平吉毅州ファンブログ【YUAの心】

夜になっても ずっと水平線は明るさを ほのかにそっと 残している

ツユクサ研究所

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

お気に入りのツユクサ

屋上で育てている、ニホンツユクサの中で、自然交配してできたものでは、一番気に入っているのが、この「薄紫ボカシにフリル」の花です。
初めてこの色の花が咲いているのを見つけたときは、感動したな!
とても上品で、エレガントな色合いだと思ったよ。

イメージ 1

イメージ 2

この記事に

開く トラックバック(0)

少し涼しくなってくると、屋上で栽培している「ニホンツユクサ」の花色変わりの変種が、次々と咲いてきます。
初めは、大型で青色の「オオボウシバナ」と数種類の薄紫と白地に青のぼかしの野生種だけでした。
それらが、自然交配してここまでになりました。

イメージ 1

この記事に

開く トラックバック(0)

今年も、朝の涼しい時間帯にニホンツユクサの、また青とは違ったエレガントな色の花が、咲きはじめました!
薄紫に、ツートンカラーに、覆輪ボカシです。

曇りの日でないと、なかなかきれいに本来の色が撮れないのが、残念。 

イメージ 1

  

イメージ 2

イメージ 3

この記事に

開く トラックバック(0)

外国産のツユクサのなかには、葉が厚くなり、多肉植物として扱われているものがあります。

私は、ニホンツユクサだけではなく、そのようなツユクサも栽培しています。
外国産は丈夫な種類が多いですが、寒さに弱い種類もあるので、冬場は気が抜けません。ちなみに花は、ニホンツユクサと違って花弁は3枚です。
目立たない小さな花です。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

うちの屋上で自然にまかせて栽培している「ニホンツユクサ」ですが、通常の青とは花の色が違う変種を、栽培・保存しています。

もともと、大型な青花種と、白地に青のぼかしの野生種をいただき、近所で見つけた薄紫種と白花種を栽培していましたが、現在では大型種と自然交配して、フリルのある園芸的に価値のある個体も出てきました。
ただし、一年草なので、毎年種を蒔かなくはなりません。いや、かえって人工交配したり採り蒔きしたりするとうまくいかないので、自然にこぼれ種にまかせている感じです。
(昨年以前の画像は「ツユクサ研究所」の書庫です!)
イメージ 1

イメージ 2

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事