ここから本文です
法律脳
祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり・・・ひとへに風の前の塵に同じ。

書庫全体表示

イメージ 1

“特許等の出願の必要性”

 産業財産権(昔の言い方では工業所有権)としては大別して特許,実用新案,意匠,商標の4つが挙げられます。

 我々が何かの発明や考案をしたり、新しい意匠を考え出したり、新しいネーミングを考え出した場合に権利を取得したいと普通考えます。そのためにはこれ等に関する出願をする必要があり、法律等に定められている内容を基にして特許庁への手続きをする必要があります。

 しかしながら、その前にこれ等の発明等を本当に出願する必要があるか否かを色々の方面から考えることが必要と思い、少し私見を述べたいと思いますので参考にして下さい。

 新しい発明を考え出した場合、ただ権利を取得して自己満足のみをしようと思う人は少なく、権利を取得し、何等かの金銭的メリットを獲得したいと思うのが一般でしよう。そのためには発明者がメリットを得ることに逆行する行動が起きると困ると思うのが普通です。

 特許法の目的はこのメリットをベースにしているものではありませんが、通常発明者はメリットを考えるのが普通です。

・・・つづく

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事