ここから本文です
法律脳
祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり・・・ひとへに風の前の塵に同じ。

書庫全体表示

イメージ 1

  
  「故郷・・・進路は何処」

  昭和19年に私は中学を卒業(正確には四学年修了)することになりましたが、
 その時期には丁度、東大生等の文科系の学生の学徒出陣がありました。
 この時の明治神宮での行進は今でも時々テレビ等で写し出されています。
 先生方は我々に対し、これから文科系に進むと学徒出陣の対象となると言い、
 理科系に進むことを勧めていました。

  また、東京は危ないから地方の学校に進むのが安全であると強調していました。
 親心と思います。一方、同級生の中では海兵,陸士に行く人も大勢いました。
 私も軍人にあこがれていましたが、軍人になるには身長5尺5寸(約165cm)で、 裸眼1.2で、かつ難しい試験に合格しなければなりませんでした。

  勉強の方はともかくして身体の条件に当て嵌まらず断念せざるを得ませんでした。
 前記の先生の進めもあり、卑怯と思いましたが故郷の工科系の高等学校に進みました。

  自分が理系なのか文系なのかを考えることなく
 以後の進む道を決めてしまいましたことを後悔しておりますが、
 これも私に定められた運命の分岐点の1つだとあきらめています。
 この時代に自分の意志をもって自分の望む道に進んだ友人に対して
 尊敬の念を今でも持っています。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事