ここから本文です
法律脳
祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり・・・ひとへに風の前の塵に同じ。

書庫全体表示

イメージ 1



【仕事の話】 2009年の予想

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



★2009年の株式相場

 株価はそれほど悪くならないと思っております。

株価は先行指標のため、多くの悪材料を織り込んでいるからです。

ただ、問題なのは地中に埋められている「不発弾」の存在です。

昨年末のアメリカ自動車業界救済が我々には突如浮上したのは記憶に新しい

ところです。

まだ見ぬ不発弾を発見した時、除去作業が順調に進むのか?

その対応が、株価を決めるでしょう。

 世界各国の株価は、概ねこの仮説が当てはまるのではないかと思います。



★2009年の為替相場

為替ですが、世界各国で財政出動が始まります。

民間セクターは、個人・法人ともにお金を使えなくなっているのですから、

政治セクターが動くしかありません。

マーケットはこの仮説を元に、財政内容の悪いもの比べが始まります。

今は単年度で財政を悪化させる国の通貨が売られるでしょう。

ただ注意したいのは、その後は、ストックでの赤字(累積赤字)の多い国

が危険になります。

さて、累積赤字の多い国はどこでしょうか?

ちなみに、財政面での優等生国家の一つはオーストラリアです。

  (注)今年は累積赤字が問われる年ではありません。ご注意ください。



★2009年の商品相場

「今ぐらいの価格がしばらく続いてほしい」と思います。

 これは個人的な願望です。

 でも、どこかのタイミングで上がってしまうのでしょうね。

 それがいつからかはわかりません。

少なくとも今年は現在ぐらいの価格で推移して欲しいと思います。





イメージ 2





★2009年の実態経済

経済の先行指標である株価に比べて、今現在の姿である実態経済は、

これからがどん底の本番となりそうです。

 弱いものが少しづつ淘汰されていきます。

 世の中の供給過剰の状態が、徐々に解消され、生き残ったものが

 ‘残存者利益’にありつけるでしょう。

 ただ、その‘残存者利益’に、今年ありつけるかは不明です。



以上、私の独断的見方です。

この情報を元に、ご自身で情報収集を行い、ご自身で分析の上、

ご自身のビジネス、有価証券投資にお役立てください。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

イメージ 3



TVのアナログ波停止まで、あと2年6か月になりました。



政治を信じていない我が家は、

「アナログ波停止は延期になる」

と思いこみ、アナログTV継続中です。



別に珍しい話でもありません。



半数以上の世帯は、まだアナログTVなのですから。



我が家では、消費税が今より5%アップとなっても、駆け込み購入は

しない見込みです。



政府発のギブアップ宣言(延期宣言)。

2011年1月XX日に発令されるような気がします。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事