mikeのWorkRoom

ユチョンのアルバム発売、ソウルコン、イルコン、そしてジェジュンとジュンスの活躍、今年はいい年になりそうです

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
今日は一日雨模様でした。春の足音が近づいてきたのかな?と思ったけど、意外に冷たい雨でしたね。そんな中、明日と明後日の神戸でのコンサートのためにユチョンが来日。韓国の記事(写真)もたくさん出ていたので載せときます。

************************************************************
☆ファイナンシャルニュース

「フォト」パク・ユチョン「あふれるカメラ洗礼〜変わらない人気」
2019.03.04 fnスター 

イメージ 1

歌手パク・ユチョンが4日午後、ファンミーティング参加のため金浦空港を通じて日本の大阪に出国した。

「フォト」パク・ユチョン、「隠しても描かれる素敵さ」

イメージ 2


「フォト」パク・ユチョン「エッジ生きている横線」

イメージ 3

「フォト」パク・ユチョン「トレンチコート消化力甲」

イメージ 4


「フォト」パク・ユチョン「キラキラするミルク色ビジュアル」

イメージ 5

「フォト」パク・ユチョン「赤い髪の王子に変身」

イメージ 6


*************************************************************

☆アジアトゥディ

「フォト」パク・ユチョン、ハンサムな顔さっと公開


イメージ 7



「フォト」パク・ユチョン「日本に旅立つよ」
イメージ 8


「フォト」パク・ユチョン、フェイスチェックは避けられないでしょ

イメージ 9


翻訳って書いたけど…タイトルしか訳してないですよね~
だって記事短いし全部おんなじなんです。
タイトルだけ頑張ってるのは韓国のマスコミ相変わらずですよね。
昔のも写真がいっぱいあるとだんだんいい加減になってきて、「なにこれ?」ってのまでありましたから。

でも赤い髪の王子様、かわいい(≧◇≦)

関西のみなさん、明日が楽しみですね。
コンサートの成功を祈ります。


あ、それから昨日はJYJのライン、久しぶりに三人とも流れてきたんですよ~
最初ユチョン、そしてジェジュン、最後がジュンス。みんなそれぞれすごくがんばってるんだな~って…

またまたそれから、私の注文したユチョンのCDは、明日やっと一つが到着予定です。(勢いで二個頼んでしまって…別々のショップに)
すでにiTunesで購入済みですが…トラック10番が楽しみです。








開く コメント(0)

今日はユチョンの初のソロコンがソウルで行われました。
行けない私たちもソワソワ…ついついツイッターうろうろしてしまいました。
大成功だったみたいで何よりです。早速記事が出てましたので…


***********************************************************

[Y現場] "再び始める"パク・ユチョン、涙の'復帰第一歩'(総合)
入力2019.03.02.20:48修正2019.03.02.20:51

イメージ 1




グループJYJのパク・ユチョンが活動復帰の信号弾を打ち上げた。 パク・ユチョンも、ファンたちも慎重だっただけに、お互いに対する切なさは以前よりますます根強かった。
 
2日午後ソウル江南区(カンナムク)、三成洞(サムソンドン)にあるコエックス オーディトリウムでは、パク・ユチョンの単独コンサート'スローダンス イン ソウル'(SLOW DANCE in Seoul)が開催された。 公演は約2時間を超えて行われ、彼に向かったファンたちの愛情は相変わらずだった。

公演開始2時間前から、現場は国内だけでなくアジア圏ファンたちで込み合い始めた。 パク・ユチョンを久しぶりに見るという思いに、各国ファンたちは興奮を隠すことができなかった。

まずパク・ユチョンは、派手なダンスを持ち上げたオープニング舞台で公演の幕を上げた。 以後パク・ユチョンは"新しい姿を見せて差し上げたかったです。 公演を見にきてくださって心より感謝申し上げます"と初めての挨拶を渡した。

それと共に"とても緊張しました。 もう少し早く訪ねるべきだったのにそう出来なくて申し訳ありません。 再び始める日なのでたくさん応援してください"とファンたちに感謝の心を伝えた。続いてパク・ユチョンは、'再会'、'君のための空席'、'閉ざさない心'、'いばらの藪'、'卒業'などほとんどのバラードやアコースティックな歌でファンたちの耳を甘美に濡らした。 その中でもパク・ユチョンは'ひまわりの約束'を日本語で歌い、日本ファンたちをより一層よろこばせた。

この日パク・ユチョンはファンたちと長く話して疎通する時間を持った。 パク・ユチョンは"これから何をするのかは分かりませんが、する活動全部応援してください"としながら"演技もまたやりたい。 機会が与えられれば良いだろう。 一つずつやっていきたい"と抱負を表わした。

パク・ユチョンの身近な姿にファンたちも声を高めて対話し始めた。 これに対しパク・ユチョンは"以前と違うように心を開きました。 皆さんもそうするみたいです。 一緒に歩いていく感じで家族みたいでいいですね"としてうなずいた。 しばらく頭を下げたパク・ユチョンは"ただ、本当にありがとう"という短いコメントとともに涙を見せてファンたちの心を痛くさせた。

'あなたの財布にはいくらの愛がありますか'を最後のバラード曲に選んだパク・ユチョンは、公演最後の曲で'マジック'と最近発表した新曲'スローダンス'をプレゼントしてファンたちを熱狂させた。

パク・ユチョンは先月27日、新しいソロ正規アルバム'スローダンス'(Slow dance)を発表して活動再開信号弾を撃った。 これはパク・ユチョンが2016年1月出した'あなたの財布にはいくらの愛がありますか'以来3年ぶりに発表する新しいアルバムだ。
パク・ユチョンは今回の新譜を通じてカムバックを待った多くの国内外ファンたちのために、今までソロで見せてくれなかったダンスR&Bヒップホップ バラードなど多彩なジャンルに挑戦して音楽的スペクトルを広げた。

イメージ 2




決まった曲の公演が終わって、パク・ユチョンが舞台から消えるとすぐに、客席に残ったファンたちは'パク・ユチョン'を叫んでまた見ることを願った。 結局再び舞台の上に上がったパク・ユチョンは、アンコール曲でJYJの'見つけた'を熱唱して、ファンたちに終わりの挨拶を伝えた。 特に客席まで上がってきて、ファンたちとさらに近くで呼吸する姿を見せることもした。 

最後にパク・ユチョンは"新人の時よりもっと震えた舞台だった。 とても緊張したしこれから一歩ずつ上手にできる自分になります。 もう一度見にきてくださってありがとうございます"としながら"'これから'という話をすることができてうれしいです。 さらに良く過ごしましょう"と叫んだ後舞台を離れた。

この日の公演でパク・ユチョンは論議を後にして、再び始める確実なきっかけと理由を完成することができた。

パク・ユチョンは社会服務要員として軍服務履行後、2017年8月招集解除された。 彼は会服務要員で服務中だった2016年セックススキャンダル疑惑で訴えられて、イメージに致命打を受けたが、無嫌疑処分を受けて論議を寝かしつけた。 当時パク・ユチョンは恋人ファン・ハナと結婚説、婚約破棄説などでもまないたの上に上がった。 このような論議で国内活動を中断したパク・ユチョンは、昨年3月日本ファン ミーティングを開いてファンたちと疎通し始めた。 パク・ユチョンは今回の国内公演以後日本ツアーも控えている。

YTN Starチ・スンフン記者

*************************************************************

コンサート終わったばっかりでこの詳しさで載せてくれた記者さん、うれしいですね〜実際に見たからこそ書ける内容ですからね。

昨日今日はバカ娘が暴れた記事であふれててちょっと韓国のサイト見たくなかったんですが…この記事見つけてほっとしました。見たくないのにそればっかりだったんですよ〜ほんと無視してほしいです。

このコンサートは、ユチョンにとってもファンにとっても、新たな第一歩となりました。私もこのユチョンに東京で会えるんですよね…今度こそほんとに…私にとっての「再会」ですから。それまで体調維持頑張らなくちゃ!!



開く コメント(2)

歌詞訳 「再会」

昨日はユチョンの「Slow Dance」が各国のiTunesのK-POP部門で一位を獲得したみたいですね。
日本・中国・台湾・香港・タイ・マレーシア・ベトナム・ロシア・フィリピンなどとツイッターで見かけました。特にフィリピンは総合でも一位だったみたいですよ。日本でもじわじわ上がってました。

さて、日本人の私たちは彼の歌を翻訳しないと意味わからないんですよね。
で、少しずつ訳してみることにしたんです、もちろん私の韓国語の勉強もかねて。

今回は「再会」です。これはユチョンが去年のファンミのために作った曲なので…
その思いが訳してみると本当に切なくて…日本語バージョンの歌詞はもう少し穏やかな気持ちで作ったのかな?と思うほど韓国語は切々としています。訳詞のみのせますね。

****************************************************

「再会」

風が通り過ぎたその音に
別に理由もない恋もしたけど
ありがたい気持ち
なんで今になって気づいたのかな
両手に広がった涙を見ながら
ちくちく痛む心に気づいたとき
崩れるのは僕たちだったということ
それが一番大きな苦しみだった
今僕は砕け散った秋を過ぎて
両手が凍えた冷たい道の上で
何度も何度も遠ざかるその一歩
回して君へと向かっているよ

何文字か書いたこの紙に
僕の気持なんか重要じゃなかった
口がきけなくなった僕は
伝えることすらできなかった
両手に広がった涙を見ながら
ちくちく痛む心に気づいたとき
崩れるのは僕たちだったということ
それが一番大きな苦しみだった
今僕は砕け散った秋を過ぎて
両手が凍えた冷たい道の上で
何度も何度も遠ざかるその一歩
回して君へと向かっているよ

今僕は 申し訳なさとつらさをこらえて
小さな小さな君の手をなでながら
しばらくの間遠ざかっていた その一歩を回して
君の前に立っているよ

******************************************************

まさに心のこもったファンへの手紙ですね。
ツイッター情報によると、彼の今回のアルバムは9トラックなのですが
CDには10トラック目があるらしいです。それが彼の肉声とか…
どんな言葉が聞けるのか今から楽しみです♪

あの想像すらできない苦しみを、よくぞ乗り越えてここまで来てくれた…
一時自棄になってた時もあるはず…でもアルバムを聴いて彼の本気が伝わってきました。多くのユチョペンさんたちの、見守ることしかできなかった時間が、春の足音とともに解けていくような…そんなアルバムに感謝です。
そしてまた彼の思いも同じだったことにも…




開く コメント(0)

まあ…体調について書く部分ではないかもしれないんですが、やはりガンを体験された樹木希林さんの本、今まで気になってたんですが今日は手に取ってお持ち帰りしてしまいました。

とくにがんについて書かれている部分はついつい前のめりに読んでしまいましたが、
思い切りうなづける部分が多くて、とくに

「人生がすべて必然なように
私のがんも
まったく必然だと思っています」

「やり残したことなんて
死んでみないとわからないですよ」

この二つの言葉、私の心に残りました。
たぶんその人の立場や状況、考え方などで、きっと心に残る部分は違うんだろうなぁ…なんて思いながら読んでました。
病気になってメリットもあるとか、準備ができるから幸せなこととか…
確かにそうかもしれないですよね。

必然なことをくよくよ考えるだけ時間の無駄だし、今できることを横にのけてあれこれ考えるのはもっと無駄。
それでも心にたくさんのいいものをため込んでおきたいな…
たとえそれが全部消えてしまうものだとしても。
そんなことを考えさせられました。

やっぱり結論は前向きになんですよね。

ということで、実はここ数日体調的にはいまいち…ちょっとわきの下のリンパ節がコロコロ動いて気になるの…でも今日一日のんびり過ごしたら、気にならないほどになったから、良しとします。
(まあどうしても気になるときは病院に電話すればいいし…とりあえず次の受診には報告しなくちゃ)
やっぱり少し疲れてたのかな?気分的にはハイだったんですけど…(^-^;
自己管理しないとね。


開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

今日は小雨模様でしたが、昼間ちょっと買い物に出かけたついでに、ジェジュンのインタビューが乗っているwithを買ってきました。
ちょっと年代的には恥ずかしかったですけどね〜いつもならネットで買うんですが「あわせ買い対象商品」だったので、直接手にできるお店で買いました。

でもね、これはいいインタビューでした。内容は買って見てもらうのが一番なので心に残った一か所だけ書いておきますね。

「歌手は、ただ上手に歌えばいいわけじゃない。歌詞に共感したり、癒されたり、励まされたり、救われるのでもいい。(中略)聞いてくれる人の心に届く歌を歌うことが、何より大切だと、僕は思うんです」

ほかにもいい内容満載ですが、ここ!これが私がJYJメンバーの歌が好きな理由だと思うんです。この気持ちがちゃんとこちらに伝わってくる…思いをちゃんと載せて歌ってくれるのがわかるから。

雑誌「JJ」の方も一応買ったんですけど、こちらはテーマが恋愛なので、私世代が参考になるインタビューではなかったかな?あと韓国の雑誌「アットスタイル」のインタビューは訳しながら読んでますが、こちらはアーティストジェジュンとしての思いが語られていていい記事でした。(まだ発売中なので、内容についてはコメント控えますね。あと〜で訳したものを載せられたらいいかな?と思ってます)


今日は振り返るとJYJ三人の記事久しぶりにそろい踏みです。
自分的にうれしいかも(≧◇≦)

ユチョンのアルバムを聴きながら読むジェジュンのインタビューだからか、なおさら心にしみたのかも…




開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事