【YUAの心】

悲しみの歴史を秘めて 祈るような夕焼け

猫エッセイ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全11ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

同じような猫がいる

いつもいる猫。キジトラのブチ。
かつて、常にいた「クロピン」や「ぶち」くんは、もういない。きっともうこの世にはいないと思う。
クロピンの子どもたちも、いなくなった。飼われていないニャンコたちは、いつかはいなくなってしまうのは悲しい。
(※過去記事は右上の「猫エッセイ」のタグで😺)

それでも、また、似たようなニャンがうちのそばにいる。なんか変だと思っていたら、もう一匹、同じような猫がいた。

イメージ 1

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

暑い日の猫

東京・谷中は、お寺がとても多く、JR日暮里(にっぽり)駅界隈には150位があり、隣り合っていたりもう、お寺だらけです!

そして、猫もまた多いです。至るところにいて、地元のかたに可愛がられているようですが、さすがに最近はこの暑さで猫の姿もまばら。
そんな中で、お寺の塀に、溶けるようにして寛いでいました。
イメージ 1

この記事に

開く トラックバック(0)

近所のニャン

最近、わがもの顔でうちの庭によくいるのでした。
このニャンは、以前に紹介した「ぶちくん」ではありません。ぶちくんは、いつのまにか、姿を現さなくなりました。

同じような猫で、なんと三匹目になります。みんな男の子で、見た目もそっくり、でも血がつながってるのか、いないのかは分からず…
ただ、どのニャンも、まるで自分の縄張りのように、うちの庭に遊びに来ているのです。

イメージ 1

この記事に

開く トラックバック(0)

通りがかりの動物病院

二匹のニャンが寝ていた。仲よさそうだった。里親募集中とのこと。別々にもらわれていったら、離れ離れになってしまうのだな…なんて思った。
そして、このような猫ちゃんを見ると、ああ、また猫と暮らしたい、なんて思ってしまう私なのでした。

イメージ 1

この記事に

開く トラックバック(0)

ブロック塀の上の猫

始めは二匹いて、すごーくかわいかったのだけど、一匹は逃げてしまったのです。
玄関先には、休むための箱がいくつも、きっと猫の数だけ置いてありました。
分かりづらいけど、女の子の三毛ちゃんです!
イメージ 1

イメージ 2

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全11ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事