ビールの缶で戦車作れるよ

月2-3回しか更新しないという、実にアレなブログです。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 4

こないだちょっと風邪をひきました。会議に向かっている最中に「あ、こりゃあかん」と思いまして
会社に連絡して病院に行きました。その日は雨だったのですが、足元滑りそうだなーと思ってる
僕の目の前を短めスカートでヒールの高いお姉さまが通過。「お、もしあの人が転んだらぱんつ
見えるのではないか?いや、きっと見える!転んだらいいな…」と神に祈りをささげておりました
ところ、僕が転びました。バッグを抱えていたので、これを守るために咄嗟に手を付く僕。全力で
突き指です。痛みをこらえつつも「この角度なら!」と考えて周囲を見渡すと既にお姉さんは遠く
離れていってました。「ToLoveるダークネス」的な素敵な世界はリアルでは存在しないようです。
とかくこの世は世知辛い。


さて、中洲JAZZの続きと行きましょうかね。今回は書く事多いのよね。

宇崎竜童with横田明紀男
イメージ 1

宇崎竜童氏は僕の世代には馴染みが薄いです。山口百恵に楽曲提供したりとか、
ダウンタウンブギウギバンドとかなので、僕よりもちょいと上の世代の人はご存知
ではないかと思われます。ただ、やはり有名人なのでめちゃめちゃお客さんは多く、
「あー、出遅れたなぁ…」と思いながら客席後方をウロウロしておりましたら、なんと
小学校の頃の友人発見!「地元だから当然でしょ」というお声もあるかと思います
が、彼も僕も転勤族でして、ほぼ同時に福岡に戻ってきているのですね。確率的に
低かった訳ですよ。まー、旧交を温めながら観戦しました。いや、戦ってはいないな。

彼の曲っていう事を知らなくても「あ、これが彼の曲だったのか!」は多かったです。
ロックンロールウィドウ」や「さよならの向こう側」「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」、
サクセス」なんかは聴いた事あるあるでした。歌上手かったなぁ…。風貌が厳つい
コワモテっぽいイメージがあって苦手でしたが、ちゃんと「歌手」という感じがしました。
おっと忘れちゃいけない、ギターの横田氏!やっぱめちゃめちゃ上手いですねー。
でも「Fried Pride」での演奏の方が好きかな?


風味堂
イメージ 2

「どうか歩き出せるまで待ってて〜♪って曲があるよね」というレベルでしか存じません
でした風味堂。うまいじゃん!ブロ友の女の子がハマってた理由が少しわかりました。
んでも、残念な事に曲名がわからんのですね。youtubeで探したらUPされてた曲
がありました。「楽園をめざして」という曲ですね。「ふふふ、あなた方がいるその中洲
こそが夜の楽園なのだ!(ゲス顔)」と思いましたが、口に出すと顰蹙買うのでぐっと
心に留めておく事にします。あ、書いちゃったら同じですね。という訳で初日終了!


Fried Pride with 武田真治
イメージ 3

さて、日付が変わって翌12日です。僕は20:00までお仕事でした…。お目当ての
Fried Prideは20:50開始です。「あとは任せた!俺には行かねばならぬところが
あるのだ!」と部下に丸投げして職場を後にする僕。外はあいにくの雨でございます。
車を走らせて会場近くのパーキングに停めまして、会場である中洲清流公園に行く
僕。やたらと人が集まってて「あー、近くにはもう行けないなぁ」とか思っておりましたら
なんとあまりの人気に入場規制。近くに行くどころか会場にすら入れないのか!てな
状況ですが、気を取り直して生垣の所から上る僕。…えー、運営の方々と警備員
さん、ごめんなさいです。観たかったんだもん。

何とか潜り込んだものの、人が入る隙間がない。仕方なく人が入れる隙間を探して
「これ以上外側に行くと川に落っこちる」というギリギリのラインで居場所確保です。
落ちなくてよかったわぁ…。

1曲目は「Eat The Rich」です。Aerosmithのカバーですね。相変わらず洒落に
ならん神業ギターと中洲の空に突き抜けるように響くVocal。横田氏のパーカッション
みたいなギター演奏に早くも湧き上がるオーディエンス。なぜか「どうだ、凄いやろ…」
とドヤ顔の僕。いや、僕が勝ち誇る理由もないんですけどね。でもってその後、Guest
で武田真治登場です。軽く自己紹介をしてコール&レスポンスを。「めちゃめちゃー?」
「イケてるーっ!」とよくわからん歓声がこだましますw んでも、これって土曜20:00台
スタートのLIVEなのですよね。それを突っ込まれたら「あぁぁ、皆さん何やってんすか!
早くテレビの前に行かなきゃ!」と満員の客を帰そうとする武田真治。おもろいなぁww

2曲目は「Are You Gonna Go My Way?」ですです。Lenny Kravitzのあの印象的なリフ
なリフはギターではなく武田真治のSAXで奏でられます。「どうやらSAX吹けるらしい」と
いう話はどっかで聞いたことがあったんですが、これがめちゃめちゃイケてましたです。
「LIVE的な」走っている感じの演奏で荒くも聞こえたんですが、それも一つの味かなと。
彼オリジナルの「Hitman」って曲も演奏されたけど、なかなかスリリングでいい曲でした。

Close To You」や「Can't Take My Eyes Off You」そして中洲JAZZでは定番である曲
Life Is Like A Jazzy River」、「Dig It」等が演奏されました。んもー、どれもこれも実に
かっこよすぎ。JAZZフェスなのに、盛り上がり的にはもろROCKフェス的な熱気でした。
また来年も行きますよ、ええ。

あ、ちなみにTOPの画像が、僕が落ちるか落ちないかの戦いを繰り広げた川でございます。
来年の目標は「川と戦わないで過ごす」と「突き指をしない」です。

閉じる コメント(6)

顔アイコン

(*⌒⌒*) You're awesome!
You is respected by the various meaning.

もー、かぼちゃさんのことは、
色々な意味で尊敬しちゃいまーすw

2015/9/19(土) 午前 4:02 [ にゃんこ ]

アバター

にゃんこさん…どこにそんな要素が!
僕が他人ならきっと可哀想な人扱いで接すると思うのですがw

2015/9/21(月) 午後 0:51 カボチャ頭

顔アイコン

Eros of twitter and the vegetables are good!

かぼちゃさ〜んTwitterの野菜たちって…
目茶苦茶エロくて最高ぉ〜w
あの、お野菜たちにJAZZを聴かせたら萌えちゃうよぉ

2015/9/22(火) 午前 4:07 [ にゃんこ ]

おひさしぶりぶりでっす(^∇^)
武田真治のサックスって有名だと思ってたけど…アルバムも昔買ったよ、カッコよかった…
生演奏聞けるなんてうらやましいです

2015/9/24(木) 午前 1:43 [ nanaka ]

アバター

おぉ、こんなに期日が経過してしまいましたか…ごめんなさい。
にゃんこさん、お気に召していただけましたかwwあのTwitterの
やつは思い付です。部下の皆さんから「これはひどい」と数々の
賛辞が寄せられましたw

2015/10/15(木) 午前 0:12 カボチャ頭

アバター

nanakaさん、決して放置していたわけじゃないのですよ。忙しくてですね、
ついつい放置になってしまいまして…(結局放置ですな)

武田真治めっちゃかっこよかったです。「HITMAN」だっけ?あれいいなぁ。

2015/10/15(木) 午前 0:14 カボチャ頭


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事