走ってみればわかる、、かも

なまった体を戻して行くぞ。何処へ向かうかは未定。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

行ってきました、富士五湖へ。
取りあえず写真をアップ。

この記事に

開く コメント(61)

開く トラックバック(2)

4月12日、行ってきました、奥久慈トレイル。
去年の安達太良42キロ、斑尾50kに続く自分にとってはトレイル第3戦。
やっと体がこなれてきたようなので忘れないうちに記録を。
11日、昼前に家を出だして、山を越え、二月にも大子マラソンで通った袋田の滝近くの市営駐車場が前夜祭パーティーとゴール地点。
泊まりは、豊年満作というでかい旅館のシングルルーム。早速温泉につかって山を眺める。

町の気の入れ方は半端無く盛大。5時からは会場では無料のそばや、ヤマメの塩焼き、特産品のオンパレード。どれも無料。食べ放題。レース説明が始まり熱心にみんな前の方へ集まる。
イメージ 1

イメージ 2


参加者は350人。トップクラスの鏑木、小川選手らが出てるメジャーな大会のようです。
ローカルレースじゃないんだこれは。プロジェクターで写真を見る限り、沢登りだの、鎖場、ガレ場下りだの舗装路、林道、稜線何でもありのコース。会場から山を見上げてみると、ゴール近くの山の稜線は切り立っていてかなりのアップダウン。
腹も満ちて、とっぷり日が暮れるとスタッフの方々が石油ストーブをぞろぞろと持ち出しす気の使いよう。
旅館に戻り、明日の用意。ハイドレーションにはムサシ2リットル、パワージェル6本とパワーバー2個。作ってきたフルーツケーキを2個。これで、14時間保つだろうか。良くわからないがまあいいか。
空調の音でほとんど眠れないまま、やっと2時が過ぎ、着替えて荷物をまとめコンビニのおにぎりを2個食べて、出発。
バスで龍神大橋へ約1時間。
イメージ 3

トイレを済ませ、龍神大橋の真下のスタート地点まで10分位階段を下ると間もなくスタート。
6時。真ん中より後ろから。
イメージ 4

ここから先は山あり谷あり、滝あり、沢登り、鎖場、ロープ登り、農家の庭先を横切り、舗装路を下り、林道を駆け抜け再び龍神大橋の第二関門に着いたのが、すでに11時前。橋の上での応援はもの凄くて照れまくり。
イメージ 5

靴の泥を出して、ハイドレーションに給水、フルーツケーキを一切れ食べて5分位で再スタート。
ここで29キロのはず。だから半分以上は来ているはず。完走は間違いない、と確信。

再び山に入り、神社の限りなく長い階段、どこまでも続く林道、もう振り返っても誰もいない。
当然前にもいない一人旅。道を間違えてないか心配になった頃標識が出てくる。

二車線道路をさんざん下ると第三関門。スタッフが盛大に迎えてくれる。
ここで、すでにGPSは50キロ。あと何キロと聞くと5キロ位と。仕方ないかこのくらいの誤差は。
登りで一緒になったおじさんも「なんだか距離長いよねぇ」と、不満そう。
もう淡々と進むしか有りません。午前中に一回通った給水所であと2キロと言われるが、うそ。
最後の給水でも2キロと言われ、最後のピークでも2キロと言われ、あとにキロが4回有った。
最後のピークの3つ前に給水が切れた。第二関門で補給をけちったから。
イメージ 6

パワーバーを食べても飲み込めず。
だいぶ下って一人でとぼとぼと階段を下ってると後ろからお兄さんが大きな声を出しながら降りてきて抜き様に「もう少し頑張ろう」と励ましてくれました。
オーそうだった、忘れてた。
脚の爪が剥がれて痛いのも声を出すと忘れて走れるもんだ。
そこから一キロ位だろうか、温泉街に降り立つと日暮れ前。
旅館のおばさんやおじさんが大きな声で応援してくれる。
前にも後ろにも誰もいないので、その声は、確かに僕に言ってくれてるらしい。
ゴールすると、総合の表彰が始まっていた。トップは8時間弱で到着。二位も8時間超え。
やっぱりきついコースだったのねと、少し安心。
イメージ 7


結果、11時間23分39秒。総合84位。年代6位。完走率53%。完走者171人。半分より前だったので良しとしよう。
イメージ 8

割引の温泉入浴券を買いに行くと、電車で来たお兄さんが、風呂に行きたいがバスは終わってしまって、る。困ってるので、誘って一緒に行きました。膝が痛いくて第二関門でリタイアと言ってましたが、治ったかな。連れの彼女は12時間で完走してました。若いカップルとお友達になれてよかった。

ちょっと落ち着いてくると、ああ、面白かったかもぉ、と思える今日この頃。
きっと来年も参加するんだよね。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

来年の2月14日バレンタインデー、いわき市での公認フルマラソンが決まった。
そのプレイベントで行われたリレーマラソン42.195キロ。
須賀川といわきのジョギング仲間でチームを作り参加してきました。
6人の予定が5人になって、一人一キロでタスキをわたす。
始めて駅伝みたいなレースに参加させてもらい、楽しませてもらいました。
タイムは 2:45:23
見事にSUB3達成できました。
冷たい風が少し有る物の、気持ちの良い一日でした。
グランドの片隅でシートを広げ二時間ほどアフターも楽しみました。
なんだか良いトレーニングになって脚が軽くなったかも。
来年もやるかな。

3:53
4:02
4:07
4:04
4:00
4:07
4:11
4:06
でした。

この記事に

開く コメント(0)

3月8日一ヶ月もたってしまった報告。
スタート地点が高いところにある運動場で、去年はがーっと二キロほど下って折り返しまで登り基調のコースだったのが、今年は何故か坂の下からのスタートで、初めから登り基調。
前回前々回とハイドレーション持参で走って調子よかったんだけど、今回はパワージェルを持ちたくて、さんざん悩んだあげくハイドレーション無しでスタート。
折り返しまでに二回有るエイドの水を取り損なって、水切れの登りでバテてしまった。
三つ目の給水は何とか取れて、下りでスピード上げるもすでに遅しで、1時間42分8秒。
まぁ、去年よりは9分ほど早くゴールはできたんだけど。
前半のメタメタが悔しいレースでした。

この記事に

開く コメント(0)

勝田全国マラソン大会

去る1月25日、茨城県の勝田、石川運動公園で行われた今年最初のフルマラソン。
風はそよ風、雲一つ無い晴れ渡った空。イオンタウンのようなショッピングモールが出来るほどの大きな大会でした。参加者14700名。フル男子6800人。
スタートの号砲がなってから1分半たってやっとスタートラインを越えました。
これが噂のマンモス大会。東京マラソンでは30分かかった人もいるとか。

今回の目標は、ビルドアップでゴール。
ゆっくり5:20/Kでスタート、5キロごとに5秒あげて行き、最後の7キロは4:20/Kでゴール、と言う壮大な計画を立てたのでした。
が、スタートに1分半は予定になかった。走り始めてから5:20でペースを刻んだのですが、3キロほど行ったところではたと気づいた。平均で、5:20/Kにならないと行けないのだからスタートのロスを取り戻さなくてはいけない。
で、4:50に修正。何とか初めのラップは5:24に治まった。でも、まだ遅い。で、次のラップも4:50。
最後のラップが心配でそのまま4:50を落とせず、35キロまで着たものの、残念ながら最後までもたんかった。
結局イーブンペースの練習になってしまった。最後の5キロは6:25まで落ちるおまけ付き。

んでも、前回の大町マラソンの3時間50分を大幅に19分更新できたのは、初めに突っ込まないで我慢我慢のペース取りが良かったみたいです。
スタートは、商店街の二車線道路、すぐに片道3車線の6車線全部解放した道路になります。
道幅の広く、直線の部分が緩くアップダウンしてるところを、延々と人が走ってるのが見えます。まるでメビウスの輪の上を進む人たち。
いやいやすごい光景でした。
以前、斑尾のレースで、斑尾山の頂上を目指す蟻さんのような行列が出来た時もたまげたけど。
せっせと前へ前へと走る人たち。僕もその中の一人。ここが肝心。
変な人扱いされてる人がこれだけ集まれば、普通の人になったような錯覚か。

レースの度に会うお友達も出来て、前後の楽しみも出来、益々レースが楽しくなりました。
イメージ 1

知ってる方は数人ですが、共通の旗の元に集まってきます。
参加賞は茨城名産の干し芋。
出店で大量に売ってました。3つも買ってしまった。
イメージ 2

タイムね、3時間32分56秒最後誰か応援してくれたら30分切れたのに。
って道ばたの応援はいっぱいいただきました。負け惜しみです。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事