むーん

イメージ 1


すんごい日差し。
暑さも今からフーヒー言っていては、「ふっ、まだまだ生温いわねっ」と言われてしまうんだろうなあ←誰に( ̄◇ ̄;)?

暗譜をしつつ、キッチンに立つのがよろしい(笑)。
ヘンテコなニンニクが転がり出てきたよ?

イメージ 2


ポン、と音がするのか見ていたかったけれど、こちらがポン、と蒸発してしまいそうなので、断念。

イメージ 3



先日、移動の合間に急遽会ったなおぴー&こうちゃん。
トロピカルな飲み物をオーダーしたら、とても可愛らしいデコレーショングラスがきて、それもこうちゃんのみ。
いやあ、似合うわ( ̄▽ ̄)。
と思ったらなおぴー、みんなに猫を被せてくれてありがとう( ̄▽ ̄)。

イメージ 4



サドさん←知り合いか(。-_-。)?、の稽古に行くと毎回、皆さんに色々と教えていただくのだけれど、どなたも「1番腹黒いのは、モントルイユだね。」と言うのです。

最初は家名を守るために(娘のルネも守るために)サド侯爵を牢から出すように、自分よりも身分の低いサンフォン伯爵夫人とシミアーヌ男爵夫人に頭を下げて助力をお願いするのに、自分の次女の「清らかなアンヌ」までがサドさんと関係していたことがわかると、一気に手のひらを返して牢に逆戻りさせる。
なのにフランス革命が起こると、サドさんは正しい、「喧嘩するほど仲良し。私とね。」とか言い出す。
なぜーっ( ̄O ̄;)⁈

んむ、やはり腹黒いというより、「正直。自分が正しい!」と思いこむんだろうなあ。

こういうのが1番強いんでしょうね( ̄▽ ̄)。

で、ルネも腹黒いのかしら(笑)。
というのが、最近のコレペティ稽古でのテーマでござりました。

この記事に

開く コメント(0)

もう1つオペラ

イメージ 2
 
梅雨じゃ、梅雨。
雨じゃ、雨。
湿気じゃ湿気…これは嬉しくない\(-o-)/。

えっちゃん部屋の前に咲いていた、可憐なベリー。
ハンネのところではこういう黒いのがたくさんなっていて、それをもいで食べた・・・ら、もんのすごっくすっぱかった(笑)。

イメージ 1

先日、5月にあった吹奏楽での第9の打ち上げ第2弾(?)。
遅れて行ったのだけれど、すでに何次会ですのん?というくらいの出来上がり(笑)。
しっかりと笑わされて、やっぱりこの人たちは凄いということをまた実感してきたんでした。歌い手さんの方は、あちこちで会う機会もあるけれど、吹奏楽のメンバーとは普段、ご一緒出来ないのでまたご一緒できるといいなぁ。
呼び込みのオニイサンもタジタジする貫録が素晴らしい人たちでありました(=^・・^=)。

イメージ 3

さて。
9月22日(金)18:30、23日(土)14:00より、川口リリアホールにて。
ルナノバ主催オペラ 「絹のはしご & ジャンニ・スキッキ」公演。

23日(土)14:00公演に「ジャンニ・スキッキ」のチェスカ役で出演します♪


イメージ 4

イメージ 5

金持ちの男性がなくなり、僧侶たちに渡りそうになってしまうその莫大な遺産を狙う親族たちと、そこに颯爽と(?)やってきて、「全てうまくやってやるよ♪」と引き受けるジャンニ・スキッキの喜劇。
気になる役は、遺産を狙う1人チェスカ。

「私のお父さん」という可憐なラウレッタが歌うアリアが有名な(実際、それしか知らなかった・・・)オペラで、聞いてみるととても美しく、プッチーニの世界にうっとり。
そして、楽譜を見ていても自分がどこに入るのか、え、えと。あららら?というのがわかり、げっそり(^^ゞ。
 「このオペラは、遺産狙いの親族がめちゃくちゃだけど、とっても楽しいよ。」と言われるのもわかる。

ぜひ、ハチャメチャな相続狙いのオペラにお越し下さいヽ(^。^)ノ。



この記事に

開く コメント(0)

普段とは逆

イメージ 1

 家を出る時に雨が止んで、建物の中にいる時に降って、また外に出るときに止むという、「普段とは逆!」状態で、昨日は非常に嬉しかった(笑)。
そうです、普段は傘を持っていたら雨が降らないし、傘を持っていない時に降る!

一昨日、たまたまストレッチ専門のお店(?)を見つけ、たまたま待ち合わせまで時間があり、たまたまそのお店も開いてすぐに入って施術を受ける。これまた「普段とは逆!」状態で、これまた嬉しかった(笑)。
マッサージではなく、整体でもなく、まさにストレッチをしっかりしてくれるところ。
ここしばらく、ストレッチをするたびに右の股関節が痛くて、「スポーツ用のマッサージ医院に行った方がいいよ。」と友人が紹介してくれたのだけれど、この日の施術でかなり周りの筋肉(贅肉やも)を伸ばしていただいたので、楽になって良かった。そして昨日はずっと筋肉痛(爆)。
う〜ん、お尻の筋肉って大事なのね。
なかなか自分ではほぐせないけれど、稽古が続くとまた余計なところに力が入っておかしくなるので、習ったようにほぐすのを日課に・・・出来るかなぁ(^^ゞ。

8月の「セヴィ婚」のセリフと、10月の「サド侯爵夫人」の歌詞、どちらも言葉が大変なので(日本語で)、演出の先生方に聞いてみると、「あ、それはねぇ、しっかり読み合わせしましょう。ボク、前にアンヌやったから(可憐な女の子の役)、一緒にやろう!」と十川先生。 タケミンさんは、「あ、一緒に読み合わせした方がいいよ、こういうセリフはどんどんやりましょう!」と。
ありがたや(T_T)/~~~。

で、昨日はいきなりタケミンのセリフレッスン(?)、早速に彼女のセリフ回しに笑わされて、自分のマジメなセリフがすっぽ抜ける\(-o-)/。
舞台女優って・・・すんごいなぁ。

稽古スケジュールのパズルも組み合わせてきているので、そろそろ普通に(?)集中。
って、来週にはすでにコレペティ稽古が入るんでした\(-o-)/。

イメージ 2
イメージ 3


この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

 そろそろ梅雨近し。
昨日の夕方も、すんごい雷雨。先週もいきなり豪雨。
ゲリラ豪雨という言葉も聞くけれど、本当にいきなりだもの(^^ゞ。

10月27日にある、ブルーアイランド先生のオペラ「サド侯爵夫人」の読み聞かせ会があり、先生邸に行ってきました。作曲者自ら全部、ピアノを弾いて歌うというもの。少しの休憩の他は2時間くらい、ずっと弾き語り\(◎o◎)/!

三島由紀夫さんの原作で、フランス革命の頃に実在したサド侯爵、彼が投獄されている間に起きている話が舞台。歌詞は彼の台本のまま(抜粋ではあるけれど)。
彼を救おうと奔走して待つルネ(サド侯爵夫人)。
そのお母さんのモントルイユ夫人。
ルネの妹アンヌ、奔放なサンフォン夫人、聖女のようなシミアーヌ夫人、家政婦のシャルロット、この6人の女性のみで舞台は進んでいって、サドさんは出てこない(爆)。

サド侯爵、あーたがいない時にどれだけみんなが大変賑やかに可哀そうに、大騒ぎをしていたことか・・・(^^ゞ。
厳格な「法と秩序」を代表する(?)モントルイユ夫人、娘に「サド侯爵と別れておしまいっ!きいっ!」ときっぱり言い渡し、娘は「いいえ、待つわぁ私。」と譲らず。
語源となったサディスティックな演出はないらしい(笑)、でもしっかり歌で説明されておりました。

先生邸で全員集まって、全曲聞いてから・・・なんでかな、この日本酒が出てきたの(笑)?
誰かが1階で見つけてきたらしい。 
ルネのお二人。

イメージ 2

のとちゃん、新年会ぶり(*^。^*)。
ああもう、可愛いわっ。 ・・・そしてこの前後、べろんべろんと顔から頭から舐められる\(-o-)/。
ちゃんとチーズをあげる度に、「お手!お座り!」など、みんなにさせられる・・・先生の方が必死(?)。

イメージ 3


次のべろんべろんターゲット(笑)。
サンフォン夫人役のしょーちゃん。 大学の頃から変わらない美貌。

イメージ 4

その後にご飯やさんに行くのも、のとちゃんはしっかりアイドルとして同行。
本当におとなしい、可愛いアイドル。

イメージ 5


10月27日(金)の18:30から渋谷にある伝承ホール(さくらホールと同じ場所、その小ホール)にて。
初演(曲、出来たばっかり)、お見逃しなく!!!

イメージ 6

イメージ 7

(10月26日の夜と27日の昼は、Y組(横山組)、こちらもチケットはご用意いたします♪)
それにしてもチラシの文が、あちこちおかしい(笑)。



この記事に

開く コメント(0)

緑濃い

イメージ 1


どんどん緑が濃くなってきて、これまた見ていて嬉しい。
あ、紫外線浴びてるわ・・・\(-o-)/。
下館に行く時も、風景が毎回変わっていて、車中からでも田んぼがきれい。

先日は、ラトヴィア放送合唱団のコンサートに行ってきました。
まず、ラトヴィアってどこっ?! と調べたくらい、知らなかったけれども、きれいな方ばかりで、横にいた友達も、「目も喜んでる♡」ですって(笑)。 身体も耳も喜びました。
アンコールのラトヴィア伝承歌がもう、「これやっ、これを、こういうのを聞きたかったんやっ!」というもの。
こういう曲でプログラムを組んでくれないだろうか・・・(^^ゞ?
もともと民族音楽が大好きなので、どんどん聞きたい。
そして席が素晴らしかったのは良いけれど、素晴らしすぎて、指揮者が目の前で振っているのを見上げているうちに首が固まる(笑)。 マエストロ、199cmらしい\(◎o◎)/!

イメージ 2


その次の日は、あいきゅんのコンサート。
ダメトリオ、ではなかった、ダーメトリオのあいきゅん、ドイツリートやフランス歌曲、そして日本の歌もたくさん、色々な世界を見せてくれて嬉しかった。そして容子さんのピアノも嬉しい(^.^)。
夏もよろしく・・・楽譜を見つけなくては(爆)。

イメージ 3

マイヤーさんよりいただきまして、ある日の昼時。
毎週のように大学の学食(?)に集う講師陣なんですけどね、お互いの出演情報などで喧々諤々・・・ではなくて、「ん、この塩良いよっ!」、「それ、タマゴ食べ過ぎでしょ!」など、賑やかです(^_^メ)。

イメージ 4

この記事に

開く コメント(0)

やっとこさ

イメージ 1

寒くもなく暑くもなく、ちょうど良い気温で歩いていても気持ちが良い。
梅雨までもう少し時間があるかな。

かなり前になるけれど、ダーメン会がありました。
魔笛で最初から王子タミーノを取り合う3人の侍女で、あいきゅんとは2年ぶり(?)、ルミちゃんとは組は違うけれど2年前から、夏もほぼ毎日、そして3月の大分や神奈川公演までずっと一緒に、奪い合い(笑)。
こりゃ、3人でちゃんと(?)会うしかないでしょ、ということで神奈川の公演の楽屋で日にちだけ決めて、放置。
いえ、放置ではなく、「置いておいた。」状態(^^ゞ。

イメージ 2

これだよ、この2人はもう。
変わらないテンションで、安心・・・(^^ゞ???

イメージ 3


入り口がこういう状態だから、見過ごしてずーっと行ってしまう、そして迷うのはお決まりでした(^^ゞ。

イメージ 4

さて、8月26,27日にあるオペラ「セヴィリヤの理髪師の結婚」のチラシが出来た、と連絡が来ました。
ロッシーニのオペラ「セヴィリヤの理髪師」と、モーツァルトのオペラ「フィガロの結婚」が合わさったもの?
ボーマルシェの戯曲のこの2曲、フィガロの3部作と言われているらしい。
昨年、田尾下哲さん演出でこの公演があり、あまりの好評に再演となった運びです。
ボーマルシェの戯曲のセリフからまとめられた、家田淳さんの台本もとても面白いとのことで、昨年出演した人たちからもオススメだそうです。
そして気になる役として・・・27日のマルチェリーナ。
フィガロにお金を貸して、彼が借金を返せないとなると、「んじゃ、結婚して♡」と迫る家政婦頭。
ヒメではなかった(笑)。

8月27日(日)16:30開演
イタリア文化会館 アニェッリホールにて。
お待ちしております。

イメージ 5

イメージ 6
の前に、練習が\(-o-)/。
そろそろ、どの日にどの稽古が入るのか、パズルを始めなくてはならぬ\(-o-)/。




この記事に

開く コメント(0)

ブラスの第9

イメージ 1


 どことなく休みモードにならないまま、1週間経過していましたけれど、吹奏楽の第9がありました。
前日のリハーサルで、思わず笑ってしまったくらいの大音量で、当日はどうなるのかと思ったけれど・・・これがまた面白かった!

1月にあった第9と同じ舞台。
この日はオルガンコンサートもあって、開場直後(直前までも)からオルガンの音に包まれる(^.^)。

イメージ 2

前回と同じ楽屋からの眺め。
ゲネの後はそれぞれがバラバラになって、それぞれ・・・楽屋にひきこもる(笑)。

イメージ 3


謎のヌテラ(チョコクリーム)・・・この日も持ってきたけれど、結局食べずに終わる(爆)。

イメージ 4

やはり、こういうボードがあると、ついやってしまうんですの。
足台がなく、顔がひっかかっている状態\(-o-)/。
男声2人は2年前にやっているから、と余裕の笑みで写真を見せてくれる(笑)。

イメージ 5

どうもこの人たちには笑わされるばかり、まだまだこちらは修業せにゃ(ー_ー)!!

イメージ 6

吹奏楽の第9とは、どんな感じなのかと思ったら、本当にこれがまた素敵。
3楽章もクラリネットの響きが柔らかくて、何の違和感もない。
トランペットやトロンボーンが真横で、しかも大編成なので目が点・・・いえ、線になっていたけれども、とても面白かった(^.^)。
歌も入って、響きがうねっているのが見えるくらい。

打ち上げが、噂通り(?)すんごい盛り上がりで、また目が線状態\(-o-)/。
早速、演奏会の録画を流して(大音量で)、さらにその前で肩組んで歌いだす人たち。録音とずれていようがそのまんま最後まで歌っている\(-o-)/。
そして気づくと指揮者も中にいって振っている\(-o-)/。
ブラスの人たちも本当に面白くて、あっという間に時間が過ぎる。
ゆりちゃん曰く、「タイ料理のお店かな。」・・・でも目の前(後ろ?)に、モアイがいるよ?
さらに、見上げるとガネーシャがいるよ?
「うん、違ったね、インド系かな?」
・・・どちらでも良いです(笑)。

イメージ 7

本当に皆様、ありがとうございました!
またご一緒できますようにヽ(^。^)ノ。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

 世の中、ゴールデンウィークに突入しているらしい・・・しかも先週末から。
「いやぁ、10連休なんだよ。」と言う学生さんもいるらしい・・・そうね、月&火を休めばね。
そんな中、先週末はひたすら寝ていた・・・というより、寝込んだ\(-o-)/。
風邪なんでしょう、この鼻水&咳は。
ひいてもおかしくない、と言いつつも内心、「5月7日過ぎてから来ると思ったのに・・・。」と意外に思う。
んむ、やはり本番前には「何かある。」←しかも今回、風邪ときた\(-o-)/。
治る、治る、治すんだっ。

というわけで、本日は久々に電車に乗って松戸まで。
学内にいた時のみ、雷雨が来たり、暴風雨&雷で停電もあったらしいけれど、帰る頃にはカンカラカンの天気でしかと自転車も(最寄の駅から)乗って、タイミングの良さに満足(笑)。
いいの、小さいことでも嬉しい(笑)。

かなり時間が経ってしまいましたが、「トロイメライ」にお越し下さいました皆様、ありがとうございました。
企画してくれたなおぴぃ、本当にありがとう!

イメージ 2

3回のコンサートシリーズで、ドイツリートを中心にしたプログラムを演奏。
ということで選んだブラームスの歌曲と「ジプシーの歌」、
そこからスペインに行ってファリャの「7つのスペイン民謡」、サルスエラのアリア、
ピアノのソロで「火祭りの踊り」・・・ちょうど1時間半くらいのプログラム。
のはずが、終わったらしっかり2時間過ぎている\(◎o◎)/!
休憩あったしね、そう、終演後のご挨拶もあったしね。
と思ったけれど、どうも曲間のトークもそれなりにあったらしい(^^ゞ。 ええ、ありましたわね。

考えたらチェコでも連続9晩、コンサートということもあったのに(ありゃひどい・・・)、ここまで途中で腰からフラ〜っとなることはないなぁ、どうしたかしら。←トシよ、という言葉は聞きません(爆)。
よくよく考えたらわかった、「歌曲のみ(1曲だけアリアだけれど)」なので、集中の仕方が違うんでした。
アリアやデュエットが入ると、だいぶ楽なんだなぁ、と罰当たりなことを感じた日でした(^^ゞ。

開場前から大活躍のこうちゃんは次回のトロイメライの歌い手さん。

イメージ 3

この日はええ天気で、本当に気持ちが良かったんでした。
東京タワーも見える♪
(ドラえもん、いなくなったと思ったら期間限定なんですってね)

イメージ 4


お腹すいたトリオの打ち上げは、それはそれは楽しかった(笑)。
それまでの暴露話(?)、尽きない尽きない(^^ゞ。

イメージ 5


イメージ 6

なんとかパフェ(だっけ?)を注文したなおぴぃと、それを見ているの図が、昨年とまるきり同じだよ、と加工してくれました(笑)。
イメージ 7

あら、キラキラ加工してくれた写真が見当たらず(^^ゞ。

皆様、本当にありがとうございましたっヽ(^。^)ノ。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事