翼の友〜プロフェッショナル パイロットを目指して〜

プロフェッショナルパイロットを目指す。海外ライセンスをとる。パイロット訓練に興味がある。そんな人のためのブログを目指してます。

おすすめホームページ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

イメージ 1

 総務省消防庁のデータに「消防防災ヘリコプターの操縦士に係る採用条件の変遷について」という資料がありました。
 約30年前くらいからの募集資格の変遷について、まとめてあります。
 過去にどの地域の消防局航空隊が、どれくらいの採用規模で、どういった応募資格で募集していたのかが、よく分かる面白い資料になっています。

 ざっくりと見ていて気が付くのは、
・ 型式限定が求められていた厳しい応募条件が、多発限定・単発限定のみになり応募の門戸が広がっている自治体が多い。
・平成20年度以降は公募のペースが上がっている。
という所です。

 いわゆる経験豊富な団塊世代のヘリコプターパイロットの定年退職が相次ぎ、経験値のあるパイロットを採用するのが難しくなりつつある状況なのだと思います。

 消防・防災航空隊への就職を考えられているヘリコプターパイロットの方は、ぜひ一度ご覧ください。


開く コメント(0)

イメージ 1

 現在のところ、エアライン・パイロットになる主な道筋として以下の場合が考えられます。
① 大学卒業後、自社養成を行っている航空会社に訓練生として入社する。
② 大学2回生終了時〜卒業後、航空大学校で訓練し、その後、航空会社に入る。
③ 大学(東海、崇城、法政、桜美林等)の操縦課程を卒業して航空会社に入る。
④ 国内のフライトスクールで資格をとって、航空会社に入る。
 
 では、それぞれの場合、どれぐらいの費用がかかるのか?
 具体的なシミュレーションを行って解説しているのが上記のホームページです。
 訓練に必要な費用を見積もる上で、役立つ情報が掲載されています。

 特に③④は、かなり高額な訓練費用がかかります。しかしながら、国が航空会社から出資を募って、パイロット学生のための奨学金制度(給付型)を設けるといった話もあります。
イメージ 2
 
 情熱のある色々な方に門戸が開かれる事が望まれます。


開く コメント(0)


 ネットで国土交通省航空局が作成した「乗員政策等検討合同小委員会とりまとめ」という資料を見つけました。
 航空大学校や私大操縦学科の授業料や、今後の操縦士の需要の予測などが根拠ある数字でまとめられています。
 「管理する側」の視点で作られている資料ではありますが、わかり易い内容となっています。
 パイロット訓練や、将来のパイロット需要について興味のある方は、ぜひご一読下さい。

開く コメント(2)

イメージ 1
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141207-00014033-president-bus_all&p=1

 プロ棋士の羽生善治氏が40代になった現在、力を発揮する方法について、自論を述べておられます。
 将棋だけでなく、様々な分野でも通じる含蓄があるように思いますので、ちょっと紹介させて頂きます。

−−−−−−−−−−−−−−(記事抜粋)−−−−−−−−−−−−−−
衝撃の7大タイトル全制覇からすでに18年、変わらぬ強さで、棋界の「顔」であり続ける43歳。その天才が「この先、重要視される能力」を磨くべく心がける、一見ありふれた習慣とは──? 

■「こうすればうまくいかない」と知っている

 勉強といっても、私たち棋士にとっては、実戦の中から得るものがやはり大きいですね。新しいアイデアや発想のヒントを実戦から得て、それを日常の練習の中で掘り下げ、全体的な理解を深めていきます。

 着手を考える際も、40代半ばの今は、20代、30代の頃とは変わってきました。最初に局面全体の方向性を大ざっぱに、感覚的にとらえて、そこから細かいところをロジックで詰めていくというプロセスじたいは以前とあまり変わりませんが、局面全体をとらえるところに力を傾ける比率が、以前に比べて上がっています。

 最初から細かいところにこだわって理詰めで追っていくと、効率が悪い。指し手を読んでいって、この筋はだめだとわかったら、おおもとに立ち返るわけですが、それを繰り返していたのでは、時間と体力の消耗が大きいし、的外れなところにとらわれて考え込むこともあります。

 それよりも、最初の段階である程度「こういう方向性でいこう」とか「とりあえずはこの手で」というのを決め、ポイントを絞ってそこに集中する。つまり「見切りをつける」ということですが、これまでの経験の積み重ねがあって、それができるようになったのだと自分では思っています。

 よく「経験知を活かす」といわれますが、それは経験してきたことが「そのまま活かせる」ということではないと思います。世の中も、自分を取り巻く情勢も変わりますから。

 「経験知を活かす」とは、経験から得たさまざまな選択肢の中から、目の前にある問題やテーマに対して、何が一番いいアプローチの方法なのかを選んでいくことだと思います。

 勝負の世界では、ベストだと思う手法が通じるかどうかは、常に皆目わからないものなんです。ただ、この場面でこのやり方は通じないとか、この手はあまりよくないだろう、という当たりはつきます。

 経験知が活きるのは、そういう場面での対処ではないでしょうか。つまり「こうすればうまくいく」というより「これをやったらうまくいかない」ということを、いかにたくさん知っているかが大切であるような気がします。

 いろいろある選択肢の中から、何を捨てていくか。取捨選択の捨てるほうを見極める目が、経験知で磨かれるのだと思うのです。

 たとえていえば、経験によって羅針盤の精度がだんだん上がっていくイメージですね。自分の中に、正確な羅針盤はないのかもしれない。けれど、無駄なことやだめだったこと、遠回りをした経験の積み重ねがあって、方向性を見誤ることが少なくなってくる。こっちへいくより、あっちのほうがより確実ということが、経験知が上がるにつれて比例して上がっていくのだと感じています。

■未知の局面に出合ったときの対応力

 でも、実戦において経験知のある年配棋士が、若い世代の棋士に対して優位かというと、そうともいいきれません。たとえば、20代の私と、40代の今の私が対局したとして、勝つ自信があるかといえば、それなりにいい勝負になるでしょうけれど(笑)、何ともいえません。

 若い人には体力も、記憶力もあり、勢いもありますし、冒険ができます。経験知がないぶん、いわば「いいとこ取り」の戦術がとれるわけです。

 対して40代の私は、経験知があるぶん、いろいろな選択肢を持ってはいるのですが、それを対局の場でうまくまとめきれるかという問題が出てきます

 ですから、経験知が活かせる局面に立てるか、あるいは経験知を活かせるような局面をつくり出せるかが勝敗のカギになります。

 もっとも、激しい社会の変化と同様に、将棋の世界も、本当に最先端のところではものすごい勢いで変化していて、そこをちゃんとフォローするだけでも、かなりの時間と労力を必要としています。

 新しい手が編み出されて、それが流行ったかと思うと、すぐに研究し尽くされてしまうという現象が、この15年ほどの間に目立つようになりました。その背景には、やはり情報技術(IT)の発達があります。私がプロになった頃は、棋譜は自分で手書きしていましたし、日本将棋連盟から棋譜をもらうときも、まだ青焼きのコピーでした。

 しかし、今は棋譜のデータベースがあるし、携帯やネットで中継も見られますから、昔はプロ棋士の間でだけ知られているような定跡は実戦の中でしか学べませんでしたが、今の若い棋士たちはプロになる以前にそれを身につけています。「知って学ぶ」環境については、今のほうが圧倒的に恵まれているし、全体のレベルも格段に高くなっています。

 一方で、大量の情報に触れる機会が多いということは、自分の頭で考え、課題を解決していく時間が少なくなっていくことでもあるので、そこが少し気になります。未知の局面に出合ったときの対応力は、今の若い棋士たちは先輩たちより少し下がっているような気がするのです。

 これは将棋に限ったことではないかもしれません。たとえば、車を高速道路で猛スピードで走らせると、視野が狭くなり、周りの景色がよく見えなくなりますね。

 ITにも似たところがあって、ものごとを素早く処理できますが、途中のプロセスが省かれて見えなくなります。将棋が強くなっていくプロセスは、いかに考えずに指せる手を増やしていくかだといえますが、半面、考えずに省略してきた部分の中に新たな可能性があるということは当然といえば当然。建築物が基礎から築かれていくように、どういうプロセスを経て結果が組み上がってきたのかを知るのはとても大切です。

 私たちはアナログで育った世代ですから、基礎や土台のつくり方を見ていますし、大変な労力と時間を使って自身でつくってきているわけです。それはある意味で、私たちの世代の強みかもしれません。

 とすれば、今の自分がどういうプロセスでここにいるのかとか、過去の何が今の自分の成果につながっているのか、といったことを再検証してみるのも、今後の自分を考えるうえで有効な勉強の一つになるのではないでしょうか。

■コンピュータとプロ棋士の勝敗にあまり意味はない

 若手と40代の特質の違いとは別に、話題のコンピュータ将棋について触れましょう。今年、電王戦でプロ棋士が負け越したことについてよく聞かれますが、勝敗そのものにはあまり意味はないと思っています。

 コンピュータ将棋は過去の膨大な棋譜をベースとしていて、1秒間に何百万回という計算力は人間には絶対真似できませんが、人間ならばまずこうは指さないという手をしばしば提示します。それはいい換えれば、人間の思考の死角、盲点を突いているわけです。そこを掘り下げることで新しいものが出てくることもあるでしょう。実際、棋界ではすでにそれが起こっています。

 そもそも人間同士の対局が、コンピュータ将棋のような指し回しにならないのは、多分に心理的な要素が働いているからです。コンピュータ将棋のように、その瞬間瞬間に対応しているのではなく、互いにこう指したいという大局的な意図が先にあるから、そこに駆け引きの妙味も生まれてくるわけです。

 しかし、通常の人間の心理から少し外れた将棋ソフトならこの局面をどう判断し、どんな手を繰り出すのか。そうした突拍子もない一手を、人間的な思考プロセスで再現するにはどうしたらいいか――コンピュータ将棋はそういった“貴重な意見”を提示する存在として、今後の将棋界に影響を及ぼしていくでしょう。

■「羅針盤の利かない」状況にわざと身を置く

 40代は、自分がこれまで蓄積してきたことを、具現化していくのにとてもいい時期だと思います。

 よくいわれるのですが、私たちの世代が生きてきたこの20年から30年、社会はそれ以前の100年よりもはるかに大きな変化を遂げてきています。そこにはある種の必然性があるのだと思いますが、今の延長上に何があるのか、何をしたいかを、自分の中でどう思い描いていくか。それを問われるのがこの40代の時期だと思うのです。

 迷いもするし、きっぱりと割り切れないことも多い。私の場合、いろんな仕事の依頼がきますが、どれに重きを置けばいいのかなと思い悩むときがあります。本をたくさん書いたほうがいいのかな、とか、将棋をもうちょっと一生懸命やらなきゃいけないのかな(笑)とか。でも、先行きを心配しても仕方がないという諦観もあります。ただ、折々に判断を下すときに、私は人間が本来持っている「野性の勘」を大切にしたいと思っています。

 将棋では、過去に習い覚えたことがまったく役に立たない場面がしばしばあります。羅針盤が利かない状態が起こるのです。そうなると勘に頼るしかないのですが、世の中が便利になり、生活が快適になるほど、その勘は鈍っていくように思われます。ですから、勘を磨く習慣やトレーニングが必要だと思います。何をするかというと、「羅針盤の利かない」状況にわざと身を置くことです。

 それほど大げさなことではありません。たとえば私は、初めて訪れる待ち合わせ場所などには、しばしば地図を持たずに行きます。住所だけを頼りに、頑張って考えたり、人に聞いたりしてこっちかな、あの道だなと勘を働かせながら歩くのです。昔はそうするのが必然でしたが、今はそういう機会は意識的につくらないとなかなかありませんね。

 過去の経験や土地勘のないところでも目指すポイントを見つけ出せる、新たな違うことを生み出せるこうした能力がこの先重要視されるのかもしれません。ここは将棋がこの先どう変わっていくかについての一番のポイントだと思っていますが、将棋に限ったことではないかもしれませんね。

----------
羽生 善治
1970年、埼玉県所沢市生まれ。85年、史上3人目の中学生棋士としてプロデビュー。89年、初タイトル(竜王)獲得。96年、王将位を獲得し、名人、竜王、棋聖、王位、棋王、王座と併せて史上初の7冠獲得。2012年、通算獲得タイトル数で歴代単独1位。竜王を除く6大タイトル、NHK杯の計7つで永世称号の資格を持つ。『40歳からの適応力』ほか著書多数。
----------

−−−−−−−−−−−−−−(抜粋終了)−−−−−−−−−−−−−−


開く コメント(6)

イメージ 1
http://matome.naver.jp/odai/2139100403841688101?&page=1

 パイロットの仕事の面白さ、そして厳しさについて、色々とまとめてあるHPです。
 表題は挑発的!?ですが、内容については一部を除いて、このHPに書かれている事は真実だと思います。
 パイロットとしての研鑽を積む上で、またはパイロットを目指す上で、重要なヒントがあるかもしれません。

 前半よりも、後半に方にいい事が書かれています。

「飛んで当たり前、無事に着陸して当たり前という、当たり前が求められる仕事のなかでどこにやりがいを見出すかというと、いかに理想のフライトに近づけるかという点」

一人前の機長になってからでも単に業務の反復だけでなく、目標を高く持って理想とするフライトを定年まで探究し続けることこそがプロフェッショナル・パイロットの条件と言えるものである。

ランディングなんていきなりできないよ。何キロも離れたところから滑走路の一点に向かって、一定の降下角でおりていくんだ。まずできないね。
だから、素直さが必要だ。素直に、学ぶんだ。できないことをできるようになるために、本気で学ぶ。

「命に関わる」というあまりに大きな緊張感は時に重くのしかかってきますが、その分、毎回安全にフライトが終わるたびに大きな達成感が感じられます。これほど大きな緊張感と達成感が毎日感じられる仕事はそれほどないかもしれません。

開く コメント(4)

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事