ビールの缶で戦車作れるよ

月2-3回しか更新しないという、実にアレなブログです。

映画

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全23ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

こないだ会社の女の子が「今度海に行くので、明日水着買いに行くんですよー」つってきたので、
「ふむ、じゃあ剃らなきゃね」と返しました。僕的には実に自然な会話の流れだったと思うのです
が、女の子は「もっとこう、なんかあるでしょ?どんな水着なの?とか、どこの海に行くの?とか
そういうのが先に来ません?相変わらず下ネタまでの最短距離を走りますね」と思い切り僕を
非難しました。心からの忠告だったんですが、受け入れてもらえず残念でなりません。本当なら
シェービングクリームを買ってあげてもいいくらいだったのですが…。


さて、今回のお題の映画を観たのは7月1日でした。なんでこんなに間が空いたのかっつーと、
新しい事業部の発足でてんやわんやしてたり、ポケモンやったりしてたからです。面白いね、
ポケモンGO。田舎なので歩き疲れますが。ちなみにブログ更新そっちのけでプレイしてた訳
ですので、そこそこ強いですよ、ええ。


映画は(このブログに来られる皆さんはかなりの確率でご覧になっている方が多いとは思うが)
氷室京介のドキュメントです。彼の2010年からLAST GIGSまでの期間のドキュメンタリー映画
で、なんとビックリ「ファン以外でも見応えがある映画」になっています。これはファンの方々は
逆にわからない感覚かもですが、映画館にかなりご年配の映画ファンの方がいらっしゃって、
「氷室京介って男は知らなかったけど、いい映画だった」という主旨のお話を奥様にされてた
訳です。あー、今までヒムロック知らなかった方でも「いい映画」と思えるんだなぁと少し感激を
致しました。映画は一言で言うと「優しくて誠実な男の映画」でした。


ぶっちゃけ、ファンはみんなここの到達点に至るまでの経緯はご存知でしょうし、中身も「Hulu」
で知ってたりでしょうけど、これは見応えがありました。ショービジネスなんていう、いわば一種
享楽的な仕事、固定ファンもガッツリ付いてるし、BOOWYもソロも含めると印税で何もしなくても
食っていける環境で、ここまで自分をストイックに研ぎ澄ませていく事が出来るのは凄いです。
震災後のアクション、骨折、リベンジと中身もかなりてんこ盛りの数年間ですが、常にその視線
の先にあるのはファンであり、命を削って(こうとしか書きようがないのよね)その期待に応えよう
とする姿が痛々しくも嬉しい。ソロの歴史の変遷を見てきた方はお分かり頂けると思いますが、
いわゆる「ビートを主体に鋭い言葉を乗せる」魅力を失わずに来た彼が、キャリアを重ねるに
つれて、優しさが根底に流れているような曲を増やしていった歴史がそのまんま映像になって
流れています。僕たちを夢中にしたヴォーカリストは、最後の最後まで「道なき未知を進むため
の指標」になってくれたように思います。


気になる点がなかった訳ではないです。作り手のモノローグは必要なのか?という点。確かに
このドキュメントを作った経緯も盛り込みたいでしょうが、あのテレビマン役のイケメン俳優さん
のシーンは「いや、そんな真っ暗なオフィスで仕事するなよ」とか、ついついツッコミを入れずに
いられなかったです。灯りは付けようよ、ね。他にもちょいちょい「ここでモノローグ入れるか…」
があったのですよね。あれが入った瞬間、少し現実に引き戻される感があったんですよね。ま、
そういうのもひっくるめていい映画ではあったんですが。


映画の予告編です。早く円盤化してほしいですね。10月くらいではないかと推測。


ヒムロックのLIVEも「いつか観られなくなる日が来る」のはわかってはいました。彼自身が
フェードアウトよりもカットアウトと公言していたので、きっちりした終わり方をするであろう
事は予想していたのですが、それにしても早いです。欲言えばキリがないとは思うけど…


そろそろポケモンもある程度強くなってきた事ですし、次はもうちょい更新頻度早めます。
ちなみに次回はBJORKネタです。

【映画】「レオン」

イメージ 1

知人の女の子が転職して、水族館にて働きはじめました。元々ダイビングがお好きだったようでして、
少しでも海や魚に近い環境で働きたいという事のようです。僕もダイビングこそ未経験ではあるけど
お寿司も海鮮丼が好きなので海が好きな気持ちは少しわかります。魚っていいですよね。美味しい
ですし。…ま、視点が微妙に違うのは置いておいて、なんか好きな事を仕事に出来たその女の子の
前途が晴れやかなものであればいいなと思います。


海と言えば思い出す映画があります。「グラン・ブルー」という映画です。今みたいに駄作を連発して
いなかった頃のリュック・ベッソンが手掛けた映画です。モデルとなったのはジャック・マイヨールって
方です。以前「イルカと海へ還る日」という書籍を紹介した事がありましたが(もう4年くらい前ですね)
あのジャック・マイヨールです。ま、そんな彼がモデルになった「グラン・ブルー」という映画を観て僕は
リュック・ベッソンという監督を知った訳です。んで、その次に観たのが「レオン」です。


僕は大学の頃にコレを観ました。リュック・ベッソンもこの映画でやたらと「金を稼げる監督」の仲間に
入ったのですが、この映画がギリギリ「ミニシアターレベルの観客動員数」だったんじゃないかなー。
僕が観たのもミニシアターでしたしね。主演はジャン・レノとナタリー・ポートマン、悪役に僕の大好き
な名優ゲイリー・オールドマンが出ています。おぉ、今考えたらゴージャスですな。劇場で「…あれ?
この悪役どっかで観たよなぁ…何の映画だっけ?」と思ってたら「シド&ナンシー」のシド・ヴィシャス
役でした。ロクデナシのベースも弾けないベーシストなのにロックアイコンとしてその名を轟かせる
シド・ヴィシャス役です。この「レオン」でも彼のブッチギレ方は凄かったです。ジャン・レノとナタリー・
ポートマンの演技がハイレベルだったので、敵方がショボい俳優であれば圧倒的にバランスを欠く
危険性もあったのですが、彼の狂気じみた演技がきっちり対等に対抗していたのが印象的でした。


物語はとある「女と子供は殺さない」心優しき殺し屋が、悪徳警官に家族を殺された少女と出会い、
彼女を守りながら悪徳警官と対峙するというお話です。物語はシンプルですが、展開のテンポの
良さと緊迫感は傑出しています。「グランブルー」の映像の圧倒的な美しさと人間の尊厳の描き方
も良かったのですが、あの映画の唯一の欠点が(人によるでしょうが)冗長な長さだったのですね。
映画ってのは興行収入を得るためには「1日の回転数」があって、長時間の映画は一定の客数が
見込める有名大作映画でもない限り劇場から少し敬遠される傾向があるってのを聞いた事があり
ますが、あれは興行主以外にも、僕みたいに集中力が著しく欠如した人間にも不向きですもんね。
…言ってて哀しくなってきたなぁ。


主題歌は「Shape Of My Heart」です。STINGの曲ですね。


これを聴くとちょっとだけ殺し屋気分が味わえます。が、実行はやめておきましょう。


最近は温かくなってきましたね。桜が散ったら、夏ももうすぐそこです。水着のお姉さんが海に
いっぱいいて、それを見る事もなく仕事にいそしむのが例年の展開なのですが、今年はこれに
加えて「リア充め…」と殺意の波動をこの曲に乗せて夏を迎えたいなと思います。
 
イメージ 1
 
こないだ職場の新年会がありました。今年の抱負を聞かれましたので、仕事の内容には全く
触れずに「あー、今年は下ネタやめます」と言ったら「また出来もしない事言っちゃって」とか、
「それは〇〇さんの存在そのものを否定する行為です」とか「そんな苦行をしちゃだめですよ、
楽になりましょうよ。あ、カツ丼取ろうか?」などと複数の人間から言われました。「ま、最初
から諦めてはいけませんよね。僕は下ネタやめるんですよ、うん。この決意は固いですよ」
と言ったら「どのくらい硬いんですか?」と聞かれて「ま、オリハルコン並です。誰か確認して
下さってもいいですよ、ええ」と言ったら「ほら、もうダメじゃんwww」と。今までも様々な試験
の引っかけ問題に易々と引っかかってきた僕、今回もあっさり撃沈でした…。
 
 
てなわけで観てまいりました「劇場版PSYCHO-PASS」ですが、いやー、やっぱり面白かった。
監視社会の息苦しさ、それを何の疑問も持たずに甘受する民衆、システムの脆弱性を探って
かいくぐる術を得た思想的犯罪者、突きつけられる「正義とは何か?」の問い。TVシリーズで
どっぷりハマってしまった僕ですが、今回は映画版ですのでもうちょいアクションの比重高め。
槙島や鹿矛囲のようなカリスマ犯罪者が出ないのは少々残念ですが、今回は少々スケール
大きめの「東南アジアの紛争地域」での組織が相手だったりして、決して見劣りはしないです。
ま、個人的にはカリスマ犯罪者の方が好きではありますけどね。ちなみに、サービスシーンと
して主人公の常守朱(あかね)ちゃんのシャワーシーンもあります。あ、ま、別にここは重要と
いう訳ではないけど、ないよりはあった方がいいですよね、うん。
 
 
日本国内に潜入した武装テロリストの情報から、元公安の執行官である狡噛慎也が生きてて
海外の紛争地域の反政府組織にいる情報をキャッチした常守監視官が東南アジアに行く事で
物語が始まります。時を同じくして、日本で成功している「シビュラシステム」がその東南アジア
に輸出されます。狡噛は何故反政府組織にいるのか、日本がシビュラシステムの輸出を行い、
かつ常守監視官を派遣した本当の理由は、といったところが物語の主軸です。んー、これって
予備知識がないと楽しめないかもですね。あくまでターゲットは「TVシリーズを観た層」でしょう。
総集編的な内容ではなく、完全新作なのですね。「狡噛って誰よ?シビュラシステムって何だ?」
という方はまずTVシリーズをご覧くだされ。損はさせませぬ、めちゃめちゃ面白いから。製作は
Production I.G.(僕はプレステの「やるドラ」シリーズでこの会社を知りました)、物語原案は虚淵
玄(まどマギの人ね)、製作総指揮は本広克行(踊る大捜査線)、監督は塩谷直義です。監督は
存じませんでしたごめんなさいです。
 
 
朱ちゃんという主人公の公安の女の子が魅力的なんですよね。多分、公安に入庁した頃からも
既に人格は一本筋が通っていたものの、まだ新人の頃はそこまで確固たる信念があった訳では
なかったと思うのですよ。様々な事件を通して「システムとは?正義とは?」を考え抜いてから、
どんどん迷いがなくなっていくのですね。きっちり監視官としての働きはするけど、納得いかない
指示命令が下された時には上官に食って掛かるような「強靭さ」を次第に身に着けていくのです。
今回の映画でも痺れるような正義感をビシバシ見せてくれます。アクションシーンも良かったっす。
美麗な絵が動きまくりです。あ、R15なのはグロも多少あるからかな?肉塊飛び散るしね、うん。
鳥肌立ったシーンが3つありました。狡噛と朱ちゃんの緊迫した再会シーン、狡噛と宜野座執行
の共闘シーン、そしてEDの「なまえのないかいぶつ」の音楽が鳴り始めたシーンです。
 
 
予告編観ただけでゾクゾクするなぁ。
 
 
帰りの車の中では「凛として時雨」の主題歌を熱唱しながら帰宅しました。が、あの歌声はファルセット
駆使しても真似できないです。それでも歌う僕。名付けて「凛としてカボチャ」でございます。凛としてる
かどうかは怪しいけどな、うん。
イメージ 1

久々に妙な前置き無しで作品を語っちゃいたいと思いまして、記事更新です。今日のお題は
「桐島、部活やめるってよ」です。監督は「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」の吉田大八です。


感想を一言で言うと「なんか凄いもん観ちゃったなぁ」です。各所で絶賛されていたので、少し
斜に構えて観たのですが、実際に観たら物凄いです。軸となる「桐島」が出てこないまんまで
しかも部活を辞める理由もわからないまんま。全員が宙ぶらりんな状態での暗中模索ですよ。
バレー部のメンバーはエース不在に困惑、彼女は連絡がつかない彼氏に困惑。んでもって、
その周囲はそれに引きずりまわされる。置いてけぼりのような「その他大勢」の群像劇です。
が、この映画はその他大勢が全員主人公なのですね。しかし、よく考えてみたら一部の特別
な奴以外の実際の高校生活ってそんなもんじゃないですか。居場所があるようでないようで、
未来は模索中、友人関係も恋愛関係も「相手が何を考えているかよくわからんのよね…」の
連続で。ただ、そこの「曖昧さ」を物語にしちゃう技量は、ほとんどの小説家や映像作家には
ないです。だって「こんな曖昧なもんをどうやって物語にするんだよ」って考えてしまうもんね。


よくこの映画を語る上で「スクールカースト」って表現が用いられます。簡単に言うとリア充と
そうでないメンバーのクラス内の上下関係ですね。運動神経のいい奴、イケメン、面白い奴
なんかは上位にいて、その取り巻きの女の子がいて、その更に周りにそれを遠巻きに見る
下層グループがいるような構図ですかね。僕が観た上ではそうは感じませんでした。多分、
カースト下位に位置するであろうメンバーが神木君演じる映画部メンバーなんでしょうけど、
実はこっちの方が充実した生活を送っているんです。やりたいことが明確にあって、それを
遂行している映画部。一見、リア充に見えても心の中に空虚な心を抱えている奴、目立って
いる女の子のグループ内の微妙な関係性。わかりやすい「逆転劇」にはなっていないので、
どっちが上位でもないのですよね。この空気感、観ないとわかんないと思います。どちらも
例えば別の種族や別の生き物と共存しているような感覚ではないかと。キリンが猿を見て
「あっちが上だな」とは感じないでしょ。犬が鳥を見下したりしないようなもんじゃないかな。
あ、僕の高校は僕も含めて98%が非リア充だったのでカーストがなかったですww


昔、デヴィッド・リンチの「TWIN PEAKS」ってドラマがありまして「一見平穏に見える田舎町
で一人の女子学生の死をきっかけに、町の住民が右往左往」ってのがありました。其々が
平穏な暮らしをしているようで、何らかの秘密を隠し持ってたりするんですね。群像劇の中
でも珠玉の作品だったと記憶しています。この映画はそれほど露骨じゃないけど、微妙に
近い印象を受けました。人それぞれ事情も思惑も違うコミュニティの中で、とある出来事を
きっかけに波紋が広がっていく様子。群像劇って、その関係性や、距離感、理解の祖語を
第三者視点で見ているから面白いんだよね。映画って他人事でいいので楽ですねw




これ、色んなサイトで色んな解釈がいっぱい書かれています。僕の解釈も個人的なもんで
「いやー、それは違うんじゃね?」もあると思います。が、こういう多元的解釈がぶつかって
いくのは面白いです。語りたくなる映画っていいよね、うん。

【映画】「SWING GIRLS」

イメージ 1


先日、お取引先の名前で「鳥肉」さんって方がいらっしゃいました。僕は書類でその名前
をちらっと見て「あぁ、明日は鳥肉さんがお見えになるのね」と。忘れないようにしなくちゃ
いかん。ここんとこ忘れっぽいからなぁ…鳥肉さんご来訪予定っと…と考えていましたが、
ふと「ん?鳥肉さん?変な名字だな…」と気付きました。よく見たら、それは「島内さん」
でした。そうだよな、鳥肉さんとかいる訳ないよなww と思って調べたらあるのね、鳥肉
という名字。世の中、変わった名字の方多いんだなぁ。


こないだ「ロボジー」って映画を観ました。これ、主人公達の取った行動って「ペテン」だし、
世間を欺いている訳で、人によっては嫌悪感あるんじゃないかなーと思いましたねぇ…。
ま、僕も余計な事を言って引っ込みつかなくなって「あぁ、まぁバレるまでは嘘をつき通す
しかないかなー」な事も無きにしも非ずでしたし、あのダメダメ3人組には共感できる訳で
意外に楽しめました。で、最近知ったのですが、この作品の監督である矢口史靖(しのぶ
よ読むらしいっす)はあの「ウォーターボーイズ」とか「スウィングガールズ」の監督さんで
ございました。で、今回のお題の「スウィングガールズ」です。普段はダメダメな奴らが、
何か打ち込めるものを発見し、それを通じて努力を重ねて成長していくっつー王道展開。
笑いも散りばめたビルドゥングスロマン。いいよねぇ、こういうの。


主人公(最近あんまし見ない上野樹里)は飽きっぽくって何事も続かない女子高生です。
ひょんな事から食中毒を起こしたブラスバンドの代役をやる羽目になって、さらにひょんな
感じでビッグバンドJAZZに傾倒していく女の子です。いい感じにイモっぽい、地方色豊か
な田舎もんです。一緒に音楽を始めた女子高生軍団の結束力のなさも、いかに練習を
サボろうとするかも、始めた頃の管楽器の音が出せないあたりもリアルですw JAZZって
「おっさんのもん」って理解も、まーわかる。10代の頃ってそんなもんですよ。そんな彼女
らが、竹中直人扮する先生(実は演奏は超ド素人の先生)のおかげで、どんどんJAZZに
ハマってくのですよ。 終盤の音楽祭は曲目の良さも相まって盛り上がれます。


僕がJAZZを聴きはじめたのは高校の頃でした。きっかけは「恋のゆくえ Fabulous Baker
Boys」という、それはそれは素敵な映画だったのですね。それ以来、JAZZは「アダルトな
大人のもん」ってイメージだったのですが、これを観たらそんな印象がガラッと変わります。
ビッグバンドってのはこんなに楽しいもんなんだなぁ、と。4人くらいのバンドでもかなりの
楽しさがあるもんね。人数が多くなって、パートが増えてって、音の厚みが出ていくのは
楽しくない訳がない。ソロ活動より2人でアレコレする方が楽しいのと一緒ですよ。まー、
ソロ活動も楽しいけどね、うん。日課だし。


ちょっと動画を貼ろうと思います。映画の盛り上がる終盤の「Sing Sing Sing」もいいんです
が、今回はちょっと違うのにします。映画で彼女たちがバンドとして一体になった印象的な
シーンで演奏をしていた「Make Her mine」です。Hipstar Imageってバンドの名曲ですね。


JAZZでモッズ。切ないメロディライン。かっこいいなぁ…。ちなみこれ、Levi'sのCMにも使われて
ましたね。ジェニファー・ラブ・ヒューイットが出てるCM、記憶にある方も多いんじゃないかな?


本仮屋ユイカの眼鏡っ娘姿もなかなか良かったです。主演の上野樹里より僕的には良かった
です。僕の周囲でも眼鏡っ娘は人気です。真面目なイメージがいいんだろうなぁ。夜にちょい
ギャップがあると更にGooです。「あぁ、こんな真面目そうなのに夜は凄いのね」的な感じだと
素敵です。そんな訳で僕は今夜もソロ活動頑張ります。

全23ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事