平吉毅州ファンブログ【YUAの心】

夜になっても ずっと水平線は明るさを ほのかにそっと 残している

青い花 シリーズ

[ リスト | 詳細 ]

特に気に入っている「青い花」をシリーズ化しました。
記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

これは昨年、買ったもの。冬を越して今年も無事に咲いてくれて本当によかった!

一見、同じ科の(ゴマノハグサ科はオオバコ科に分類が変わったそうです)雑草のオオイヌノフグリ(これって、とんでもないネーミングではある!)にも似ていますが、葉も細かく繊細で、もっと澄んだブルーです。

ベロニカというと、トラノオ型というか、長い穂のような花の方が一般的かもしれませんが、この花も同じ「ベロニカ」の仲間です。グランドカバーや寄せ植えでとても重宝する花でもありますね。
イメージ 1

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

インドアプランツの帝王?「セントポーリア」を衝動買い!安かった(笑)
これは半八重咲きだけれど、そのほうが花が長く楽しめるのよね。あとは一重咲きばかりだった。

まだ、若かりしころ、かなりセントポーリアにハマったものです。
ただ、結構手間はかかった。バラほどではないけれど…
今でも、新宿・京王デパートの上に、専用売り場はあるのだろうか?
まあ、いざとなったら、オザキフラワーパークに行こうっと。用品はそろっていた記憶がある。

用土は必ず、アルカリ性。ピートモスは酸性だからph調節が大変だった。
ブレンドされた用土も売っていたけれど、高価だから自分で調合して作った。
ビーナスライトやパーライト、バーミキュライト、ミリオンを絶妙に調合。
肥料はおなじみ、マグアンプK。咲いてくれた時は嬉しかったな〜!

また、このかわいらしい鉢花を観葉植物などと一緒に、愛でて栽培したいと思った。

イメージ 1

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

このエゾエンゴサク(Corydalis ambigua は、早春の青い花の中で、特に気に入っているもの。やっと、これでもやっと咲いてくれた。

花色に個体差があるとのことだけれど、これはあまり青が濃くないな〜。紫に近い。あと2株ほどあるはずだから、コバルトブルー系の花だといいな。っていうか、花芽があればだけれど…
このように少々、気難しい草花は、私は買ったときのポット植えのままです。
なぜなら、別の鉢に植え替えるときに根や芽を傷つけてしまうと、それが致命傷になることがあるからです。だから多少は見ばえが悪くてもこのまま数年大事に育て、株が安定してきたら植え替えようと思います。(撮影場所:自宅屋上温室)

イメージ 1

イメージ 2
追加。これは同じ株ですが、時間がたつと少し青みが増したような…!

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(1)

青い花シリーズ、続きます!より濃い青の、シラー・シベリカScilla sibericaです。
こちらのほうが、よくある青なのでインパクトは少ないかも。

それこそヒアシンスのミニチュアって感じですし。前回の、プシュキニア・スキロイデスにも似ていますが、決して色違いではなく、属が違う別の植物ですが、原産地はかぶるようです。コーカサス地方〜ヨーロッパ南東部。
そしてプシュキア属よりは、栽培は易しいとのことですね。
                                      撮影場所:自宅屋上温室
イメージ 1

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

とても小さな球根植物プシュキニア・スキロイデスPuschkinia scilloidesです。
ホームセンターで購入してしまいました!

この名称が正しいようですが、市販名はほとんどがプシュキニア・リバノチカで、出まわっているらしい。なんとも、ありがちな話ですが…
ヒヤシンスを小型にしたような、チオノドクサにもよく似た、かわいい球根です。
早春に咲く青い花は、貴重かもしれません。
来年も咲きそろってくれることを、ただただ、祈っています。

イメージ 1

撮影場所:自宅屋上温室

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事