ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全97ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

こんにちは(^^)


今日は日本人アーティストによるビートルズメドレーを集めてみました。

コピーバンドではなく、番組企画等のモノを集めたので
え、こんな人がこんな人と!なんて、なかなか楽しいですよ。
そっくりにカバーするというより、楽しんで演奏しているところが
ナイスです(^_^)b


まずは、
◆タケカワユキヒデ、野口五郎、松崎しげるのビートルズメドレー

野口五郎のハーモニカで始まるPlease Please me〜She loves you〜
All My Loving〜Yesterday〜Help!

最初ユキヒデさんがベースを弾いているのですが、それには理由があって…
ポールが盗まれたものと同じ型の(自前の)ヘフナーのバイオリンベース
なんですって。
All My Lovingは松崎しげるがベース&ボーカル
首の振り方なんてもう、ポールに見えます。
Yesterdayはゴロー節炸裂!
とにかく楽しいのが一番。


◆尾藤イサオ、藤圭子、白井貴子のビートルズメドレー
Twist and Shout 〜Eight days a week〜Please please me〜
I saw her standing there〜Back in the USSR

藤圭子さんの踊りと「come on!come on!」必見です。

後半は昔懐かしいアメリカンポップスのカバー特集ですね。


◆王様の「かぶと虫さん達」メドレー
昨日〜助け!〜なすがままにしてください

王様の直訳歌詞はホントに可笑しい。クイーンメドレーも面白い



◆The Voitles  のビートルズメドレー
(千年コメッツの長井ちえ、SHOW-YAの仙波さとみ、角田美喜、
 プリンセスプリンセスの奥居香)

Can't buy me love〜Ticket to ride〜Lucy in the sky with diamonds〜
Helter Skelter〜Don't let me down〜Eight days a week〜She loves you

いつのライブなんだろう?
バンドの垣根を越えて練習したんでしょうね。
Helter Skelterカッコいい!
もう、お祭りですね〜!



ビートルズメドレー特集いかがでしたか?


ヤフーブログが終わってしまう、と言うことが無かったら
きっと、なんとなーく過ぎてしまういつもの8月だったでしょう。
31日まであと一週間、ラストスパートです。


※ビートルズカバー関連記事

The Cavern Beatles,Bootleg Beatles,The Fab Fourの過去記事

海外アーティストのBeatlesカバー曲についての過去記事

今日は全国的に雨のようですね。

昨日、雨が降ったり止んだりしている時に
「セミが鳴いているから、今のうちに帰ろう!」
と友人に言われて何のことかしらと思ったら…
雨になるとセミは鳴かないんですって。
へえー気にしたこと無かったわ〜
確かに今日は鳴いてませんね。



今日のフェイバリットアーティストは「CHAGE and ASKA」

聞くとね、やっぱりイイ。



イメージ 1




ライブに行ってた頃から特別好きだったのがこの曲。
「太陽と埃の中で」



そして、おすすめは「On Your Mark 」

この「On Your Mark 」には、映画『耳をすませば』と同時上映で
公開されたジブリがプロモーションしたMVがあります。
実はASKAの事件以降、お蔵入り状態になっていました。

それが、今年7月に発売された
「ジブリがいっぱいSPECIALショートショート1992−2016」の中に
収録されました👏

そのDVDの予告編はこちら↓


イメージ 2


物語は、カルト教団の施設を武装警察団が襲撃し壊滅。
その教団施設の奥で傷ついた翼の生えた少女を発見した武装警察の2人
(このキャラクターのモデルがCHAGE と ASKA)は
少女を救ったと思っていたのだが、政府機関に幽閉され生体実験を
されているのが分かり、この少女を救おうと奮闘する…というもの。

何度も繰り返し、チャレンジすることで結果が変わる!
いかにもジブリらしい作品です。


YouTubeではありませんが、こちらから見ることが出来ます↓

CHAGE and ASKA - On Your Mark ジブリ実験劇場 (宮崎駿)


お暇があるときに是非!お勧めです。


The Smithereens「11」が流行ったのは80年代の終わりでしたね。

そのスミザリーンズは、ビートルズカバーアルバムを出しているんです。
それも2枚も。
演奏にビートルズへのリスペクトを感じる、それぞれのアルバムを
ご紹介しましょう。



「Meet the Smithereens!」
The Beatlesの1964年にアメリカで発売されたデビューアルバム
「Meet the Beatles!」の全曲のカバーが収録されています。2007年の作品。

すごく原曲に忠実に演奏してます!
ボーカルのパット・ディニジオの声がビートルズより低いのでキーを
変えているそうですがあまり違和感はないですね。
ただし、収録時間は28分と超短いです。
元のアルバム自体が短いから仕方ないかな(笑)


イメージ 2


まずは一曲目、みんな知ってる「抱きしめたい」

続けては、ポールの傑作!



「B-Sides The Beatles」
「Meet the Smithereens!」で味を占めたのかビートルズカバー集第二弾。
1964年と1965年初頭にアメリカでリリースされたビートルズのB面+αの
カバー曲アルバム。2008年の作品。

ビートルズファンにはおなじみの曲ですが、結構マニアックですね。

「ラヴ・ミー・ドゥ」でドラムを叩いたことでも知られる
アンディ・ホワイトがゲスト・ドラマーとして参加しているそうですよ。


イメージ 1


まずは「ラヴ・ミー・ドゥ」のB面のこの曲。

「キャント・バイ・ミー・ラヴ」のB面

EP「ロング・トール・サリー」の中の1曲。


パット・ディニジオは2年前に亡くなっていたのですね。
パット、こんな楽しいアルバムを作ってくれてありがとう!

「Park Ave. 1981」EPO

ヤフーブログも、とうとう残り10日となりましたね。

昔から夏休みの宿題は最後の3日で終わらせるタイプ。
もっと計画的に準備をしていれば、イベントも出来たのに
なんて思ったりして(笑)


ノープランで私のフェイバリットソング集。
今日は、元気になれるEPOの曲をどうぞ。


この曲、印象的でしたよね。
キリンレモンのCMソング『Park Ave. 1981』
文化祭でCMソング集をさらっと歌って喝采を受けていた先輩、いたなあ。


次はコカコーラのCMソング『太陽にPUMP! PUMP!』
わあ〜夏だ〜!



アルバム「VITAMIN E・P・O」のオープニング曲『VITAMIN E・P・O』
このアルバムは、ウオークマンですぐ聞きたくてカセットで買いました。
懐かしいなあ〜



本当に軽やかな歌声の『音楽のような風』
この曲もCMソングでしたね。




「土曜の夜はパラダイス」と共にひょうきん族でブレイクした
シュガーベイブのカバー曲。
『DOWN TOWN〜う、ふ、ふ、ふ』


EPOの元気ソングでパワーアップ

今日もお付き合いありがとうございました(^^)

なんだか、急にGAOが聞きたくなったので…
何曲かお付き合い下さい(笑)


「突然 君と出会いたい」この曲名のせいかな〜(^^)


やっぱり、みんなGAOと言えばこの曲でしょうか?
カラオケで歌いたくなる。でも絶対上手く歌えないんだわ〜(笑)

「サヨナラ」



なんと、ビリー・ジョエルの「素顔のままで」のカバー
雰囲気が良いですね(^^)



「天国と地獄の毎日」これが、デビューシングル!
 バラードも良いけど、こういう勢いのある曲が似合ってるよね。


そして、カップリングがこの「Mappila Baby!」
1990年のNHK『全日本勝ち抜きロック選手権 BSヤングバトル』で
GAOというバンドとしてこの曲で優勝したのでそうです。
小林克也さんが司会してる〜(O_O)
それにしても、よくこんな映像が残っていましたよね。感謝!


そして、近作もロックしててカッコいいですよ!
「BOTTLE BABY」


ああ、楽しかった。
もっと紹介したいけど、もう遅い時間だからね。

それでは、おやすみなさい


全97ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事