mikeのWorkRoom

ユチョンのアルバム発売、ソウルコン、イルコン、そしてジェジュンとジュンスの活躍、今年はいい年になりそうです

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
ユチョンで舞い上がっている私ですが…JYJペンとしてもう一個うれしいニュースがあったので〜

このまえここに翻訳した時点ではまだ「未確定」だった、ジュンスの「エクスカリバー」出演が決まったみたいです。
個人的に「エクスカリバー」の物語は好きだったので…なんせ大好きなファンタジー、剣と魔法の物語ですから。アーサー王伝説は様々ありますが、特に好きなのは「アヴァロンの霧」これは主人公が違うんですけどね…(^-^; 女性目線で好きだった作品なの。ほかにも確か読んだはず…まあとりあえず翻訳を…

*****************************************************

ミュージカル「エクスカリバー」
キャスティング公開…
カイ、キム・ジュンス、セブンティーン/ドギョム タイトルロール
ニュースカルチャー 2019.2.28 08:44 http://mnc.asiae.co.kr/view.htm?sec=0100&idxno=2019022808443895945#cb

イメージ 1

「ニュースカルチャー ユン・ヒョンジ記者」
ミュージカル「エクスカリバー」のキャスティングラインナップが公開された。

EMKミュージカルカンパニー(以下EMK)の2019年新作であるミュージカル「エクスカリバー」は、サクソン族の侵略に対抗して混乱した古代英国を守った神話の中英雄アーサー王の伝説を再解釈した作品で、平凡なある人物が輝く帝王として生まれ変わる旅程を通じて、胸熱い感動と新鮮なカタルシスをプレゼントするだろう。

‘エクスカリバー’は2014年3月スイスのセント カレン劇場で「アーサー-エクスカリバー(Artus-Excalibur)」というタイトルで初めて顔見せして開発中だった作品を、EMK側でワールドワイド公演版権を確保してミュージカル‘エクスカリバー’に変更した後、より壮大で劇的なストーリー構成とキャラクターに説得力を与えるために60%ほどのナンバーを新しく追加するなどの大々的な修正と創作の作業を経て誕生した。

ミュージカル界のミダスの手に選ばれるオム・ホンヒョン総括プロデューサーと劇作家アイバン・メンチェル、作曲家フランク・ワイルドホーン、演出家スティーブン・レーン、編曲家クン・シュツ、振付け師ジェイミー・メクタニエル、舞台デザイナーチョン・スンホ、チョ・ムンス衣装デザイナーなど、ワールド クラスの創作陣が参加した。

王の運命を持って生まれた光るカリスマと存在感を持った青年アーサー役では、俳優カイ、キム・ジュンス、ドギョム(セブンティーン)がキャスティングされた。

高いキャラクターシンクロ率とディテールな感情線がにじみ出た音色で観客の大きな愛を受けるカイは、帝王の道を運命的に選択したアーサー役を担って、宿命のように近づいた重い現実とみじめな背信の前に真のおとなであり男に成長していく一人の人間の姿を魅力的で説得力あるように表現する予定だ。

キム・ジュンスは2010年「モーツァルト!」でミュージカルにデビューした後「エリザベート」「ドラキュラ」「デスノート」、「ドリアングレイ」等、出演作品ごとに空前絶後なチケット パワーで独歩的な位置づけを構築した俳優で、除隊以後空白が面目を失う程、初めての復帰作である「エリザベート」で完ぺきな舞台マナーと卓越した歌唱力で舞台を掌握した。 歴史的初演をむかえたミュージカル「エクスカリバー」で優れた作品解釈とキャラクター分析力を基に、果たして彼がどんな舞台をリリースするのか成り行きが注目される。

去る2015年歌謡界に第一歩を踏み出すと同時に、スーパールーキーとして急浮上したアイドルグループ セブンティーンのメイン ボーカルで、広い音域帯とすっきりした声量、すらりとした背丈で実力とビジュアルを全部兼ね備えたドキョムはちょうど成年になったアーサー役を彼だけの清涼な色彩で消化するだろう。 また、普段ミュージカルなど多様な舞台芸術ジャンルに関心が高かったドギョムは、ミュージカル挑戦を念頭に置いて去る1年間着実にボーカル レッスンを受けて、ミュージカル俳優としてのデビューを真剣で几帳面に準備してきただけに、俳優ドギョムとしての新しい変身に期待が集まる。

イメージ 2

アーサーの右腕であり、ずば抜けた武術実力と格別な気概の所有者ランスロットには俳優オム・ギジュン、イ・ジフン、パク・カンヒョンが名前を上げた。 異母兄弟アーサーから自身の正当な座と考える後継者の地位を簒奪しようとするモルガナ役には、俳優シン・ヨンスクとチャン・ウナが舞台に上がる。

年齢未詳のドルイド教の魔術師であり予言者ミューレン役にキム・ジュンヒョンとソン・ジュノがキャスティングされ、優れた武術実力の所有者であり勇敢で聡明なキネビオ役には、キム・ソヒャンとミン・ギョンアが選ばれた。

その他にも貧しいが善良な気立てを持ったアーサーの継父エクト役に、パク・チョルホ、チョ・ウォニ、サクソン族軍隊を導く王で無慈悲で野蛮な異教徒信者ウルブスタン役にイ・サンジュンが選ばれて、隙間ないキャスティングを誇った。

ミュージカル「エクスカリバー」の全世界配給を引き受けたEMKインターナショナル、 キム・ジウォン代表は、「韓国ミュージカル市場の先駆者的な役割をしてきたEMKが、ミュージカル「エクスカリバー」を通じて新しくリリースしたミュージカル製作方式である、イネンスメント契約(enhancement deals)は非営利団体と商業プロデューサー間に創作・製作パートナーシップから始まった形態で、ブロードウェイで難なく探してみることができる製作方式だ」と説明して「ミュージカル『エクスカリバー』を通じて韓国オリジナル ミュージカル市場の質的発展の、また別の基準を提示するものと期待を集める。」と伝えた。

作品は来る6月15日ソウル、光化門(クァンファムン)世宗(セジョン)文化会館大劇場で開幕して、来月14日チケット オープンを実施する。


*******************************************************

楽しみですね〜(見れないけど…)

ジュンスのまた一段と進化した姿を期待します。
個人的にオム・ギジュンさんがうれしい(≧◇≦)

 

開く コメント(0)

はあ〜今日はほんとに忙しいです♪(うれしい悲鳴)

今度はYouTubeに動画が二つ上がってて、一つはユチョンのご挨拶、そしてもう一つがタイトル曲スローダンスのMVなんですが…これがほんとにもう…


で、こっちがご挨拶…


上と下が同一人物…ファンの私でさえ一瞬「えっ?」ですよ。
なんなのこの可愛さ…30代の男子とは思えないんですけど〜
ユチョペン踊っちゃう〜笑
(あ、体がついていけませんけど(^-^;)



開く コメント(0)

今日夕方の六時に発売となったユチョンのアルバム。
海を渡って私の手元に届くのにはまだ数日かかるので…
たまたまユチョペンチングさんから教えてもらったブログのぞいたら、
ありました〜!!

ダウンロードして今聞きながらこれ書いてます(´艸`*)
もうどれも素敵です。
歌手ユチョン全開、まさにフルスロットルです。
これ生で聞いたらどうなるんでしょうね〜
って…私これ聞けるんですよね?
武蔵野の森、二日行けるから、行くまでエンドレスリピ状態ですよ、きっと…

今週なんだか疲れがたまっててやっと明日休みだ〜っっ
って思ってたんですけど、ユチョンの歌聞いたら吹っ飛んだ感じ…笑

あ、最初ユチョンで検索した時には出てこなくて、お財布のアルバムのページでユチョンの名前クリックしてみたら、下に出てきたんですよね。(これもそのブログで書いてあったんです)もし探す方はここ確認必要かも。




開く コメント(0)

 おはようございます。
今日はユチョン君の初のフルアルバム発売日。韓国での発売なので私の手元に届くのはまだ少し先ですね。
音源の発売はどうなんだろう…iTunesに入れば多分ダウンロードしちゃうんですけどね…

昨日もティーザー攻撃ありました。
全曲の一部が入ったものです。↓


トラックリスト
タイトル slow dance

     1.slow dance
     2.strong
     3.再会
     4.いばらの藪
     5.Magic
     6.振り返ればすべてが思い出だから
     7.卒業(尾崎豊、韓国語バージョン)
     8.slow dance(日本語バージョン)
     9.slow dance(中国語バージョン)


ほんの一部ですが、どの曲もユチョンらしくて、なおかつファンの予測を越えてきてる気がします。なによりこの声は癒されます〜

なお、今ソウルではファンによる(国際的なファン連合)ビジョン広告、ラッピングバス、駅ポスターなどが展開されています。

イメージ 1


イメージ 2

写真はネットからお借りしました。ファンの頑張りが通じますように。

あ〜でも今はとにかく、早くフルバージョン聞きたい(≧◇≦)





開く コメント(2)

今日は本屋さんで見つけた本を一気読み、夕方から読み始めて8時台には読み終えてました。この本について感想他を書いておきますね。

「ステージ4をぶっとばせ!がんに負けない生き方」(保坂隆さん著、主婦の友社)
という本です。正直私、がんが見つかった時点で間違いなくこのステージ4でした。腫瘍のサイズは6センチ越え、リンパ節、骨転移2か所、甲状腺、肝転移あり…どこをどう考えても…ですよね。
でも今までの治療やほかのいろんな情報を集めて思っていたことが、この本で確認できた気がします。

この本で言われている「ステージ4をぶっとばしている人の共通点」として次のことが実例とともに挙げられています。(実例の方は実際に本を読んでいただくとして)

一つ目は「標準治療」をメインに自分なりの「代替え療法」や「補完療法」を行っているということだそうで、私も標準治療コンプリートしてます(^-^;。まずやったのが骨移転を止める「放射線治療」。その後「抗がん剤」で小さくなった乳がんを「手術」で除去(その際転移部分はそのままにして薬物で治療することになってました)。そして合間に「ホルモン療法」(現在進行形)と…
で、私基本的に「代替え療法」は考えていませんが、「補完療法」的なこととしては、食事の見直し(ただしかなりゆるめで糖質制限に近いかも)、サプリメントで「ブロリコ」と「きなり(DHA)」ついでに年齢的なもので目が疲れるので「めなり(ビルベリーエキス)」虫歯予防の「ロイテリ錠」、それから極度の肩こりがあるので月に一度程度のマッサージぐらい。サプリに関してはほんとに補助として気持ちの問題も大きいかな?まあおかげさまで今のところ、悪化はしていないようなので…

2つ目は「人のために何かをしている」ですが…これに関しては自信がないですね。誰かを元気にできたらいいんですが…その方法がなかなかね。まあ、ぼちぼち考えます。力んでもしょうがないし…

3つ目は「夢や希望を持っている」。これまた難しい部分ではありますが、まだまだやりたいことも行きたいところもたくさんありますしね。家族のためにも、自分のためにもまだもう少し頑張らなくちゃ。

4つ目は「食生活を見直している」。これ先にも書きましたが、一応「体は食べるものでできている」という気持ちで添加物とかがんによくなさそうなものは避けるようにはしています。でも神経質にならない程度にね。
あ、そうそう、私肝臓にも転移があるんですが、コーヒーが(特に挽きたてのコーヒー)肝臓がんに効き目があるらしくて、毎日飲んでますが…肝臓に関してはかなり良くなってきてるみたいです(この前のCT見た限りですが)お薬の効果かもしれないので、一概には言えませんけどね。この際イワシの頭も信心から…信じる者は救われる?かも…笑

5つ目は「治療法は自分で選んでいる」。これは半分ぐらいあってます。私の場合先生がかなり事細かく納得がいくように説明してくださるので、セカンドオピニオンとか全く考えていないので(ほかの患者さんの話も一部聞いたうえで)先生が提示された治療のなかから選択しています。いままで大体肝心な部分は、先生がいくつかいい面悪い面も含めて選べるように提示していただいているので、今までの選択について不満や迷いはなかったです。自分で納得するのが一番なのかな?と思います。

6つ目は「自分の直感を大事にしている」。これは絶対の自信あり!なんていうとおこがましいですけど、私直感だけで生きてるかも?というタイプなので…笑
一応理屈でも考えるんですが、大体行き詰ってさいごに「えいっ」って…

7つ目が「抑圧された感情を解き放つ場がある」。これはもうJYJ様様です。彼らを応援することがストレス解消。(最も心配でどうしようもなかった時期も長かったですけどね)

8つ目が「スピリチュアルなものを大切にする」ねえ…これはちょっとよくわかりませんが、心のよりどころが必要ってことですね。


と、この本で言っていた大事な部分を検証してみて、全部は当てはまらないかもしれないけど、「ぶっ飛ばす」素質は少しありそうです。

とにかくへこんでもいいから前向きに明るくだそうです。
実例を見ていてけっこう納得できる内容でした。

まあ、受け取り方は人それぞれ、がんもまた人それぞれだそうです。
少なくとも私はこの本から元気をもらった気がします。
















開く コメント(2)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事