発表する予定だ。

21日所属社シージェスエンターテイメントは「パク・ユチョンが来る3月2日開かれる(韓国)国内コンサートを前に、ソロ正規アルバムを発表する予定」だと明らかにした。ただし「アルバム活動計画はないし、ファン達との疎通のために準備したアルバムであるため『カムバック』というには慎重だ」と説明した。

パク・ユチョンのソロアルバムは、2016年ソロミニアルバム「あなたの財布にはいくらの愛がありますか」以降三年ぶりだ。

2017年8月、社会服務要員として軍服務を終えたパク・ユチョンは、昨年国内外でファンミーティングを開いて、ファン達に会った。個人SNSなどを通じて近況を伝えながら、ファン達と疎通していた。


************************************************************


「総合」パク・ユチョン、初正規アルバム発売及びコンサート開催…ファンの心戻るか
2019.01.21 19:09 


イメージ 1

「エクスポーツニュース ユ・ウニョン記者」グルーブJYJのパク・ユチョンが、初正規アルバム発売を前にしている。コンサート開催に先立って、ファン達と疎通しようと発売するアルバムとのこと。これを通じて背を向けたファン達の心を取り戻すことができるのか注目される。

パク・ユチョン所属社のシージェスエンターテイメント関係者は、21日エクスポーツニュースに「パク・ユチョンが初正規アルバム発売を計画している。アルバムが出てくることは間違いないが、カムバックというには慎重だ」と明らかにした。

新アルバムと関連しては「来る3月2日開かれるコンサートのために、ファン達と疎通しようと発売するアルバム」だとして、「コンサート日程以外に、今回のアルバムでの活動は別にない」と説明した。

パク・ユチョンは去る2017年社会服務要員招集解除後、ファンミーティング及びオンライン生放送などでファン達と疎通していた。本格活動に対してはずっと慎重な立場をとってきたが、来る3月日本ツアーコンサートで本格的な活動再開に出る計画だ。

パク・ユチョンの公式日程は、来る3月5日からだ。「2019パク・ユチョン日本ツアーコンサート」を開いて、ファン達に会うもの。3月5日と6日、神戸ワールド記念ホールアリーナ公演会場で、3月19日から21日までの3日間は、東京武蔵野の森総合スポーツプラザでコンサートを開催する。

それだけでなく、ソウルファンミーティングもまた予定されている。パク・ユチョンは来る3月、ソウルコエックスオディトリウムで、コンサート「2019パク・ユチョンツアーコンサート『スローダンス』イン・ソウル」を開催する。

今回のコンサート及びファンミーティングでは、パク・ユチョンの新アルバム舞台を見ることができる展望だ。ただコンサート日程以外にアルバムで活動しない計画だ。これはパク・ユチョンを見つめる大衆の視線が依然として用心深いせいだ。

パク・ユチョンは性醜聞と破談などで非難を受けたことがあった。去る2016年6月突発した性醜聞ですべての活動を中断した。告訴された4件すべて無嫌疑をうけたが、芸能人としてのイメージ墜落を避けられなかったものだ。以降パク・ユチョンは恋人ファン・ハナとの破談で再び非難を浴びた。

パク・ユチョンはその後イメージ刷新のために、不断の努力をしてきた。公式ウェイボ開設を通じて、ライブ放送をおこなったり、最近ではYouTubeチャンネルを開設して、ファン達と疎通のために努力した。新アルバム及びコンサートなどで、活動を再開するパク・ユチョンが、どんな姿でファン達の前に立つのか関心を集めた。


*************************************************************

正直、韓国での活動はまだまだ時間がかかると思っていたので、これは「英断」と思うほどびっくりしました。なによりアルバム発売がうれしいです。その名も「スローダンス」。ユチョンのイメージぴったんこのタイトルじゃぁないですか〜コンサートでダンスあり?ジュンちゃんみたいな激しいのじゃなくてスローなやつなら大歓迎です〜
まあ、何より聞きたいのは彼のバラードですけどね(´艸`*)

特に韓国のファン達は、日本の私たち以上に苦しい日々を耐え抜いて彼を支えてきたんだと思います。正直日本ばっかりって思っていたんじゃないかな?
でも日本より先にコンサートが開かれることって、そういう韓国の変わらないファン達に対して、本当に素敵なプレゼントになったと思います。日本のファンサイトではおめでとうのメッセージがずらっと…みんな思いは同じなんですね。日本でのコンサートはうれしいけど、彼が自分の国で活動再開できるようになることが、世界中のファンの願いだと思うから…

さて、私は武蔵野に2日間戦の予定です。主人の許可が心配でしたが、チケットも取れたし今回は地元のユチョペンさんと行動するということで、なんとか許可もらえました。でもね〜何しても交換条件にされそうな予感…ドキッ!?




開く コメント(4)

今日は再びこんばんは♪
今日のユチョンのはラジオじゃなくてインターネットTVでしたね。
ユチョペンさんのおかげで、ところどころ見ることができました。

イメージ 1




そしてその番組でちょっと歌った中国語のカバー曲が、公式YouTubeにアップされました。
中国語全く分からないんですが、ユチョンの声にフィットして心地いいです。
良かったら聞いてみてくださいね。





[Park Yu Chun] - Ronghao Li - If I Were Young Cover

開く コメント(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事