ここから本文です
法律脳
祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり・・・ひとへに風の前の塵に同じ。

書庫全体表示

イメージ 1

“出願公開について”



 出願された発明の内容は原則として1年6ヶ月で公開され、公開公報が発行され、誰もがその出願の内容を見ることができます。通常1年6ヶ月内には特許権が発生することは少ないため、権利取得する前にその発明の内容が公知になり、め出願人にとっては正直に言って迷惑なことになります。

 権利化されていない発明については誰もが自由に実施することが出来ますし、その発明を基にして更によい発明を考え出すことも出来ます。勿論、他人は同一の発明について出願することはできません。

 この出願の公開は出願人にとっては一見不利のものと思いますが、特許法の目的が産業上の発展のためと言う原則がある以上、仕方のないこととなります。即ち、よい発明の出願人に特許権と言う独占権を取得できるメリットを生じさせる反面、法目的のために他人に塩を送ることを求めるものです。



 この出願公開制度があるため、出願人としては公開される前に自分の発明を実施できる体制を作り上げ、他人が知らない内にその発明によるメリットを上げることに努めるべきと思いますし、また、公開されても平気であると言う次のステップへの予めの準備が必要です。勿論、早期審査を求め公開前に権利化する手段を行ってもよいと思いますし、この件については既に発表しておりますので別の論文(ブログ)を参考にして下さい。



 勿論、特許法においても出願公開された発明を実施している他人に対し、補償金を請求することができますが、この補償金はその発明が特許された場合にのみ行使できるものであり、仮りに拒絶された場合は逆に無過失賠償責任が付加されて他人にお金を支払うことが必要となるため、この補償金の請求は慎重に行う必要があります。



 以前は、出願された発明は特許される前に公告制度や事前の特許異議申立制度等があったため、出願公開された発明に対してやや無視していてもよかったのですが、最近は公告や特許異議申立制度が特許権取得前にないため出願公開された発明について特許庁側で拒絶理由がないと判断した場合には特許されることになり、権利化した後に特許異議申立や無効審判をするしかなく、その発明の特許権化を早期に防止することができなくなります。



 そのため、常に出願公開された発明の中、自分に関連するものを集め、これに対する適切の処理をすることが必要です。



 この具体的としては情報提供制度があり、特許関係者はこの制度を十分に理解し、適切な情報提供を常時行うように最善の注意をはらうことが必要です。



 具体的のやり方としては出願された他人の発明の特許化を防止するためのもので、その発明を無効とするための必要のデータを特許庁に提出し、審査官殿の審査上の誤りを防止するようにする書類手続を行うものです。具体的のやり方は特許に関するすべての本に詳しく記載されておりますし、特許庁の相談室に相談することにより誰もが容易に行うことができます。



 発明は出願する前に先行技術を調べることが必要ですが、出願時にはそれより1年6ヶ月前に出願した発明の内容は解りません。



 よって、先行技術調査をしても発見されない出願が存在するかも知れませんが少なくとも1年6ヶ月を経過すればその発明に関連する殆ど全てのものに公開され、手に入るため、出願公開されたらもう一度先行技術を調査し出願の可否及び出願審査請求の可否を決めることが重要な手続です。



 出願公開公報は数多く報告され、これを見ることが大変と思う方もおられると思います。自分に関係する発明はそれ程多くなく、こまめに公開公報を見ていれば特に問題はないと思います。



 また、公開公報の中から素晴らしい発明の種を発見することができ、素晴らしい特許発明のベースとなる知識を得ることも勿論可能でしよう。

出願公開公報を熟読しよう!

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事