テイスティングコメント

すべて表示

Cotes du Rhone les Garrigues / Dom.dela Janasse

イメージ 1
 
コート・デュ・ローヌ銘柄が数多ある今、最もコストパフォーマンスに長けているのはジャナスのテッレ・ダルジールと言う銘柄である。価格は3,000円を下回るはずだ。通常のジャナスのコート・デュ・ローヌとは一線を画する独立した畑からのワインである。セパージュ比率が如何にも挑戦的でグルナッシュ、シラー、ムルヴェドルをほぼ均等にブレンドする。
これが何を意味するかはローヌフリークの諸兄には充分お分かりだろう。適度な熟成を待って飲むべきワインである、と言う主張に他ならない。これだけでもジャナスのローヌワインに於ける製作者のプライドが伺えるのだが残念ながら飲み手には充分その意図は伝わってはいないのだろう。
さらにこのクリュに於けるヴィエイユ・ヴィーニュのグルナッシュのみで醸造されるガリーグなる銘柄もリリースしている所が真骨頂であると言えよう。何故か。
元々サボン一族の系譜を持つジャナスはグルナッシュにワインの醸造の根本を置く所謂グルナッシュ派なのだ。イーブンセパージュのワインに挑戦したりはするがやはりグルナッシュの素晴らしさを追求する姿勢がジャナス本来の立ち位置なのであろう。このガリーグを飲めばシャトーヌフのプライドが良く理解できる。
今入手出来るのは2015年ものだ。作柄が平凡な年にはリリースをしない。グルナッシュ70%シラー30%という当地の黄金比率にさえ抗う姿勢は凄いと思う。美味しいんだから文句の出ようがないだろうね。

その他の最新記事

すべて表示

2016年現在のRAYAS銘柄の価...

2016/4/5(火) 午前 0:39

ラヤス銘柄の高騰が酷い、とこのブログでは再三述べている。一昨年にCave de Oyaji店頭でラヤスのバックビンテージを販売した際の価格と最新のラヤスの諸々のワインの上代価格を比較するとその違いは歴然、と言うか馬鹿馬鹿しいほどの差異である。 2007年シャトーヌフ・デュ・パプ ¥48,000 ピニャン ¥26,000 フォンサレット ¥16 ...すべて表示すべて表示

ワインのスタイル考40「Chate...

2016/4/5(火) 午前 0:24

ラヤスやボーカステル、アンリ・ボノーなんて皆追いかけるがそれは本当の意味でスペシャル・キュベの範疇であってそうそうお気軽に楽しむ性格の銘柄では無いだろう。 ローヌのワインを十二分に楽しむ事を目指すならばスタンダードなCNDPを10年ほど寝かせて飲むのが最も安上がりでもありお気軽な手法なんだけどね。皆、市場に出てくるとさっさと飲んじゃうでしょ?それが間違 ...すべて表示すべて表示

シダンゴ山トレッキング

2015/1/5(月) 午前 1:56

年末、それもクリスマス直前の天皇誕生日が余りに 良い 天候で丹沢山系のシダンゴ山を尾根つたいに縦 走して来た。 小田急線の新松田駅で下車、路線バスで寄(やどりぎ)行の終点まで30分程である。此処には登山路を印刷したパンフレットが入手出来るビジターセンターもある。 要注意なのがトイレでシダンゴ山のハイキングコー ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事