ここから本文です
法律脳
祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり・・・ひとへに風の前の塵に同じ。

書庫全体表示

イメージ 1

・・・・・・・・・○△□。

 即ち、個人の発明の中には素晴らしいものがありますが、それだけでは物にならないものもあり、その発明をベースとして実際に役立つ内容のものにして行く努力がなによりも必要と思います。

 そのためには、その発明をより高めるための努力をすることが必要であり、具体的には、自分のホームページ等により発明を公開しその発明の協力者や実施希望者等を見つけ出し、共にその発明の具現化の努力することが最も法の目的を満足させることになるのではないでしようか?
 
 このような努力不足により、世の中には死蔵特許が反乱し、役に立つことが出来る発明が埋もれてしまい、発明者も世の中も大きな損害を得ることになると思います。一方、その発明が具現化され実施されれば発明者にも自然にお金が入り、大きなメリットが生ずることは言うまでもありません。
 
 今の特許を囲む世界はどうもギスギスした面が多く、もう少しその発明の有効利用が容易にできるような法的な工夫も必要だと思いますが、よい提案はないでしようか?
 
 私自身も個人や中小企業の特許のお手伝いを長くしておりますが、独占権取得にのみ汲々してその発明を世の中に立てる努力が確かに不足していることを痛感し、是非発明の独占と言う思想を極力廃除してその有効化の努力を積極的に進め、かつ発明者にもメリットが生ずる方策を考えて行きたいと思っています。

 インターネットやITの時代ですので何かよい方策があるように思います。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事