ひらさんのHighトレッキング・ブログ版

小さな歩みでも歩き続ける限り前に進むことができるという言葉「常歩無限・なみあしむげん」を胸に68才相応の山歩きを楽しんでいます

全体表示

[ リスト ]

今年は甲斐駒・黒戸尾根&剱岳・早月尾根の日帰り(無理な場合は下山時の小屋泊を想定)プランを計画するも予定日を決める度に天候不順で中止の羽目に・・・(ノД`)
降雪のリスクを避けるにはこの10月初旬がラストチャンス!!
10月6日(日)を決行日(7日は小屋泊に備え代休確保)と決めたが、台風接近の影響で目的地も実行できるか否かも定まらないまま最終判断日の5日を迎えてしまう。
両山地域とも曇り予報だったが「剱岳は快晴の日」以外は考えられないので迷わず甲斐駒に決定!!
 
10月6日(日曜) 信仰の山・古の登山道黒戸尾根を歩く!!
前置きが長くなったが、甲斐駒・黒戸尾根を行き帰りともヘッデン利用で長時間の黒戸尾根歩きを伊藤さんと二人で楽しんできました♪
日曜日のせいか登山者が少なく行き会ったのは(正確には抜かれたのは・・・)12名程で大半がトレランの方々だった。
話を聞くと往復5−7時間位が所要タイムらしいが、我々が真似を出来る世界ではない事を自覚してマイペースで登る事に・・・
※それにしてもコースタイム通りの歩きなので、我々がオリエンテーリングにでれば間違いなく優勝を狙えそうだ(笑)
 
最後に・・・
毎回の事ながら今回も大手抜きのブログアップ、そこで借景ならぬ借ブログ&借解説の必殺裏技を御本人の許可なく用いてみました。(^O^)v
黒戸尾根の解説は
『2013年7月28−29日に登られたブロ友ゆうゆう隊』の記事を参考にして下さい。
★爺からのお願い・・・
手抜きだと怒らないで解説だけ読んだらこっちに戻ってきてちちょーだい (笑)
 
管理人ホームページ 2013.10.06
 

 
 
甲斐駒・黒戸尾根鳥瞰図/拡大可
イメージ 1
駐車場標高/770M 標高差/2197M 総歩行距離/22581M
 
拡大可
イメージ 2
駐車場標高/770M 標高差/2197M 総歩行距離/22581M
 
 
 
竹宇駒ヶ嶽神社・甲斐駒登山口駐車場(24時間トイレ)水は未確認・自販あり
10月とは思えない蒸し暑さで車内はサウナ状態に・・・(網戸を持参しなかったのが失敗だった)  
イメージ 13
イメージ 29
スマホはPCモードで地図の閲覧可
マップコード 167−725−896
 
 
竹宇駒ヶ嶽神社・甲斐駒登山口 
イメージ 24
 
 
尾白キャンプ場前(自販あり)を通過後、駒ヶ嶽神社で山行の安全祈願 
イメージ 30
 
 
定員5名の吊り橋を渡る 
イメージ 31
 
 
ヘッデン頼りに夜道を進む 
イメージ 32
 
 
AM5:00
2回目の休憩だが10月とは思えない蒸し暑さに伊藤さんのシャツが汗だくに・・・ 
この蒸し暑さとの戦いは七丈小屋テン場を通過するまで続くのであった〜!  (;´Д`)
イメージ 33
 
 
笹の平分岐点/山頂まで7時間の記載にアレ?アレ?
改めて地図確認したところ、所要時間9時間のところを8時間30分と思い込んでいた爺の凡ミスであった。 
イメージ 34
※伊藤さんは爺の凡ミスを最初からわかっていたようだが、ここで30分の差は問題ないとの読みで間違いの指摘はをしなかったとのこと。(改めて懐の深さを実感する場面であった)
 
 
 
蒸し暑さにもめげず頑張っている爺 
イメージ 35
 
 
刃渡り /個人的命名は、なんちゃって刃渡り (*^O^*) 
イメージ 3
 
 
なんちゃって刃渡りより階段が苦手の爺は、これから連続するこのような階段にギブアップ寸前であった・・・ 
イメージ 4
 
 
無理なことと知りつつも、階段ではなく全部クサリ場にしてくれれば嬉しいのに・・・ 
イメージ 5
 
 
刀利天狗の祠/なぜ甲斐駒にあるのか定かではないが・・・
「大昔、刀利天狗は日本の真ん中に富士山より高い山が欲しいと考えて、富士山の頭をちぎって御嶽山の頂に乗せようとした。ところが休んでいるうちに朝になってそのまま逃げ出したので、ちぎった富士山の頭は三笠山になった」 国際日本文化研究センターHPより抜粋 
イメージ 6
 
 
苔が美しい登山道 
イメージ 7
 
 
目指す甲斐駒はどれ?/拡大可
イメージ 8
 
 
南アルプススーパー林道が開通するまでは大賑わいだったらしい、五合目小屋跡 
イメージ 9
 
 
屏風岩/鞍部
黒戸尾根上にはこのような祠や多くの石仏が随所に祀られており信仰登山の一端を垣間見ることができる。
イメージ 10
 
 
これでもか! というくらい階段が多く、ここは爺泣かせのルートだぁ− (ToT)
イメージ 11
 
 
木橋/足元がスカスカで結構スリル感あり♪ 
イメージ 12
 
 
七丈小屋に到着(有料トイレ・有料水場あり) ※小屋営業期間情報は「これより下山」編参照 
イメージ 14
  
 
 
テント場を過ぎると極上の世界が・・・/拡大可
イメージ 15
 
 
石の鳥居が立っていた八合目御来迎場 
イメージ 16
 
 
甲斐駒本峰を最奧に視認する/拡大可
イメージ 17
 
 
巨石信仰の名残がこんな場所にも・・・ 
イメージ 18
 
 
右側の甲斐駒山頂に祠を視認/拡大可
イメージ 19
 
 
花崗岩のザレ道を登れば山頂が近い
イメージ 20
 
 
雲海に浮かぶ鳳凰三山オベリスク(地蔵岩)と富士山・その1/拡大可
イメージ 21
 
 
仙丈ヶ岳・山頂手前で撮影/拡大可
イメージ 22
 
 
甲斐駒ヶ岳 2967M  ^ー^)人(^ー^ イメージ 23
 
 
 
 
 これより下山編
 
 
雲海に浮かぶ鳳凰三山オベリスク(地蔵岩)と富士山・その2 
イメージ 25
 
 
 
PM 15:00 七丈小屋情報/拡大可
イメージ 36
 
 
PM 16:34
八ヶ岳主峰・赤岳(木の陰に先週登った権現岳も見える) ※刃渡りより撮影
イメージ 37
 
 
 
PM 17:35
日帰り登山は午後三時までに下山するという個人的ルールを破ってしまいましたが、明るい内に笹の平分岐点まで下りることができてホッとしました。
イメージ 26
 
 
PM 18:34
ヘッデン近辺に特大の蛾がバタつきうっとうしい (`Д´)
イメージ 27
 
 
PM 19:15
予定より15分遅れながら無事に下山 ※過去の狼少年状態から脱却できました(^O^)v
イメージ 28
おしまい
 
10/5(土曜)
長野発 21:00 〜 小淵沢IC下車 〜 竹宇駒ヶ岳神社・登山口駐車場(トイレ有り)着 23:10(車中泊)
10/6(日曜)
登山口・駐車場起床 2:30
登山口発 3:04 〜 尾白キャンプ場前 3:08 〜 駒ヶ嶽神社 3:12 〜 吊り橋 3:14 〜 休憩 4:00−10 〜 休憩 5:00−10 〜 笹の平分岐点 5:38 〜 休憩 5:54−6:05 〜 休憩 6:54−7:05
〜 刃渡り 7:18 〜 刀利天狗祠 7:42 〜 休憩 8:00−13 〜 五合目小屋跡 8:38 
休憩 8:56−9:05 〜 木橋 9:28 〜 七丈小屋(有料トイレ・水あり) 9:52−10:18
〜 テント場 10:24 〜 休憩 11:05−15 〜 八合目御来迎場 11:22−25
〜 駒ヶ嶽神社本社 12:39 〜 摩利支天分岐点 12:42 〜 甲斐駒ヶ岳山頂着 12:46−13:16
 
甲斐駒山頂発 13:16 〜 駒ヶ嶽神社本社 13:21 〜 八合目御来迎場 14:09 〜 テント場 14:34 
〜 七丈小屋 14:41−15:00 〜 木橋 15:17 〜 五合目小屋跡 15:39 〜 休憩 16:00−09 
〜 刀利天狗祠 16:21 〜 刃渡り 16:38 〜 笹の平分岐点(ヘッデン準備) 17:35−45
〜 吊り橋 19:04 〜 駒ヶ嶽神社 19:06 〜 駐車場着 19:15
 
立ち寄り温泉 
名水公園・尾白の湯 TEL 0551−35−2800
AM10:00〜PM 21:00 大人700円 泉質満足度 ★★★  
 

この記事に

閉じる コメント(34)

オォォー!!w(゚ロ゚)w黒戸日帰りとは!!
スゴ━━━(*゚∀゚*)━━━イ
縄文杉なんて・・・大変失礼こきました(;´・ω・`)ゞごめんなさい
これだけの時間、歩き続けられるってすごいですよぉ〜
ひらさん超人!!

2013/10/7(月) 午後 9:22 ぴろりん 返信する

顔アイコン

booさん 鬼脚なんてとんでもないです。
亀脚の文字打ち間違いですよ!
亀は亀なりに焦らずゆっくり登った結果だと思います。

booさんはじめ、ブロ友の皆さんだったらどんなにゆっくり歩いても五時発・三時下山ではないでしょうか。

仲間と行動するときは必死についていく爺の言葉を信じて下さ〜い。

2013/10/7(月) 午後 9:30 ひらさん 返信する

顔アイコン

タイトル見ただけで、驚いた!
どんだけの超ドM登山家なんでしょう?
二人そろって。

いやいやいや、普通のコースでもそれなりだったのに。
すばらしすぎます。

わずかの間に、山は秋になってますね。
お疲れ様でした。
本当にお疲れ様でした(笑)

2013/10/7(月) 午後 9:51 るびるび 返信する

こんばんは!
お疲れ様でした〜
紅葉が綺麗でしたね^^
記事を拝見するだけでも 足がすくむような光景があります
標高差2197Mとは 凄すぎます
「1000万円あげるから登って」と言われても無理です(笑)
ところで この日 私は富士山5合目にいましたよ
手を振っていたの わかりました?(笑々)
ナイス!

2013/10/7(月) 午後 10:49 nefertari 返信する

NOBUさん こんにちは。
延び延びになっていた黒戸尾根にやっと行くことができました。
メチャメチャくたびれましたが、お話しのように一歩一歩前進すれば今回のように山頂に立てるんですね。
前回はガスにやられましたが、今回は素晴らしい景色に大満足 \(^_^)/

2013/10/8(火) 午前 11:51 ひらさん 返信する

ぴろりんさん 縄文杉気に入っていますよ〜!!

天然記念物ならぬ天然ボケ爺ですかね〜(; ̄ー ̄A

日帰りが無理だったら小屋泊と決めて気楽に上れたのが結果オーライだったかもです。

ゆうゆうさんからお墨付きをいただいたので早月も頑張ってみます(笑)

2013/10/8(火) 午後 0:15 ひらさん 返信する

るびるびさん こんにちは

鞭ならぬストックでお互いの尻を叩きあってのぼってきましたよ〜(^o^)v

るびるびさんもドMクラブに入会いかがですか〜? なんちゃって!!

2013/10/8(火) 午後 0:45 ひらさん 返信する

ふくふくさん こんにちは

富士山から手を振ってくれてたのは ふくふくさんだったんですね〜〜!!
ありがとございまーす。(о´∀`о)

甲斐駒の紅葉は予定外のことでラッキーでした♪
ふくふくさんの富士山も紅葉が綺麗でしたね♪


>1000万
応援しますんで二人で山分けしましょう!!
これで老後は安泰だ〜(^o^)v

2013/10/8(火) 午後 0:58 ひらさん 返信する

顔アイコン

標高差2000m超
行動時間16時間超
ひらさん 凄すぎですよ。
ボクはテント泊でも無理です。
とにかくお疲れさまでした 削除

2013/10/8(火) 午後 5:57 [ かず ] 返信する

顔アイコン

ひらさん、ご無沙汰しております。
比高差2000mですか?超人というか鳥人になったんですね。
700mぐらいで心臓が飛び出しそうな小生には想像のつかない世界です。今後のご活躍期待してます。

全く関係ないのですが、ひらさんの美ヶ原入焼沢登山を参考に前人未到のおバカな城攻めを敢行しました(笑)

http://ranmaru99.blog83.fc2.com/blog-entry-477.html

生きて帰れて良かった・・(汗)

これからも色々と参考にさせていただきますので、ヨロシクお願いします。

2013/10/8(火) 午後 9:14 [ らんまる ] 返信する

かずさん おはようございます。
行くだけいってダメだったら引き返せばいいや!! こんな軽い気持ちで歩いたのがよかったのかもしれません。

2日たっても足がピキピキしています ((T_T))

2013/10/9(水) 午前 6:31 ひらさん 返信する

らんまるさん おはようございます。
ヘッパヘッパしながらの苦しみ登山でした。

うちらの登山に比べ、らんまるさんの取材山行は道なき道を歩く厳しいもので私にはとても真似ができません!!

焼沢の記事拝見しました。
あんな凄い場所へ行ったんですね!!
怪我をされたようですが、とにかく無事に下山されて良かったです。

2013/10/9(水) 午前 8:38 ひらさん 返信する

顔アイコン

ひらさん、すごいですね。登る山を決める時にいつも、6時間以上の山にひるんでしまうので16時間は想像を絶します。長く歩ける秘訣があればお聞きしたいものです。もしかしたら、一緒に歩く人でしょうか?10月は予定があって、もう山には行けないのが残念です。一番いい時なのに。

2013/10/9(水) 午後 4:45 [ もも ] 返信する

ももさん こんばんは。
遅いペースの私に合わせてくれた山友の気遣いと、ゆっくりでも一歩一歩上るってことだけでしょうか 。
上ってさえしまえば帰りは下るだけなので楽チンです(笑)


あとは去年 富士山一合目ソロ登山でも同じくらいの時間を歩いていたのでアクシデントが起きないかぎりは何とかなるさ!! って感じで歩いてきました。

>10月
紅葉の時期なのに残念ですね (ノ_・,)

2013/10/9(水) 午後 9:09 ひらさん 返信する

顔アイコン

ひらさ〜ん・こんばんは!

黒戸尾根の日帰りなんて考えられませんわ。。
小屋泊まりだって私達が行ったことは大荒れで最悪。。

こんな晴れた日に登りたいな〜
リベンジを考えて・・年月は過ぎていくばかりだわ。

2013/10/13(日) 午後 9:31 [ milk0109 ] 返信する

milkさん こんにちは。
reiさんと一緒に登った時のお話しですね…
私も北沢峠から登ったときはガスガスにやられましたが再チャレンジで雲海の大展望を見られて登った甲斐がありました♪
milkも是非再チャレンジを…

昨日は栗駒の紅葉狙いでしたがアラレが降るわ!! 強風で飛ばされそうになるわで、思い出深い山歩きをしてしまいました (о´∀`о)

長野に向け帰宅中です。

2013/10/14(月) 午後 0:02 ひらさん 返信する

顔アイコン

ひらさん、黒戸尾根の日帰り...凄すぎです。
私は黒戸尾根は毎年繰り越ししていて、まだ歩いた事がありません。
紅葉が綺麗だったんですね。 削除

2013/10/18(金) 午後 8:21 [ chiaki ] 返信する

顔アイコン

chiakiさん おはようございます。
山頂手前で爆死寸前でしたが仲間に助けられなんとかクリアできました。
山友達は7割くらいのコースタイムで登っているんですが、爺は亀足を武器にのんびりゆっくり登山でした(笑)

紅葉はあの場所だけで、視界が開けると同時に見る事ができました。「ここまで頑張ってきたね!」 と、お山からのご褒美だったのかも・・・(*^▽^*)

2013/10/20(日) 午前 10:50 ひらさん 返信する

ひらさん!
同じ時期に黒戸尾根歩いてきましたよ〜
私はとても日帰りで歩く力はないので2日かけて歩きました!
紅葉の具合もほぼ同じような感じがします
山頂からの景色も素晴らしい感動を貰いました。

2014/10/6(月) 午前 10:32 NOBU 返信する

顔アイコン

NOBUさん こんばんは
亀足爺のために気を使って頂きありがとうございます。
カテーテル術後のNOBUは以前にもまして超人的にパワーアップしたよね−と、ブロ友こうちさんと「噂話」をしていました。
クシャミの連発だったのでは・・・(笑)

2014/10/6(月) 午後 7:14 ひらさん 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事