ビールの缶で戦車作れるよ

月2-3回しか更新しないという、実にアレなブログです。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

今まで僕も色んな音楽に出会い、素敵な経験をいっぱいしました。色んな衝動や感情を
音に乗せるお仕事ってのは奥が深く、カッコいいビートや素敵なメロディが一瞬で大勢を
虜にする事もあれば、逆にファンの意識と乖離したらあっという間にそっぽを向かれると
いう実にデンジャラスなお仕事でもあります。そんなショービジネスの世界で僕を中学の
頃から惹きつけて離さないミュージシャンがいます。ま、タイトルに書いてあるんですが、
その人の名前を「氷室京介」と言います。一昨日は氷室京介がステージに立った最後の
日でした。運良くこのステージを観る事が出来たの、今回は彼に対する、そして一緒に
いたオーディエンスへの、同じく彼を応援してきた同志への「御礼」の記事です。


今回のステージは東京ドームです。彼がバンド時代に最後のGIGを行った場所もここです。
早々と飛行機を予約していた僕は、空港にも早めに着きました。そんな事しても別に早い
便に乗れる訳ではないんですが、いつもギリギリで行動する僕でも「今回はミスは許され
ない」と思っていたので、早めに家を出たのです。あとはが襲ってこない事を祈るのみ。
(うしおととら参照)ま、獣の槍を持っていない僕でしたが、襲われる事もなく無事に東京へ
到着しました。高度3000フィートからの視界は今日もクリアでした。


連れと合流し、ホテルにチェックインして、東京ドームに向かいます。連れは「多分地下で
刃牙が…」と以前と同じ事を言ってました。「ないですから、地下闘技場ないですから!」
と以前と同じツッコミをする僕。ま、そんな事を言っているうちにドームに到着です。ここで
お知り合いになったブロ友さんとも少しご挨拶が出来たりもしました。出来なかった皆様、
ごめんなさいです。あと、めざましTVの撮影が来ていたようで、軽部さんを見る事が出来
ました。撮影が終わったら「カ・ル・ベ!カ・ル・ベ!」とコールが起きてました。みんなノリが
いいよなー。あ、そこどうでもいいですね、はい。僕はカルベコールはしておりませんけど、
これがもし牧野結美アナだったらきっと力の限りコールしていたでしょう。


そしていよいよ終焉の時間が幕を開けます。LAST GIGSのツアーの中でも最終公演日、
オーディエンスは複雑な思いでここに立っているのではないか、と思っておりましたが、
周りを見渡しゃ意外に皆、明るい表情です。僕もそうなのですが、気持ちの踏ん切りが
付いたのかもしれません。フォークのバンドじゃねーんだからジメッとするのは似合わん
訳ですしね。僕も同じです。貪欲に楽しんでいってやる。音の一粒すら素通りさせない、
全部この耳と身体で拾っていく、そういうスタンスで臨みました。


1曲目は「Dreamin'」です。観客席を見渡しましたら「全員」が拳を突き上げていましたね。
3階席もアリーナもです。(勿論、100%でない事は承知なんですが、体感としてですね)
ここにいる全員がこのLIVEのために会社を休んだり、都合を付けたり、遠征して来たり
家族の反対を押し切って来たり、学校早退して来たりだったのでしょう。僕は自社の社長
を連れて会社の仕事は全力でサボって参りました。まー、恒例行事なので社内でも別に
何も言われませんw (実際、文句言わせないレベルの仕事はしてるのよ、と一応弁解)
ま、そんな感じのオーディエンスの皆様の一体感たるや凄まじかったです。連れの社長
の表現を借りると「誰も怠けていない」ですw そらそーだ、ここにいる人達は言わば「覚悟
決めてこの瞬間に立ち合うためにやってきた」奴らなんだよな。きっと、僕と同様に色んな
局面で色んな感情をヒムロックの曲に重ねてきた人達ばかりなんですね。


そこからはBOOWY曲、ソロ曲、共に沸点を軽く超える熱気でステージは進んでいきます。
BOOWY曲だけノリノリでソロの時にはぽかーんってのもほぼいなかったんじゃないかな?
全ての楽曲に等しく歓声があがります。LIVE前には「これを聴くのが最後って考えて悲しく
なるのかな?」と思っていたのですが(勿論そういう方々もいっぱいいたでしょうが)、全然
悲しくならなかったんですね。というのも「そういうアレコレ」を忘れさせるレベルでのパワー
を全部ヒムロックがぶつけてきたのです。体調不良で悔いの残るLIVEになったら嫌だなー
という懸念も忘れていました。そのくらい、活動休止のLIVEとは思えないステージでした。
本編ではBOOWY曲が多かったけど、Encoreではソロ曲が多かったのは、きっとネットの声
を拾ったからじゃないかなーと思います。皆、BOOWYも好きなんですが、負けないくらいに
ソロ曲も好きなんですよ、というファンの意見がちゃんと伝わったのではないかと思います。


Encoreは3回で、ソロの歴史を華々しく飾ったシングル曲がメインで続きます。Encore2で
この貪欲な観客が帰る訳もなく、言わば必然の流れでEncore3まで突入。僕的には久々の
「Sex&Clash&Rock'n'Roll」、最後の曲は「B.BLUE」でした。BOOWYの初期の売れていない
頃ってのは素敵な楽曲がいっぱいあっても世間的な認知度はとても低かった筈です。僕の
記憶では、めざとい奴らが「わがままジュリエット」から、爆発したのは「B.BLUE」からという
イメージですね。この曲で「氷室京介」を知った人間は多かったと思います。最後に聴く事が
出来て本当に良かった。


悲しむ暇すら与えない、100%のパフォーマンスで文句も言わせない、お前らが望む事は
やり尽くしてやる、そういったメッセージが垣間見えたと考えるのは考えすぎでしょうかね。
何というか「強い」LIVEでした。最後までやり遂げる意思と共に繰り広げられるパワフルで
カッコいいパフォーマンスと、見届ける意思を持ったオーディエンスの覚悟が結実してた、
そんな奇跡のような時間だったように思います。多感な中学生の頃からずーっとずーっと
追いかけてきたし、励まされてきたし、泣かされたりもし、笑わされたり、ドキドキさせられ
たりしてきた1人のミュージシャン。僕の今後の人生において、もうこんなにも夢中になる事
はきっとないであろうミュージシャン。そして僕と同様に人生を迷い走り、時には心が折れ、
それでも前向きに生きてきたファンの方々。あの瞬間に立ち合ってはいなくても、僕と魂を
預けてくれたファンの方、皆さんに心からお礼を申し上げます。本当に本当にありがとう。
あのメッセージの言葉をお借りして書きます。Thank You Himurock&All Fansです、ええ。


KYOSUKE HIMURO  「LAST GIGS」   at TOKYO DOME  2016.05.23

01.DREAMIN’
02.RUNAWAY TRAIN
03.BLUE VACATION
04.TO THE HIGHWAY
05.BABY ACTION
06.ROUGE OF GRAY
07.Welcome To The Twilight
08.ミス・ミステリー・レディ
09.16
10.IF YOU WANT
11.LOVER’S DAY
12.CLOUDY HEART
13.LOVE&GAME (Re-mix)
14.PARACHUTE
15.BNAG THE BEAT
16.Warriors
17.NATIVE STRANGER
18.ONLY YOU
19.RENDEZ-VOUS
20.BEAT SWEET
21.PLASTIC BOMB
22.WILD AT NIGHT
23.WILD ROMANCE
24.ANGEL

Encore1
25.The Sun Also Rises
26.魂を抱いてくれ
27.IN THE NUDE
28.JEALOUSYを眠らせて
29.NO.NEW YORK

Encore2
30.VIRGIN BEAT
31.KISS ME
32.ROXY
33.SUMMER GAME

Encore3
34.SEX&CLASH&ROCK’N’ ROLL
35.B・BLUE

※来年、氷室クラスタの皆さんで同窓会やろうと思っております。言い出しっぺなので幹事
します。希望者は僕宛に連絡よこしやがれw

閉じる コメント(12)

渾身の力作ありがとう!
しかと読みました!

エロが無いので、かぼちゃんの本気度がしっかり伝わりました。

一瞬だけど、会えて嬉しかったよ。

同窓会を開くなら、呼びやがれよ(笑)

久しぶりのヤフブロログインだぞっとw

2016/5/25(水) 午前 5:09 黒猫

アバター

じめっとせずに、簡潔に速やかに進められたステージ。
氷室は勿論
ファンも、もう気持ちを終わらせて…というとまた誤解を受けそうだけど
見守るという気持ちで挑んでた気がする。
沢山あった思ひ出を瞬間冷凍して
後から解凍して時々楽しみたいような、今は今しかないことを
それを教えてくれたのが氷室京介だけど、ああそれだとやはり、
無常なんだね。
ありゃ、また言いたいことわからなくなった。
兎に角、かぼちゃさんに会わせてくれたのも、氷室京介なんだね!

2016/5/25(水) 午前 8:13 あさひむ

私も悲しいより、幸せが上をいくライブでした。
奇跡のような時間に立ち会えたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

2016/5/25(水) 午後 8:15 [ ルーリー ]

僕はこの卒業式、4回の予行演習に参加したものの、本番欠席でお茶を濁してしまった感が少しあります。仕方ないです。
なので、まだ感覚としてはピンとこないまま、いずれ放送、発売される映像で視覚聴覚で確認することになります。

お葬式みたいだった前回浜スタと違って、踏ん切りのついた「強い」LIVEで幸せに大団円を迎えられてたなら最高の結果ですね。

まぁファンであり続けることをやめるわけではないし、やめなければならない理由はなんもないので、愛し続けていける作品を残してくれたことに感謝をするいい機会、お祭りだったと思ってます。僕は。

2016/5/25(水) 午後 11:34 kiku

アバター

黒猫さん、たまに真面目な事を書くとなかなかいいでしょ?
これは内緒なんですが「いつもふざけている人が真面目な事
書くと女性陣がギャップに萌えるであろう」大作戦なのです。

誰にも言っちゃ…あ、公開されてるんだな、これ。

2016/5/26(木) 午前 1:13 カボチャ頭

アバター

あさひむさん、僕と絡んでいる方々はヒムロックがいなくても
「たとえ何年経っても出会う運命だったろ」です。何らかの
接点があるもんです、仲が良くなる方ってのは。
でも、その接点の理由が「氷室京介」ってのは素敵ですよね。

ここに来られる皆さんにも感謝しているのですよ。この機会に
言っておきますけどね。

2016/5/26(木) 午前 1:18 カボチャ頭

こんな夜更けにこんばんは
記事ありがとう
やっぱ最終日行けばよかったなぁ
なーんて思ったりして

ライブの氷室が好きすぎて
もうほんまに見れないのかな

2016/5/26(木) 午前 1:52 tama

感無量ですね。お疲れ様でした。
ボクもお気に入りのバンドの解散コンサートは何度か行っていますので、気持ちが少しはわかります。でもWHITESNAKEは2回も再結成したし、去年のモトリー・クルーもあまり本気にしていませんし。だからいつかまた彼の音楽に触れる日が来ますよ。イエモンだって復活したし(これはあり得ないと思ってた)。

2016/5/28(土) 午後 6:54 [ kollektable ]

アバター

ルーリーさん、しばらくめっちゃ多忙(大事な時期にLIVE行ってたのでw)で
返信遅れてごめんなさい。

そうなのよ、なんか終わった後に「満たされた」感じがしたのです。そりゃ
まだまだLIVEしてほしいけど、あんなの見せつけられた日にはグウの音も
出ません。有終の美、悔いのないLIVEでした。

2016/6/1(水) 午前 3:49 カボチャ頭

アバター

kikuさん、LIVE前日から絡みまくってごめんなさいですw

なんか終わったのに終わりじゃないような気がしてます。なんなんだろうなー、
こんな感情あんまし味わったことなかったです。ファンはやめませんよねー、
やっぱり。とりあえず「KANREKI」待ちますかw

2016/6/1(水) 午前 3:51 カボチャ頭

アバター

たまちゃん、もうLIVEは終わりでいいと思うよ。何故なら本人がもう
きっちり決めた事なので。ヒムロックが「到達した」と思ったのなら
僕らは受け入れるしかないんじゃないかなーと思います。

でも、聴き続ける分は自由なので、今後も絡んで下されw

2016/6/1(水) 午前 3:52 カボチャ頭

アバター

kollectableさん、解散LIVEはなんか色々考えちゃいますねー…。今回は
考えすぎて考えるのをやめたので純粋に楽しめましたがw

LIVEには行けませんでしたが、次はイエモン記事書きます。
音楽ネタじゃないんですけどねw美味しかったわー(ネタバレ)

2016/6/1(水) 午前 4:00 カボチャ頭


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事