【YUAの心】

2019年は、池袋サンシャインシティのレポートを中心にお届けしました

全体表示

[ リスト ]

『ふんすい』について

『ふんすい』はCD化されつつも、おそらく一番知られていない平吉楽曲です。
しかし、自分にとって、この曲を外すことは絶対にできません。
(こおろぎ’73スーパー.ベスト COCX-33760 に収録)
もし、この曲が存在しなかったら、私が私でなかったのではないかと思うほどです。
詳しくは→循環する水〜ふんすい〜http://blogs.yahoo.co.jp/milestone78_0628/37770251.html

『ふんすい』「まんがこども文庫」というMBS系で放映されていたアニメーション作品の、8月限定のエンディング主題歌でした。1979年の8月の金曜日は5回あったとはいえ、この歌が流れたのはたった5回だったということにもなります。
同じ時期に、私は初めてテレビ出演し「噴水ひろば」というオリジナルソングを弾き語りで歌ったのでした
関連記事: http://blogs.yahoo.co.jp/milestone78_0628/37294163.html

〜同じ時期に、同じモチーフの歌がテレビで流れた〜  このことが何を意味するのか…その答えが、今こうしてブログというものを、続けているということなのかもしれません。関連記事:半月の夜
http://blogs.yahoo.co.jp/milestone78_0628/37359164.html
『ふんすい』
作詩:三井ふたばこ   作曲:平吉毅州   編曲:青木 望
歌:こおろぎ’73

まんがこども文庫 「今月の歌」より 8月の歌


せみがジンジン  ないている
とってもあつい  まちのなか
ふんすいが白い  てをあげる
まぶしい顔を  ひからせて
あんなにぼくらを  呼んでいる

せんこう花火も  たきました
あついお部屋で  ねむるとき
ふんすいだけは  ねむらない
そっとすずしい  音たてて
ぼくらの夢を  ひやすでしょう





この『ふんすい』は、編曲されていますので、どこまでが平吉さんの作品かが分からないのですが、メロディーラインとコードまであたりでないかと推測されます。
編曲は青木望さんで、私はアニメーション「銀河鉄道999」のTVシリーズの音楽担当というぐらいしか存じあげていませんが、その999のBGMをベースに、かつて
「渡り鳥」という曲を作ったことがあり(歌詞はついていない)息子がヴァイオリンの発表会で弾いてくれたこともありました。

アレンジはジャズでよくある「スウィング」といわれるもので、いわゆる符点のリズムです。それが噴水の水の飛び散る様を表していると思われ、その符点リズムと♪せみがジンジン ないている  とってもあつい まちのなか〜レガート♪ふんすいが白い
てをあげる〜
が交互に出てくるので「元祖・スタレガ」ともいえます。スタレガ…というのはスタッカートとレガートのことで『スタレガ・ラプソディ』はこどものためのピアノ曲集「南の風」収録の人気曲です。
私だけかもしれませんが、「夏」をテーマにしているのと、下降する音から始まるところが、どこか『夏の夜のハバネラ』につながる要素があるようにも感じます。もしかしたら作曲された時期が近いのかもしれません。
後奏で印象的な和音が♪ジャ〜ンと入り、これがまさにピアノ曲などによく使われている平吉和音(造語です・笑)で、短いながらも平吉エッセンス(これも造語)が凝縮された歌といえそうです。

三井ふたばこさんは、「青い山脈」などの作詞で有名な西條八十さんの娘さんで、幻想的な詩を多く作られたそうですが、この『ふんすい』で特徴的なのは、噴水という人工物の擬人化なのではないでしょうか。
♪てをあげる〜  ♪ねむらない〜…それによって噴水をより身近に感じられるわけです。重要なのは2番で、夏の風物詩、線香花火のはじける火花が、火と相反する
「水」、すぐ終わってしまう儚い花火に対して、半永久的に流れつづける噴水、この対比が心に残り、夢の中にまで水音が聞こえてくるようです。

イメージ 1
画像提供:舎人はぐる さん


閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事