ここから本文です
法律脳
祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり・・・ひとへに風の前の塵に同じ。

書庫全体表示

イメージ 1

            『おいしいごはん』

======================================================================



「荻野さん、おいしいごはんって、知っているかい?」



コメ専業農家のおじさん、私に突然こんなことを聞いてきた。



「おいしい米?」

「よい水?」

「上手な炊き方?」

「よい炊飯器?」



思いつくことをいろいろと言ってみる。



そんな私を農家のおじさん、にこにこしながら見ています。



   ◆◆◆ ◇◇◇ ◆◆◆ ◇◇◇ ◆◆◆



「俺もよくわからないけど、ご飯を一度に多く炊くことだよ。

 同じコメを炊いていても、量が少ないと、どうしても美味し

くないんだよな」



おじさんによると、いくらよい米、よい水、よい炊飯器を使って

も、最後の最後おいしいご飯にたどりつけないのだそうである。



これは、おじさんの経験則での話。

だから、数字的な実証や、理論的には説明はできないそうだ。



   ◆◆◆ ◇◇◇ ◆◆◆ ◇◇◇ ◆◆◆



でも、このおじさん、ただの農家ではない。



とにかく勉強熱心だ。



農作業が手すきになる冬場は様々な文献を読みあさる。

机上には、英語の文献にまで置いてある。

(ちょっと中をめくってみたが、ちんぷんかんぷんだった)



また、暇をみつけては、東京大学での農業に関する講義にも顔を

出し、聴講しているらしい。



オフはオフで、ときおりご自宅でどんちゃん騒ぎ。

その宴には、大手新聞記者や国立大学の先生などちょっとした

知識人たちが集まって、夜通し遊んでいる。



もちろん、本業のコメ作りでも真剣。

試行錯誤を繰り返しながら、おいしいお米づくりに取り組み、

更には、コメの消費アップにつながればと、米粉をつかった

ケーキも作ったしている。

(ここで初めて、米粉のケーキを食べました)



挙げだしたら切りがない。



   ◆◆◆ ◇◇◇ ◆◆◆ ◇◇◇ ◆◆◆



「お金を出すだけでは、おいしいごはんは、手に入れられないよ」



おじさんは、私にこう言いたかったに違いない。

単なる米の話ではなかったような気がする。



もししたら、核家族化が進み、共同体が崩壊した現代日本に対する

皮肉だったのであろうか。



「赤いちゃんちゃんこの年ですね」



こう話しかければ、イヤ顔するおじさん。

20代半ばから10年間は、頭でっかちで農業に取り組み、大失敗

を繰り返し、今の姿になったという。



そんなおじさんに、最後おいしい米作りの秘訣を聞いてみた。



「自分の農地の土を知ることだね」



おじさんは、埼玉県外の方。

気軽に顔を出せないのが残念であるが、今日も来年に備えて、

きっと知識の設備投資をしているに違いない。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事