ここから本文です
グライダーを飛ばしに行こう!
記録がてら、RCグライダーに関する出来事や気づいたこと少しづつ。

書庫Erwin(PCM)

記事検索
検索

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

PCM社のPINO 2.5m mediumとslopeの主翼を体重測定。

見た目はmediumとslopeの文字の違い。でも主翼のカーボン材や構造も違います。
左からPINO-3.0m、2.5mスロープバージョン・2.5mミディアムバージョン。
イメージ 4

当然、重さも。 ミディアムバージョンは339g。(片翼)
イメージ 1

スロープバージョンは475g。 その差136g。
両翼では272g違うことになりますね!
イメージ 2
50g重い胴体と主翼で合計320g重いスロープバージョン! どうなんでしょう!

ついでに新型機PINO-3.0mの主翼は454g。
イメージ 3

2.5mのスロープバージョンよりPINO-3.0mの方が主翼は軽い!!!
3.0mもスロープバージョンやライトバージョンが出るようなので楽しみです!

この記事に

開くトラックバック(0)

PINO 2.5m mediumとslope。

PINO-mediumとslopeの体重測定。

まずは胴体。見た目には違いがありません。
イメージ 1

垂直尾翼も同じ素材が使われているようですが。
イメージ 2

ミディアムバージョンは206gに対して、
イメージ 3

スロープバージョンは255gと約50gの補強が入っている模様。
ただのバラツキだったりして。。。
イメージ 4

次は主翼の体重測定します!

この記事に

開くトラックバック(0)

PCM社 PINOシリーズ。

オーストリアPCM社のPINOシリーズが揃いました!

イメージ 1

約2年前に登場したスパン2.5mのPINO-medum(写真中央)と、
イメージ 2

昨年新たに追加されたスパン2.5mPINOのslopeバージョン!(写真左)
そしてそして、今回追加されたスパン3mのPINO-3.0mです!(写真右)
イメージ 3
3.0mはVテール!
並べたら、それぞれの違いがようやくみえました〜

この記事に

開くトラックバック(0)


オーストラリアPCM社のPINO2.5mにスロープバージョンが登場!
この写真ではミディアムとの違いは分かりませんが。
イメージ 1

Erwin-XLと同じ160gのカーボン材料を使って主翼の強度アップ!
イメージ 3

内部構造も変更されてますが、引き換えに約300gの重量アップ!
イメージ 2

主翼はスロープ用に丈夫になり、胴体は着地時の負担軽減のため主翼取付ネジを樹脂製に。
イメージ 4

ミディアムも主翼だけ買えばスロープバージョンになるのかな?

この記事に

開くトラックバック(0)

スパン2.5m、全備970g。

オーストリアPCM社のPINO。
ミディアムに続き、全備970gのライトバージョンが追加。

イメージ 1

主翼のカーボン材料は26g biaxis non crimp carbonに変更、
カンザシはカーボンパイプになりました。
イメージ 2

ミディアムバージョンは、80g IMS Spread-Towでカンザシはカーボンロッド。
イメージ 4

尾翼も軽量なカーボン材料に変更されています。
イメージ 3

ちなみにミディアムバージョン。
イメージ 5

次はスロープバージョンが登場のはず。

この記事に

開くトラックバック(0)

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事