走ってみればわかる、、かも

なまった体を戻して行くぞ。何処へ向かうかは未定。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

勝田全国マラソン大会

去る1月25日、茨城県の勝田、石川運動公園で行われた今年最初のフルマラソン。
風はそよ風、雲一つ無い晴れ渡った空。イオンタウンのようなショッピングモールが出来るほどの大きな大会でした。参加者14700名。フル男子6800人。
スタートの号砲がなってから1分半たってやっとスタートラインを越えました。
これが噂のマンモス大会。東京マラソンでは30分かかった人もいるとか。

今回の目標は、ビルドアップでゴール。
ゆっくり5:20/Kでスタート、5キロごとに5秒あげて行き、最後の7キロは4:20/Kでゴール、と言う壮大な計画を立てたのでした。
が、スタートに1分半は予定になかった。走り始めてから5:20でペースを刻んだのですが、3キロほど行ったところではたと気づいた。平均で、5:20/Kにならないと行けないのだからスタートのロスを取り戻さなくてはいけない。
で、4:50に修正。何とか初めのラップは5:24に治まった。でも、まだ遅い。で、次のラップも4:50。
最後のラップが心配でそのまま4:50を落とせず、35キロまで着たものの、残念ながら最後までもたんかった。
結局イーブンペースの練習になってしまった。最後の5キロは6:25まで落ちるおまけ付き。

んでも、前回の大町マラソンの3時間50分を大幅に19分更新できたのは、初めに突っ込まないで我慢我慢のペース取りが良かったみたいです。
スタートは、商店街の二車線道路、すぐに片道3車線の6車線全部解放した道路になります。
道幅の広く、直線の部分が緩くアップダウンしてるところを、延々と人が走ってるのが見えます。まるでメビウスの輪の上を進む人たち。
いやいやすごい光景でした。
以前、斑尾のレースで、斑尾山の頂上を目指す蟻さんのような行列が出来た時もたまげたけど。
せっせと前へ前へと走る人たち。僕もその中の一人。ここが肝心。
変な人扱いされてる人がこれだけ集まれば、普通の人になったような錯覚か。

レースの度に会うお友達も出来て、前後の楽しみも出来、益々レースが楽しくなりました。
イメージ 1

知ってる方は数人ですが、共通の旗の元に集まってきます。
参加賞は茨城名産の干し芋。
出店で大量に売ってました。3つも買ってしまった。
イメージ 2

タイムね、3時間32分56秒最後誰か応援してくれたら30分切れたのに。
って道ばたの応援はいっぱいいただきました。負け惜しみです。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事