ここから本文です
法律脳
祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり・・・ひとへに風の前の塵に同じ。

書庫全体表示

イメージ 1

 一方、特許法をある程度理解されている人々の中には出願するとその内容が公開され他人に特許の内容がわかり折角お金と努力をかけて特許出願しても皆に知られて公知のものとなり、権利取得まではその発明を自由に使用することができることになり、何のために高価なお金を出して出願したかがわからなくなると言う意見がよく出て来ます。

 そのため、発明をしても出願をしないでノウハウとして保存する道を選択することが賢明であると言う考え方が出て来ます。
 以上のことは前記のように特許法の目的が産業上の発展に寄与することにあると言う基本的考え方を忘れたことによるものと思います。
 
 以上のことをもう少し整理して見ます。まず、今までに無い新しいものを考え出したとします。この新しいものを考え出すことは誰でもが出来ることではなく、その人の能力が高く、かつ環境に恵まれていたことによると思います。
 
 従って、発明をしたと言うことだけでもその人は素晴らしい人であり、世の中に貢献することのできる人であり、それ自体として名誉があり喜ぶべきことと思います。前記のように新しい発明を考え出した後のステップとしてこの発明で儲けて個人的なメリットを得ようと考える人とその発明を広く世に紹介し、これを具現化して世の中のために立てようとする考え方の2つに大きく分かれます。

 前者の考えをもっと前記のように、その発明の価値を個人のメリットを得るもののみの考え方となり、人に真似されない独占権を得るようにし、更に権利侵害について常に目を光らすようになります。また、他人がその発明を使用したり利用したりしてメリットを得ることを強く嫌うことになり、穏やかな日々を過ごすことが出来ないことになる可能性が高くなります。

 また、他人と協力してその発明を更に優れたものにしようとする努力が欠けることになります。勿論、人間には欲があり、折角考え出した発明で個人的のメリットを得ようとする考え方を否定するものではありませんし、この欲が次の新しい発明を考え出す力にもなることを否定するものではありません。

 しかしながら、この考え方から少し離れて特許法の目的を考えることが是非必要であり、結果として大きなメリットを得ることができると思います。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事