ここから本文です
法律脳
祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり・・・ひとへに風の前の塵に同じ。

書庫全体表示

イメージ 1

“特許等の出願の必要性”



 この点について少し考えて見ると特許法では必ず1年6ヶ月でその内容が公開されます。即ち、1年6ヶ月たつと発明の内容が第三者に解ってしまいます。従って、1年6ヶ月までにその発明について権利を取得していなければ第三者がその発明と同じ内容のものを実施しても、全く差し支えありません。

 勿論、発明者に先願権があるため第三者は同じものを出願することは出来ませんが、実施することは出来ます。このため、第三者が発明者よりもその発明を実施してメリットを得る力がある場合は第三者が大きなメリットを得ることが生じます。

 また、第三者はその発明の内容を基にしてより優れた発明を考え出すこともでき、発明者がその発明を実施しても大きなメリットを得ることが出来なくなる場合もあります。このことは昔から言われているように“敵に塩を送る”と言うものに相当します。

 なお、早期審査と言う制度もあり、公開前に権利を取得することも可能ですが出願時の費用がかなり高額になります。新しい発明と自分が思っていても世の中には同一又は類似のものがあり、必ず権利を取得できるとは限らない場合もあり、当初からの大きな出費は危険の場合もあります。

 よくカタログに出願中との記載がありますが、特許についての知識のある人にはこの言葉は殆ど気にするものではなく、かえってその発明者の今後の商売の方向を見出される1つの目安ともなります。

 このリスクがあるため出願から1年6ヶ月の内にその発明について商品として完成してビジネスを展開することができれば市場先行となりメリットを得ることができますが実際上難しい問題もあります。

・・・つづく

この記事に

  • 顔アイコン

    hello:細々やってられますねぇ。yahoo社様のブログは、使い合って
    てが、ありますねぇ。はい。
    御変わりございませんか。
    疾風の銀太より。

    [ 疾風の銀太 ]

    2008/11/20(木) 午後 1:43

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事