ここから本文です
法律脳
祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり・・・ひとへに風の前の塵に同じ。

書庫全体表示

イメージ 1

 「無条件降伏}

 
 10月になると学校から登校してよいとの通知が来て、
私達は再び学窓に戻ることができました。

 動員中は、学校で勉強することがもう出来ないと誰しもが口には出しませんでしたが
思っており、一方、その学窓における平和の日々の再来を心の中では
強く願っていたことは事実でした。

 登校の喜びはまだ若かった私達には夢が舞い戻って来た感じで一生懸命勉強しました。この喜びは今でも決して忘れませんし、
この喜びを与えてくれた国家に感謝をしなければならないのではないかとも思いますが、どうも割り切れない気持があることは私だけではないと思っています。

 私はその辺の所を深く追求しておりませんが、恐らく昭和20年8月15日の降伏選択に関する色々の書物が有ると思いますが、今でもそれをひもどく気持にはなれません。
 

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事