ここから本文です
法律脳
祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり・・・ひとへに風の前の塵に同じ。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

◇大晦日【12月31日】

 大晦日(おおみそか)は、1年の最後の日。
旧暦では毎月の最終日を晦日(みそか)といった。晦日のうち、年内で最後の晦日、つまり12月(または閏12月)の晦日を大晦日といった。

 もともと“みそ”は“三十”であり、“みそか”は30日の意味だった。ただし、月の大小が年によって変動するので、実際には29日のこともあった。現在は、新暦の12月31日を指す。
大晦日を大つごもりともいった。「つごもり」は、晦日の別名であり、「月ごもり」が転じたものである。

 大晦日には、様々な年越しの行事が行われる。年越しの夜のことを除夜(じょや)とも言う。かつては、除夜は年神を迎えるために一晩中起きている習わしがあり、この夜に早く寝ると白髪になるとか、皴が寄るとかいった俗信があった。




◇年越し蕎麦

 年越し蕎麦(としこ-そば)とは、大晦日(12月31日)に縁起をかついで食べられる蕎麦のことである。

 

イメージ 1



 現在の日本では、全国的に見られる風習である。年を越す前に食べきらなければならず、蕎麦を残すと翌年金運に恵まれないなどと言われる。
元々、江戸時代中期には月末に蕎麦を食べる「三十日そば」という習慣があり、大晦日のみにその習慣が残ったものと考えられている。
 
 年越し蕎麦の由来とされる説は「細く長く達者に暮らせることを願って」というものがもっとも一般的である。他に以下のような説もあるが、後付けの説とも言われる。蕎麦が切れやすいことから、一年間の苦労を切り捨て翌年に持ち越さないよう願った。金細工職人が作業場に散った金粉を蕎麦粉の団子で集めたことにちなみ、金運を願った。





◇除夜の鐘
除夜の鐘(じょや-かね)とは、12月31日の除夜(大晦日の夜)の深夜0時を挟んで寺院で撞かれる鐘のことである。



イメージ 2




除夜の鐘は108回撞かれる。この回数には諸説ある。

1.眼(げん)・耳(に)・鼻(に)・舌(ぜつ)・身(しん)・意(い)の六根のそれぞれに好(こう:気持ちが好い)・悪・(あく:気持ちが悪い)・平(へい:どうでもよい)があって18類、この18類それぞれに浄(じょう)・染(せん:きたない)の2類があって36類、この36類を前世・今世・来世の三世に配当して108となり、人間の煩悩の数を表す。

2.月の数の12、二十四節気の数の24、七十二候の数の72を足した数が108となり、1年間を表す。鐘を撞く前には鐘に向かって合掌する。108回のうち107回は旧年のうちに撞き、残りの1回を新年に撞く。本来は、108回の鐘は除夜だけでなく毎日朝夕撞かれるべきものである。しかし、普段は略して18回に留められる。

3.四苦八苦を取り払うということで、4×9+8×9=108をかけたとも言われている



◎ 写真は京都:知恩院の除夜の鐘を突く風景です。


  それでは皆様、良い年をお迎えくださいませ・・・。

イメージ 1

 
        

          『今年の締めくくりです』

======================================================================



★トヨタ決算1500億円の赤字予想



 この発表に驚いた人は多かったことと思います。

 「あのトヨタが赤字だなんて…」



 一方で、この発表・この数字を額面どおり受け取らなかった人も

 多かったのではないかと思います。



 あのレベルの企業なら、黒字にするための帳尻合わせは、いくら

でもできそうに、思えてしまう。



 「派遣社員解雇の批難回避のため」

「米ビッグスリー援助要請回避のため」



 ついつい、日刊ゲンダイ・夕刊フジ的な見方をしたくなった方、

多かったのではないでしょうか?



   ◆◆◆ ◇◇◇ ◆◆◆ ◇◇◇ ◆◆◆



★金融機関より正確なトヨタの見方



 私は物事を考える時、金融機関・お役所・マスコミのデータは、

あまり参考にならないと思っています。

 自分の体験から生み出したデータではなく、借りた数字を積み

重ねたものが彼らのデータだからです。



 でも、トヨタの見方はある程度、参考にしてよいと思っていました。

 製造現場・販売現場と直結しており、リアル社会から直接、数字を

拾うことができる世界的企業。

これがその理由でした。



 そんなトヨタですら、これほどの経済危機が到来するとは思って

いなかったようです。



 今回の経済基危機の根深さを感じざるを得ません。



   ◆◆◆ ◇◇◇ ◆◆◆ ◇◇◇ ◆◆◆



★経済危機だからこそ



経済が停滞し、ガソリンの値段もかなり下がってきました。

レギュラーガソリンで100円を切る地域もかなり増えいます。



また、道路はすいています。

高速道路・一般道問わず。

 本当に走りやすくなりました。



自動車移動に関する、金銭コスト、時間コストはかなり

下がっております。



おまけに、足を運ぶと、ゆっくりお話をしてくださる方が

多くなったように思います。

年末の忙しい時期にもかかわらず、ありがたいことです。



今、この時期だからこそ、前向きにお金を使いたいと思います。

様々なコストが下がり、安価で多くのことができるのですから。

そして、何より、少しでも動くことは、経済小さく下支えする

ことにつながるのですから。



 いろいろな手を打っても、すぐにはお金になりにくいでしょう。

が、経済が好転した時のリターンは、何倍にもなるような気が

します。



 お気楽にもそう信じて、日々過ごしております。



   ◆◆◆ ◇◇◇ ◆◆◆ ◇◇◇ ◆◆◆



今年1年、ありがとうございました。

個人的には、いつもの年より幸せな1年だったように思います。

でも、来年もどんな年になるか皆目不明です。

が、良い年になると、何やら思い込んでいるようです。



年内は今号が最終配信となりました。

どうぞ皆様、よいお年をお迎えくださいませ。

イメージ 1

特許権及び実施権”



 出願の内容について拒絶理由がなければ特許査定され、一定の登録料を納付することにより特許権が成立します。



 この特許権は取り下げ、放棄、無効、相続人不在等の権利消滅の原因がなければ出願日から20年間の独占権となり、国内では誰もが権利者の許可がなければその特許を使用することは出来ません。

 なお、医薬品のようにその効果や安全性について多くのテスト期間を必要とするものについては出願日から25年間独占権を保有することができるが、一般の特許は前記のように20年の存続期間となります。
 この場合、独占権は属国主義のため日本国内においてのみの独占権となり、外国においては権利がなく、このためには対象の外国において独占権を取得しなければなりません。所謂外国出願をすることが必要になります。



 特許権は独占権であるから、その発明に関する製造、販売が独占的に出来る他、その発明と同一技術的範疇と判断される内容についても独占権を有するものとされています。



 勿論、この独占権は財産権であり、他人に譲渡することも他人からライセンスを取得することも通常自由に出来ます。



 発明者はこの独占権を自分自身で実施する場合が多いが、他人にその発明を実施させることがよく行われ、このための実施権許諾と言う制度があります。



 この実施権としては専用実施権と通常実施権があり、更に質権も存在します。



 専用実施権はその独占権を専用する権利であり、特許権者の指定する内容に限り独占的に実施することができる権利であり、その内容に限定して特許権者も実施することができない大きな権利であります。



 従って、自分だけがその特許を実施したいと思う人は、特許権者からこの専用実施権を許諾し、その特許を専用的に実施する権利を取得することができます。勿論、決められた内容以外については独占権を保有しないことは言うまでもありません。



 一方、通常実施権はその特許について実施できる権利ですが、自分のみでなく、自分以外の人にも同じ権利が与えられると言うものです。特許権者が各分野で力のある人に対してその特許を実施してもらい、実施の範囲を拡大するために用いられるものです。

 なお、通常実施権者は自分だけがその特許を実施できるものではないことを十分に認識してこの権利許諾を求めることが重要です。なお、通常実施権があっても特許権者はその特許を自由に実施することができます。



 この通常実施権については各種のものがありその内容の説明は省略しますが、先使用によるもの、無効審判の請求前の実施によるもの、意匠権の存続期間の満了後のもの、不実施の場合のもの裁定によるもの等、規定に定められている通常実施権があのます。これ等については専門的のものであり、必要において専門家と相談するのがよいと思います。



 また、実施権の登録の効果についても法の98条等において規定されております。この実施権についての利用費用については品物に応じてまちまちですが、例えば、売上高の1〜5%程度のものが一般的に用いられています。
 勿論、多量の商品は0.1%と言う例もあります。特許権者はその権利が財産権であり、その利用や使用について十分に検討する必要があり、権利の内容や限界やこの実施権について十分に勉強することが必要と思います。



 また、最近仮通常実施権と言う制度があり、権利取得前の実施権として判定され出願中の発明の有効利用に寄与しています。また、独占的通常実施権と言うものがあり、専用実施権に似ておりますが、法的に定められたものではなく私的契約によるものです。

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事