平吉毅州ファンブログ【YUAの心】

さあ 両腕を翼に 飛び立とう あの鳥たちのように 飛び立とう

全体表示

[ リスト ]

高麗川によせて

ヒガンバナの季節も、もう終わりです。
ヒガンバナで思い浮かぶのは、埼玉県日高市にある「巾着田」(きんちゃくだ)です。高麗川(こまがわ)という川が、まるで巾着のような形に曲がって流れていて、その中にヒガンバナの大群落があるのです。
その様がでてくるオリジナルソング『高麗川によせて』(キーはG、6/8拍子)を、20年ほど前に作っています。その翌年、ヒガンバナの季節に巾着田の特集と、その反響とともにの歌が、読売新聞朝刊の地域版で紹介されました。



『高麗川によせて』
 
 
武蔵野の 面影は
今もなお 色濃く残り
春は レンゲ 菜の花
秋には 燃ゆる彼岸花
移りゆく季節の 巾着田

※川よ……
優しさと懐かしさ 響かせながら
流れ流れて どこへゆく
清らかに 穏やかに
ふるさと うるおす
永久(とこしえ)の せせらぎ
 
 
高句麗人 ゆかりの土地
いにしえの歴史 はぐくみ
緑の風は 今日も
横手の川原に 光りて
陽だまりで釣り人は たたずむ
 
川よ……
遥かなる恵みさえ 心に宿し
流れ流れて どこへゆく
ひそやかに 緩やかに
大地 思いやる
果てしない せせらぎ
 
※くり返し


 
                                                                          作詞・作曲:YUA
                                                                     1992
6月作品


イメージ 1
これは、YUAが植えた実家のヒガンバナです。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

YUAさん
素敵な記事のトラックバックをありがとうございます。

新聞にも紹介されてきっと素敵なメロディなのでしょう
YUAさんの財産ですね

ご実家の彼岸花も、今頃綺麗に咲いてる頃でしょうか

2016/9/19(月) 午後 8:57 [ 林檎 ] 返信する

> 林檎さん
当時は「ラヴ・イズ・オーヴァー」の作詞作曲者の伊藤薫氏に師事していて、一曲作るごとに命を注いでいた気がします

近所では、蕾が出て咲き始めてきたところです。
巾着田は、連日の混雑でピークを過ぎつつあるとニュースで伝えていました。

2016/9/19(月) 午後 11:45 YUA 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事