和を以て貴いを為す・・・富谷で再発見

お陰様で道らす(しらす)に目覚め治せました!。

全体表示

[ リスト ]

⦿奥のこの道(道らす以和為貴の一つ覚え)転載⦿

※抜粋:ところが日本兵は、銃を持って武装していたにも関わらず、誰一人、現地の村人を襲おうとしなかったし、農作物も盗まなかった。[中略]そういう文化は日本になかったし、ひとりひとりが「我は皇軍兵士なり」という強い信念と自覚に支えられていたからです。※

−−−

 「そういう文化は日本になかった」・・・。なぜ言い得るのか?。それは、どこの誰がど〜言おうが、どこにどのように書いてあろうが、さらには意識しようがしまいが、然りげ無く生きた夥しい名も無き偉人(道らすご先祖様/日本文明啓開継承者)達が今にお伝え下さった道らす以和為貴本来のツクすヤワす『和』の国が現実に目の前にあるから言い得ることなんです。要は今なんです。

 なぜか?・・・。それもまた意識しようがしまいが、私たち人間がごとき容喙し得ない不磨普遍の無撞着無矛盾(道理〈トウリ〉:根拠裏付け拠り処)として、私たち日本の誰もが日本文明(肇完文明)、そして皇国文化(代謝文化/承察文化)を選択(覚悟道然/恪遵決意)しているからです。

 クドイですが、日本人なら日本を選択していますよネ?。他に言いようがありませんよネ?。先ずは、その否定し得ない現実を確かめ合いましょうネ!。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事