ひらさんのHighトレッキング・ブログ版

小さな歩みでも歩き続ける限り前に進むことができるという言葉「常歩無限・なみあしむげん」を胸に68才相応の山歩きを楽しんでいます

全体表示

[ リスト ]

紅葉の時期に訪れたかった石鎚山だったが四国まで来ればこの山を外すことはできず、次回の下見を兼ねて登ってきました。

今回は香川県在住の斉藤さん、佐藤さん、佐藤さんの息子さんと知り合うご縁があり、楽しい石鎚山山行になりました。この場をお借りして感謝申し上げます。

8/21 ホームページ(本編)をアップしました。
http://hirasan.canada2194.com/isizutisan.html



石鎚山ロープウェイ駅入り口
イメージ 1

石鎚山登山案内図/拡大可
イメージ 2

石鎚山ロープウェイ(往復1900円) 山麓&山頂駅共に、00分・20分・40分運行
イメージ 3

山頂駅方面
イメージ 4

成就(じょうじゅ)まで20分
イメージ 5

石鎚神社成就社境内
イメージ 6

成就社境内の神門をくぐって石鎚山登山道へ
イメージ 7

試しのクサリはパスをして近道ルートへ
イメージ 8

夜明峠/高低図板も設置されている
イメージ 9

一ノ鎖・下から
イメージ 10

一ノ鎖・上から(ほぼ垂直の鎖場だ)
イメージ 11

二ノ鎖
イメージ 12

三ノ鎖
イメージ 13

石鎚神社頂上社
イメージ 14

目指す山頂はガスの中・・・(石鎚神社頂上社より)/拡大可
イメージ 15

岩稜を矢印に沿ってピョン!ピョン!とお猿さんのように進む(迂回路もあるよ)
ここからは単独のため勇姿?をお見せできなくて残念/拡大可
イメージ 16

ピョン!ピョン!ときて無事山頂に着きました。(笑)
イメージ 17

この記事に

閉じる コメント(10)

顔アイコン

八ヶ岳天狗岳記事以来ですが、ご無沙汰しています。
天狗岳繋がりでTBさせてもらった石鎚山の印象は如何でした?
土小屋からのコースは、鎖場二の鎖からですが、岩が思っていた以上に滑った記憶があります。
ガスって残念でしたが、石鎚山は麓から湧き上るガスの中の姿が雰囲気でています。
紅葉のシーズンは最高でしょうね

2010/8/8(日) 午後 8:10 こうち 返信する

顔アイコン

流石石鎚山すごい。
このルートは過酷ですね。
で、どうやって下りたのですか?

2010/8/8(日) 午後 10:01 [ ちゃに ] 返信する

顔アイコン

一週間ほど前、健康体操仲間からこの山の写真を見せていただきました。
鎖場の鎖は手作りなんですネ〜 ピョンピョンとは、とてもとても〜 15枚目の写真に ポチ!!

2010/8/9(月) 午前 7:47 名古屋の寒風 返信する

顔アイコン

こうちさん こんばんは。
ハンドルネームからして高知県の方かな〜と思っていましたが、ピンポンだったんですね。
>二ノ鎖
はい、足のとっかかりが少ないクサリ場で腕力勝負って感じで、自重+バックで約80kgを持ち上げるのは大変でした(笑)
何も見えない状態ではなかったので個人的には満足!満足!大満足!の石鎚山山行でした。

今年の秋は無理でも、来年くらいには家内をつれて再訪したいと思っています。

2010/8/9(月) 午後 6:33 ひらさん 返信する

顔アイコン

ちゃにやんさん こんばんは。
迂回ルートもあるんですが、見た感じと違い足場がしっかりしており高所恐怖症でなければ誰でも歩けるとおもいます。(笑)
てなわけで、帰りも同じルートで戻りました。

2010/8/9(月) 午後 6:44 ひらさん 返信する

顔アイコン

寒風さん こんばんは。
書き込みありがとうございます。

普通のクサリに比べ輪が大きいですね。
石鎚山信仰で登る方はクサリ場を汚さないように、ここで新しい草鞋に履き替えるそうです。
登山靴では辛うじてつま先が引っかかる程度ですが、草鞋や足袋だとスッポリ入って安全に登れるんだろうな〜と、勝手に解釈しています。
ピョン!ピョン!はオーバーかもしれませんが、躊躇していると身体が固まってしまうので・・・(笑)

2010/8/9(月) 午後 7:03 ひらさん 返信する

顔アイコン

ひらさんこんにちは。
石鎚山でお会いした松本のものです。長野の方だと聞いてびっくりしました。(写真のせていただきありがとうございます。)
名刺持ち合わせてなく、しっかりご挨拶できなくて失礼しました。
さっそくひらさんのHPにおじゃましました。
ガスっちゃいましたがとてもいい山でしたね。紅葉の時期また行きたいです。
私はあのあと道後温泉に泊まり軽自動車で12時間かけて無事帰りました。
私も1年中県内の山登っているのでお会いできるかもしれません。
またよろしくお願いします。 削除

2010/8/11(水) 午後 2:29 [ せんちょう ] 返信する

顔アイコン

せんちょうさん こんばんは。
いや〜、あのときは本当にビックリでした。
登山中に信州から来た人はいますか〜?と聞く人もいないでしょうし、あんな遠方でお話しする機会を得たのもなにかのご縁かもしれませんね。これからもお付きあいよろしくお願いします。

>12時間
帰りといえば、京都辺りで渋滞にはまりませんでしたか?
あまりの渋滞に我慢できず京都で降りたら市内でまたまた渋滞にはまってしまい渋滞の倍返しになっちゃいました。笑


追伸/お二人が写った写真をお送りしたいのでメール連絡をお待ちしております。

2010/8/11(水) 午後 10:01 ひらさん 返信する

顔アイコン

こんばんは
ずいぶんご無沙汰をしてしまいました。
毎日暑いですね〜!

石鎚山ですが、随分遠くの山に登られましたね。
この山は私はもちろん登った事はありませんが、以前読んだ小説に出て来たので、よく覚えています。
確か霊山でしたよね。
かなり厳しいルートがあると書かれていたと思います。
写真で見ると鎖場とかすごいですね。
ひらさんはあちこちの山に登られてすごいですね!

※今度コメント蘭を再開しました。
お暇な時にでもブログ、覗いてください。 削除

2010/8/25(水) 午後 10:50 [ 花音 ] 返信する

顔アイコン

花音さん こんばんは。
石鎚山は紅葉の時期に行きたかったんですが、剣山だけで帰るのもしゃくだったんでズク(長野の方言です)出して石鎚ものぼってきました。厳しいところはやはりクサリ場ですかね〜、迂回路があるので無理に上ることはないんですが、ほぼ垂直に架かるクサリ場のスリル感にそそられてついつい上ってしまいました。笑

2010/8/26(木) 午後 6:55 ひらさん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事