和を以て貴いを為す・・・富谷で再発見

お陰様で道らす(しらす)に目覚め治せました!。

全体表示

[ リスト ]

⦿奥のこの道(道らす以和為貴の一つ覚え)転載⦿

※抜粋:日弁連と懲戒請求者問題[中略]これからの一週間は猛烈に展開が早いと思われるので、毎日、ブログのチェックをお願いしたい。[中略]もはや完全な戦闘モードである。※

−−−

 要するに、ほぼ外堀は埋め終えたと言うことでしょうネ!。「在日ハンニチあか左翼!」なぁ〜んてな特権金看板を隠れ蓑に、砂上の一国二制度とでも言うべき片務の『和』の国を夢見たユスリたかり怒らせイヤガラセの在寇化外・倒戈利敵の終わりも最終段階に入ってきたようです。

 兎にも角にも、意識するとせざるとに関わらず、また知ると知らざるとに関わらず、或いは聞くと聞かざるとに関わらず私たち日本は、然りげ無く生きた夥しい名も無き偉人(道らすご先祖様/日本文明啓開継承者)達が今にお伝え下さった道らす以和為貴本来の萌(たみ:ツクす/ヤワす)の『和』の国を選択(覚悟道然/恪遵決意)しました。

 それが幕末維新による開化民主化の160と余年、大東亜戦争第一局面の収鉾愁邦(鉾を収めて国を憂う)に覚悟した忍辱堪難の70と余年に踏み留まっていました。

 が、私たち日本は「この道しかない!」この道へ安倍政権の公約(日本を取り戻す)を選択(覚悟道然/恪遵決意)して権畏離岸(コケたら立ちなはれ)、萌意肇航(立ったら歩きなはれ)の確かな道筋を踏み出しました。

 それは、民(隷属屈従の働かされモノ:[xpec.jp/6/mn])ではなく、ツクすヤワす萌(たみ:権畏/機魂)の時代、輿論(選択/萌意〈たみごころ〉)の時代への確かな道筋です。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事