mikeのWorkRoom

ユチョンのアルバム発売、ソウルコン、イルコン、そしてジェジュンとジュンスの活躍、今年はいい年になりそうです

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全36ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

新年あけましておめでとうございます

といっても、今日はすでに三日ですね。
私は昨日までの四日間お仕事だったので…正月気分はほとんどないんですよね。
まあ、毎年のことではありますけど…

それでも去年のお正月は病気で休職中で、その時点で抗がん剤治療中だった私は
まさか今年、仕事が忙しいっていいながら新年を迎えられるとは思っていなかったので、ほんとにありがたいことだなって思います。
昨年亡くなられた樹木希林さんの言葉、「生きてるだけでもまるもうけ」という言葉、私の中ではまさに実感です。

思い返せば、おととしの半分は病気がわかって治療開始と同時に休職、あちこちに転移しているし、大本が6センチもあるガンなので、正直仕事に復帰できるとは思いませんでした。多分あの年が私の人生のどん底だったんじゃないかな?と、今振り返ってみるとそう思えます。(もっとも先のことはわかりませんけどね、少なくとも今までの人生の中ではってことです)

それを思えば去年は、どん底からじわりじわりと回復の時期。二月で抗がん剤治療を終えて、飲み薬のホルモン剤に切り替え、それと同時に職場復帰もできました。7月には、最初はできなかった手術を終えて、退院後は4週間に一回の注射のみ。今は普通の生活をしながら、様子を見ているところです。秋には一泊で東京にも行ってきたし(主人の監視付きですが…笑)。

その間いろんな本やネットを調べてみて思ったことは、心の問題が一番。
あきらめずに今できることを頑張ってみることが一番大切なことだったんじゃないかな?って思いました。マイナス思考は厳禁。

体にいいと思うこと、心にいいと思うことをどんどん実践していく。だから闘病中にしたことは…

ペン字(本を買ってひたすら毎日5枚ずつ書いてました…提出すれば認定証ももらえたんすけど、やったことで満足したので送りませんでしたけどね)

編み物 (ベストとかカーディガンとか…結局ほとんど着てませんが、いつか着るでしょう)「チアパイ」という手製のパッドを作るのに役立ちました。

※この2つは職場復帰とともにやめました。忙しくて時間がないので。

籐手芸 (これは雑誌のシリーズものを続けてとって…今忙しくてたまり始めてますけど)

韓国語 残念ながら講座はお休みしたままやめてしまったのですが、教材はたくさんあったので手あたり次第の雑学ですが、読むことは結構大丈夫になりました。でも聞いたり話したり書いたりはまだまだ…ゴールはないから遠いですね〜

散歩 これは仕事復帰してからはさぼってますが、仕事で動いてるから…って言い訳してます。

それと韓ドラかな?とにかくマイナス思考になりそうなときには、没頭できること、心が整うこと、笑えるものを見るといいみたいでした。で、最近はスクラッチアートにもはまってます。

あとは「体は食べるものでできている」ということを、再認識したことです。

思えばそれまで、ストレスがたまる環境だったのに加えて甘い缶コーヒーは1日何本も飲むし(運転中も事務のときも常に手元に缶コーヒー。たまにブラックのサイクルの時はありましたけど、甘いのが多くて)、ジャンクフードや砂糖どっぷりのお菓子をたくさん食べてたし…。これじゃ体にいいわけないですよね。

ガン関係の本を読むと砂糖と白米、小麦粉は良くないらしいです。(これ最近はやりの低糖質のと似てる?)民間の食事療法にはものすごく厳密に、白米は玄米に、小麦粉は全粒粉に、砂糖はてんさい糖などの精製されていないものに…というのもあるんですよね。私にはそれがストレスになりそうで手が出せませんが…
まあ、私の場合はあまり神経質にはならずに、できる範囲で気を付けることにはしました。
鵜呑みにするのは良くないですけど、良くないといわれることは避けることに越したことはないですからね。

基本的に免疫力アップ、便秘解消に必要なことは優先的にしてきたんですよ。
一応病院の栄養士さんに指導していただいて、少しサプリや健康飲料などの助けも借りました。
だからバナナ、ヨーグルト、大豆、ナッツ、ハイカカオチョコとかはよく食べてます。それからコーヒーは、最近主人が電動コーヒーミル買ったので、挽きたてを飲ませてもらえてます。

とにかく趣味でも食べ物でも、好きなことを増やしていきたいです。
病気になったのは残念なことでしたけど、ここでいったん立ち止まって、いろんなぜい肉を払い落とせた(実際に体のぜい肉も落ちましたけど…)ことは、ある意味ラッキーだったのかな?と思います。いいことも確かにあったわけで…


あとは…一番私の心に大きかったのはJYJメンバーのことかな?
ジェジュンの日活の成功(毎回テレビが楽しみになったし)、ユチョンの再会ペンミ(私は行けなかったですが…それでも行ったチングから話を聞いたりネットで見たりできたし…戻ってきてくれただけで感謝)、そしてジュンちゃんの除隊。彼らの活躍がソロであれグループであれ、前進してくれることが、間違いなく私の気持ちのアップにつながってるみたいです。
今もこれ書きながら「一期一会」のDVD見てるし…笑
だから時々手が止まってます。

彼らの歩みが、苦境にあってもあきらめなければ、明日はきっと来ると教えてくれていますからね。彼らから教わることが多すぎて…間違いなく私の心の支え。
だから私は3人とも大好き、誰かを嫌いになんかなれないです。

イメージ 1

きょうもこんなかわいいユチョンが…今夜中国のラジオに出演するらしくて、公式ウェイボでご挨拶だそうです。
この笑顔、見てるだけで幸せな気分になります(≧◇≦)

今年は絶対ユチョンに会いに行く!!
これが私の今の元気の元かな?
今年はさらに回復の年にします!!
彼らの未来をこれからも見届けたいから頑張る!


…ということで、
最後になりますが…
皆さんにとって、今年が今まで以上に素敵な年になりますように。






開く コメント(6)

秋の花火 会津花火

 すっかり秋も深まりましたね〜私の住むところでは銀杏や桜の紅葉がとってもきれいになりました。そんな中、以前もこのブログに書いた花火大会が11月3日に行われました。今年で三回目ですが、私はこの時間、会場のすぐ近くの職場でお仕事…窓から見えるちょっとの部分を横目で見ながら…でした。でも音がするとガラスが揺れるの〜それはそれで迫力でしたよ。

イメージ 1
写真は会津若松観光ナビのHPよりお借りしました。


ということで写真は撮れなかったので、今回はYouTubeで見かけた素敵な動画のアドレスを…

オープニング

テーマ花火

エンディング(いちばんおすすめ)

このほかYouTubeで「会津花火」で検索すると、きれいな動画をたくさん見ることができます。
ただこの花火大会、今年で最後とのうわさも…
ぜひ続けてほしいものです。

この日はかなり寒かったですけどね。観光バスもすごくいっぱい来ていて、仕事帰りは渋滞を避けて遠回りして帰ったんですよ。



開く コメント(2)

 毎日暑いですね〜今日も朝から30度越え…ここほんとに北国?の気分です。でも日本全国暑いんですよね? 40度超えそうなところもあるとか…皆さん体調管理には十分ご注意くださいね。

 実は私、10日前に入院しまして、翌日乳がんの手術を受けて、昨日退院してきました。
 
 でもそのたった10日間に、平成最大の水害が発生していたんですね。毎日テレビにかじりついて見てましたが…(病院のベッドの上ではほかにすることもないし…一応ポータブルブルーレイ持ってって、少しはjyj関係の動画なんかは見ましたけど)日々増えていく被害から目が離せなくて。おかげでテレビカード毎日買ってしまいました。何千円使ったの〜((+_+)) 真夜中の避難で逃げ遅れた方多かったんですね。昨日まで元気だった人たちが200人以上も…誰もが思いもかけなかったことだったと思います。亡くなられた方にも、そのご家族にも、ほんとにかける言葉が見つかりませんけど…

 ヨンちゃんに出会って、jyjに出会って、日本のあちこちにそれぞれのチングさんがいるので、何かあるたびに心配してしまいます。今回連絡できなかった方々もご無事でしょうか?避難所生活をされている方もいるかもしれませんね。1日も早く日常生活を取り戻されることを祈ります。そして被害にあったすべての皆さんが日常を取り戻せる日が1日でも早く来ますように。
一方で、ちょうど1年前に病気を知って「死ぬかもしれない」と思っていた私が、こうして今もなんとか元気でいられること自体に感謝しないといけないですね。

 そんな私の手術ですが、手術自体は全身麻酔かかってる間に終わってしまったので…実は全く実感がなくて…ただ、目覚めたとたんにストレッチャーで長い廊下を運ばれている音と、体にまかれた包帯で「ああ、もう手術終わったんだね」と思いました。その日のうちに自分で歩けるし、ご飯食べられるし…主人に聞いたら手術自体は1時間半くらいで終わってたらしいです。

自分の中では「これで厄介な病巣もしばらくはおとなしいかな?」とか「まあ、片方なくなっちゃったけど、生活に支障はないみたいだな」とか、かなり楽天的な考えばっかりで、自分でも驚きました。
 最初が大きいしほかに転移してるからすぐには手術できないといわれていたので、「手術できるほど小さくなった」ことがむしろ幸せなことなんだと思えてきたんですね。まあ、やったことないことに関する不安は、もちろんありましたよ。
 その後包帯がとれるまでに1週間はかかりましたけど、今はぺったんこになった胸の傷の上にばんそうこうがずらり…思ったより大きいんですよこの傷が…これに慣れるのが多分一番大変なんでしょうね。特に夏の薄着はしんどいかもしれないです。

 これから1週間休んで仕事に復帰する予定なんですけど、そのころにはこの暑さ少しは和らいでくれますかね?病み上がりにこの暑さって正直しんどいと思うの…


 それからちょっとだけうれしい話も…
私が入院している間にユチョンのファンミ、ジェジュンのライブやテレビの情報があふれてて…ツイッター見てるだけで幸せな気分のおすそ分けたくさんいただいたんです。ああ…彼らもやっとここまで来たってね。でもそのおかげで、たった10日でスマホが容量オーバーのお知らせがあって…こんなこと初めてです。私そんなに使ってたっけ?今度のスマホの請求が恐ろしい私です(''◇'')ゞ…あ、うれしいばっかりではないかも?ですが。

今も昨夜録画しておいた音楽の日のジェジュンのところ、見ることができました。
さすがに病み上がりであの時間は起きてられなかったので…
それから昨日話題になってたブンブブーンは、福島は1か月遅れみたい…でも楽しみです。
やっぱり彼らが、私の元気の素なのかな?









開く コメント(4)

ちょうど一年

 さかのぼることちょうど一年前の6/13日は、私ががんと診断された日です。
その二週間前に受けた検査の結果を聞きに行ってのことでした。

 乳がん、肝・骨転移あり(リンパ・甲状腺にも)、がんの大きさも6センチを超えていて、この段階では手術はできないとのことでした。まずは骨転移の場所が問題で、そもそもガン発見のもととなった背中の痛みの原因が、背骨への転移で骨がもろくなったために神経がさわっていて、このまま放置すれば右半身不随の可能性もあったとの診断でした。

 その日から麻薬入りの強い痛み止めを飲み始めたので、車の運転は禁止、仕事も翌日から休むことになって、長い吐き気との戦いが始まった日でした。
その後骨転移部分の放射線治療のために入院して、放射線治療が終わって入れ替わりに抗がん剤治療と続きました。でも幸いに、抗がん剤も効き目があって、二月を最後にホルモン療法に切り替えと同時に仕事にも復帰できたんですね。

 今は元気に働いていますが、がんマーカーの数値も好転して、元となる乳がんもかなり小さくなったので、来月手術することになったんです。

 一年前にはそんな未来を考える余裕もなかったです。ちょうど小林真央さんの記事が毎日のように上がっていた時期なのでなおさら悪い方に考えがちでしたしね。

 副作用でつらかったのは吐き気と食べられないこと。体重は15キロも一気に減ったし…(元がぽっちゃりで助かったかも?)痛み止めの副作用の吐き気は、体が慣れるまでは強烈でした。今は普通の痛み止めに切り替えてもらえたので、副作用は全くと言っていいほどなくなりましたし、薬の管理のストレスもなくなりました。飲むたび記録して残数を定期的に病院に確認してもらって…入院中には看護師さんが一個ずつ時間に持ってきて、飲むのを確認していくほどの徹底管理なんです。忘れたらいけないというストレスが半端なかったですね。ほんと、普通の痛み止めで済むありがたみが身に沁みました。

 あとは髪の毛がごっそり抜けて…実は今もウイッグ使ってます。髪はもう生えては来ているんですけどね。もう少し伸びるまでは我慢の日々です。これから暑くなると蒸れそうでちょっと憂鬱なんですが…

 幸い食事制限とかはされていないのですが、自分なりに本を漁って調べて、大まかにですが体に悪そうなものは避けて、体によさそうなものを食べるようにはしています。あと便秘大敵なので食物繊維の粉(栄養士さんおすすめの品物)は常食しています。それから免疫力が落ちるのでEPAやβカロテンなどを取るようにとのことで、それなりにですが気を付けるようになりました。サプリもいくつか試してみてます。
一応お砂糖たっぷりの食品は避けるようにしていますけど…砂糖の代わりにはちみつとメープルシロップを使ったりして…でもたまに甘いもの食べたいときは、いいものをちょっとだけ…心がけてます。
あまり神経質にはならずに、「自分の体は食べたものでできる」ということを基準に、細く長く続けられればなと思ってます。

 がんの治療は長期戦なので、一年はまだまだ始まったばかりだと思いますが、がんの最大の敵は「あきらめ」だということです。悲観的に考える時間があれば、その時間で今できることをやっていく。そんな積み重ねが大事なようです。少なくとも今は、こうして一年を振り返ってみる気持ちの余裕ができていることに感謝ですね。

 来年の今日、もっといい状態になっていることを願って…いままでの自分の状態と気持ちを書いておきたいと思います。


 








開く コメント(2)

 今日は20度越えだった昨日までと違い、時折小雨の降る寒い一日でした。最高気温が13度でした。でも市内の桜は一気に咲き始めているみたいです。早い木は5分咲きぐらいでしょうか?

 そんな中今日は私の生まれ育った喜多方でのコンサート。
ほぼ1年前に初めて生で聞いたLE VELVETSのコンサートに行ってきました。
去年の五月にもここで書いてますが…

 今回のコンサートは毎年恒例のメンバーの地元凱旋コンサートなんです。4/1北九州、4/3京都、4/4清水、そして今日4/7喜多方が千秋楽。まあいわゆるオーラス。
そして喜多方が地元のメンバーが佐藤隆紀君です。
何年も前から応援している友達にチケットを取っていただいて、今回も行ってきました。
え?なんで自分で取らないのって?
実は昨年のコンサートの後、ちょうどファンクラブに入会しようかどうか迷っている最中に、私のがんが発覚。次のコンサートに行けるかどうかもわからないので、そのまま保留に…
でも今回のコンサートに行けたので、私としてはとても励みになる出来事でした。
なんでも明日は同じ喜多方プラザでファンミがあるそうですが、どっちみち私は明日は仕事なので…入会してない分残念感も小さくて済んだかも(^-^;
遠くからこんなに交通の不便な片田舎にたくさんの人が見えていたみたいですよ。
大きな荷物持った方もたくさんいました。多分ファンミも視野にあったんでしょうね。でも圧倒的に女性が多いです。9割ぐらいは女性かな?

 とにかくLE VELVETSは全員音大出身のコーラスグループなので、歌のうまさはもちろん、圧倒される曲多数です。
クラシック、ポップス、民謡、オリジナル曲などジャンルもさまざまでした。
特に印象的だったのは佐藤君と日野君が歌ったミュージカル「エリザベート」の「闇が広がる」ですね。二人とも(というかメンバー全員)ミュージカル俳優もやっているので半端ないです。しかも佐藤君はエリザベートの皇帝役だったし…
そのあとは宮原君と佐賀君がオペラの曲を一曲、これもすごかったです。
そのほかにも各会場では地元のメンバーのソロがあるとかで、今回はジキルとハイドから「時が来た」でした。彼が上京した時の思いを重ねて歌ったとかで、これまた圧巻でした。

オー・ソレ・ミオや情熱大陸、などおなじみの曲もありましたしね。サン・サーンスの白鳥に独自の歌詞を付けたのもとても印象的でした。
アンコールはダブルアンコールとなり、トゥーランドット、そしてアカペラでの第九、二曲ともスタンディングオベーションでした。

去年はハイタッチ会にも参加したのですが、今年は病み上がり(厳密にいえばまだ病人)なので帰りが遅いと家族が心配するのと、明日が仕事しかも早番なのでそのまま帰ってきました。でも心地よいハーモニーと力強い歌声にたくさん元気をもらってきました。

彼らは6月には宝塚OGとのコラボがあるそうです。
6/1-8までが東京国際フォーラム、6/19-24までが梅田芸術劇場で、湖月わたるさん、彩輝なおさん、貴城けいさん、壮一帆さんほか、スペシャルゲストで姿月あさとさん、春野寿美礼さん、大和悠河さん、北翔海莉さんが交代で出演するみたいです。
私でも知ってる名前ばっかり…@@

あと佐藤君が次のミュージカルで、「マリーアントワネット」のルイ16世役に決定したそうです。頑張れ地元の星!!

ちなみに公式サイトはこちらです↓




開く コメント(2)

全36ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事