ここから本文です
法律脳
祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり・・・ひとへに風の前の塵に同じ。

書庫全体表示

イメージ 1

 “防衛特許出願について”その2

 この防衛策としては色々の手段がありますが、大きな手段として防衛特許出願が有ります。この防衛特許と言うのは、その発明について独占権を獲得することを目的とするものでなく、先願権を確保するためのものです。

 その発明についての先願権の獲得の手段としてはその発明をかねてから実施していると言う記録を明確にして先使用権を主張する方法や、著作権を確保する方法等がありますが、その先願性を確実に確保するにはその発明について特許出願して出願日を明確にすることが一番効果的と思います。
 
 独占権を得るにはその出願について出願審査請求をすることがまず必要であり、多額の費用が必要であり、更に拒絶に対する意見書の提出や手続補正も発生する可能性があり費用が必要となり、更に登録に伴う費用が必要となり、全体としてかなり高額の費用が必要となります。
 
 しかしながら、特許出願のみの場合は出願費用(15,000円位)のみでよく、明細書等の作成を個人又は会社自体で行った場合は以上の費用以外の費用が必要にはなりません。
 その発明の内容については企業が一番よく知っているはずであり、将来の休眠特許侵害を十分に意識しているとすれば数多くの関連発明を同時出願することができ、十分に特許防衛することができます。
 
 従って、今後企業は是非防衛特許出願体制を確立すべく組織化を行うと共に自社出願の体制を一日も早く確立することが必要です。
 勿論、特許専門家の支援も必要と思いますが、企業防衛のため一日も体制を確立されることを念願いたします。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事