ここから本文です
法律脳
祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり・・・ひとへに風の前の塵に同じ。

書庫全体表示

イメージ 1

“特許法の目的の再認識”

 ここで特許法の存在意義についての私見を述べて見たいと思います。なお、以下の内容は大企業の意識しているものではなく、私の関係対象の中小企業や個人を頭に入れた形のものであり、その域を出ないものであることを御理解して戴き度く思います。

 我々が新しいと思われる物や方法を考え出した時、これを自分自身のみで温めておくこともあると思いますが、新しい物や方法の発明を世の中に出して見たいと思うのが普通でしよう。

 この場合、大金を得るとか名誉を得るとか、世の中への貢献のためとか色々と個人によって相違する処置が取られると思いますが、一般にはとにかく独占権を得たいと思う人が多いと思います。

 そのため、特許等の出願をして特許権と言う独占権を取得する処置がとられると思います。特許法としてはこの独占権を得るために色々の必要要件を定めています。そのため、特許法は発明者に独占権を与えることを大きな目的としているように思いますが、これは全く違うと私は思います。
 
 特許法の目的はその法律の第1条にありますように産業上の発展に寄与するためのものであり、個人にのみメリットを与えるものでは決してありません。この基本的な考え方をしっかりともっていないと独占権のみが強調され、やたらに特許権侵害等のトラブルを招くことになります。

 更に、その権利をなるべく他の人が使用できないように特許請求の範囲の内容を詳細に検討し、洩れのない請求範囲を作り出すことに汲々とする結果を招くことになります。このことは我が国のみが例外でなく、恐らく各国とも前記のような考え方が多くあると思われます。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事