ひらさんのHighトレッキング・ブログ版

小さな歩みでも歩き続ける限り前に進むことができるという言葉「常歩無限・なみあしむげん」を胸に68才相応の山歩きを楽しんでいます

全体表示

[ リスト ]

天然記念物・石の湯ゲンジボタルで有名な志賀高原「石の湯」から坊寺山〜小坊寺山〜リンドウ平を周遊。
途中、単独下山者からの「蛇があちこちにいた」とのひと言で登る意欲が半減!(笑)
小坊寺山へ行く予定だったが分岐点を見つけられずピストンになったとの情報も得られたので、帰路ではナビ活用&人海戦術で分岐点を探し出すことができた。(感謝)

9/12本編アップしました。
http://hirasan.canada2194.com/bouderayama.html

グーグルアース・ルートMAP(クリックで拡大)
イメージ 1

小幕岩/駐車場より
イメージ 2

登山口/角間川を渡る
イメージ 3

ここより70mの沢登り
イメージ 4

この時期は涸れ沢か・・・
イメージ 5

地図&ナビでルート確認
イメージ 6

森の長老・その1
イメージ 7

登りでは分岐点を確認できないまま坊寺山(1840m)に到着
イメージ 8

志賀高原方面/山頂より
イメージ 9

記念撮影
イメージ 10


山頂から標高で約30m(約4分)下った辺りにある小坊寺山への分岐点を手分けして探す
イメージ 11

見つけたゾ〜〜!
木の根元に朽ちかけた標柱が立つもクマザサの背丈に負けて役立たず状態だった。
イメージ 12

藪こぎ1mで立派な登山道が現れる! 
刈り払われていないこの1m区間に何か訳があるのだろうか・・・?
イメージ 13

笹を払いのけながら小坊寺山を目指す
イメージ 14

小坊寺山(1826m)・標柱などは無い
イメージ 15

森の長老・その2
イメージ 16

森の長老・その3
イメージ 17

坊主すべり岩
おろし金みたいない岩はあったが、坊主が滑りそうな岩は何処に・・・?
イメージ 18

三角岩
イメージ 19

前方に見えるリンドウ平を目指して超藪こぎ!
イメージ 20

お疲れ様でした。リンドウ平でランチタイム
イメージ 21

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事