ここから本文です
レコード盤にはどんな音がはいっているのかなぁ〜?

書庫全体表示

damaterra 邸訪問記

当ブログに貴重なコメントを度々頂いているdamaterra さんのオーディオルームに
昨日の午後から行ってきました。
主な目的はdamaterra邸のシステムにCAPRICEを組んで鳴らす為です。
さてCAPRICEはどの様な音を奏でたのでしょう。

damaterra邸は我家から1時間ほどの東京ディズニーランドのすぐ脇にあります。
浦安は今回の震災の被災地でもあります。
1ヶ月ほど前からdamaterra邸へ訪問の予定でしたが中止となり、最近上下水道がやっと仮復旧できたそうで
今回のオフ会ができるはこびどなりました。
浦安に着くと液状化現象で周りの道路と歩道の段差が50センチはあろうかというほど沈下していて
泥水の乾いた埃がまだあり、盛んに復旧工事をしていました。
幸いdamaterra邸は被害は最小だったそうですが周りの家はかなり傾いたものもあるそうです。

イメージ 1

damaterra邸のオーディオルームは八畳でメインスピーカーはロジャースのSTUDIO2aです。
このSTUDIO2aはLS5/8などBBCモニターの流れを汲むスピーカーで30.5cmポリプロピレンウーハーに
3cmメタルドームツィーターの2ウェイで超高域にフィデリックスのAH-120Kを付加してあります。
今回は聞く機会はありませんでしたが、ローサーのPM-6aを2本搭載したユートピア製スピーカーをサブに使用しているそうです。
ドライブアンプはカウンターポイントのNPAパワーアンプで真空管とTrのハイブリッドモノアンプ。
プリは同じくカウンターポイントのSA-5.1で内部にはビシェイの最高級抵抗Z201を使用してあるそうです。
イメージ 3

           カウンターポイントのパワーアンプNPA

イメージ 2

           オーディオラックの中の機器たち

さてこの再生に使うメインシステムのロジャースのスピーカーの音ですが、
よく自分がスピーカーを評価する時に「生き生きとしている音」と書きますが抑え付けられた音ではなく伸び伸びと楽しく鳴る。それが全くの無改造で出る事に驚きました。
低域は量感が豊かなタイプで拙宅の密度と芯のある低音とはちがいますがベースの音程もキッチリと聴こえ
上から下まで明瞭度が高く、明るく音楽を聴かせてくれるので、すっかり楽しんで聴いてしまいました。
自分が聴かせてもらった個人宅では一、二番位に好いのではと思う良くコントロールされた音で音質比較用では十分すぎる音でした。
このメインシステムを使って入力機器を聴きましたが、とてもよく反応して差を出してくれたと思います。

イメージ 4

  下カウンターポイントのDAC DA-10 左上は御存知CAPRICEかなり大きさが違います。

トランスポートはSONYのSCD-1を使用しましたが、このSCD-1も相島技研でフィデリックス製のクロックに換装と制振対策がしてあるものです。(オーディオラック右下の機器)

まず一番最初にカウンターポイントのDA-10でCDを聴かせてもらいました。
このDA−10はノーマルのままではなくALTA VISTA AUDIO製のRAPTURE DAC CARDにUPしてあるそうです。
DA-10から出てきた音はかなり明瞭度が高く聴こえ細部まで良く見える音で驚きました。
何曲か聴いてからCAPRICEに換えてDA-10と比較して聴いて見ましたが
音のエネルギーバランスはDA-10はやや高域寄りで細身、音質も硬質に感じました。
カプリースは中低域に厚みがあり何時もどおりの優しい音で音像の密度と躍動感もあるように聴こえました。
damaterraさんの印象ではCAPRICEは接続した瞬間はそれほどでもないと思ったそうですが
暫くすると空間の再現性でDA-10を越えて聴こえたそうです。

次にSONYのSCD-1でSACDを聴かせてもらいましたが、この音は別格です。
SACDの音とCDの音ではメディア自体に埋まらない差が歴然とあります。
圧倒的に情報量がちがい肌理細やかで優しくしなやかで自然です。
自分はSACDには今まで興味があまりありませんでしたが、
この音を聴いて何時かはCAPRICEのDSD仕様でSACDに挑戦してみたいと思わせてくれました。

イメージ 5

        トーレンスTD-520SUPER 9塰ざ眄愁拭璽鵐董璽屮襪硲咤唯3012-R

そして最後は御決まりのアナログです。
やはり上質なアナログは理屈抜きで素晴しい・・・

  • 顔アイコン

    ROGERSのスピーカーですよね?

    [ smart3158 ]

    2011/4/18(月) 午後 7:56

    返信する
  • 顔アイコン

    smart3158 さん、
    はい、当りですねロジャースのSTUDIO2aです。

    [ milon ]

    2011/4/19(火) 午前 8:08

    返信する
  • 顔アイコン

    SCD-1とカプリ−スの聴き比べが面白そう。SCD-1は使用していたことがあるので音は知っています。
    CDの音はオーディオ的にはクールで情報量の多い硬めの音で大変優れています。ただ個人的にはしなやかさとか優しさ、可愛らしさといった要素があまり感じられなくてうちではローディの001をメインに選びました。ただSACDは素晴らしい音だったと思います。またトランスポートとしての音はかなりクオリティーは高かったですね。
    カプリースとは対照的な音な予感です^^

    [ 雪まるだ ]

    2011/4/19(火) 午前 9:56

    返信する
  • 顔アイコン

    雪まるださん、
    SCD-1でCDの比較はしませんでしたが、おっしゃるとおりSACDは素晴しかったですよ。

    [ milon ]

    2011/4/19(火) 午後 4:24

    返信する
  • SACDの音は確かに凄いですね。
    自分は持ってはいませんが
    何度か聴く機会があって確かに凄いとは思いますが
    ソフトから買い揃える事を考えると
    SACDプレーヤーを購入する気にはなれません(^_^;)
    よほど音の良い環境で音楽を聴けたみたいで羨ましいです。

    幸せの黒い猫

    2011/4/20(水) 午前 7:18

    返信する
  • 顔アイコン

    黒い猫さん、
    昔ルボックスのサンパチ2トラを持っていましたが、音は良かったのですが、聴くテープが数本でした。笑
    やはり聴くソースが多くなければとは思います。
    でもSACDから出る音は本当にアナログ超えかもしれません。
    できればCDから凄い音が引き出せればよいと思いますが・・・
    だまてらさん宅の音は良い音が聴けましたが、良い音はあそこがどうだとか、此処がどうだとかは関係なく音楽が楽しく聴けてしまう事だと思います。

    [ milon ]

    2011/4/20(水) 午後 8:22

    返信する
  • 顔アイコン

    SCD-1で再生するSACDはアナログを超えていると思います。録音次第といったところですかね。録音が良くないとたとえSACDであってもCDに及ばないです。あとはおっしゃる通り聴きたいソフトがあるかどうかに尽きますよね。うちには数枚のSACDがありますが・・・。
    価格もちょっと割高なのもネックです。

    [ 雪まるだ ]

    2011/4/21(木) 午前 1:49

    返信する
  • 顔アイコン

    こんにちは。

    結局知人の手を煩わせてしまったのですが、なんとかI2Sで聞けています。
    その関連でCapriceを直接フィデリックスに持ち込んだ際に、DSDの音を
    少しだけ聞かせていただきました。
    とても深々とした、いい音が出ていましたよ。
    なんというか、音場自体が奥にぐ〜んと広がるような残響感でしたね。
    音色自体はCDよりもウェットな感じだと思います。
    それで、その後I2SでCDを聞いたのですがこちらは音の粒子が飛び散って
    いくのが見えるような残響感で、これはこれで悪くないです。
    音像はI2Sのほうが締まっていますが音色はDSDのほうが優しい感じです。
    まあ、あちらはデュアルモノ仕様なので断定はできませんが。 削除

    [ 係長 ]

    2011/4/21(木) 午後 2:25

    返信する
  • 顔アイコン

    雪まるださん、
    メディアに入る前の録音の良し悪しは一番音に影響するでしょうね。
    メディアに入っている音以上には改善のしようがない。
    カプリースから出てくるCDの音でも「良いなー」と思えるので、いろいろな音楽が聴ける事の方が大事かな?

    [ milon ]

    2011/4/21(木) 午後 4:38

    返信する
  • 顔アイコン

    係長さん、
    I2Sの音出ましたか?おめでとうございます。
    カプリースのDSDの音を聴いた貴重なコメント有難うございます。
    鮮明でありながら、しなやかで優しく何時間聴いても疲れない音
    これが「自然な音」の目指す所であり、一番難しい事だと思います。
    「I2Sも悪くない」それを聞いて少し安心しました。
    清瀬に行って一度DSDの音を聴いてみなければならないかなー。
    あと、中川さんにカプリースのプリのディスクリートOpアンプ換装の件は聞きませんでしたか?

    [ milon ]

    2011/4/21(木) 午後 4:54

    返信する
  • 顔アイコン

    milonさん

    車で持って行ったんですが、近くに駐車場がなく路駐してしまったんです。
    なのでごく短時間の滞在だったため、そのことまではお話ししていません。

    I2SとDSDの音の差は好みの問題と言ってしまって良いと思います。
    ようするにPCMの音が好きか、DSDの音が好きかということです。
    どちらもS/PDIFより数段レベルが違う音なのは、一聴して分かります。
    ソースの数の問題と、一般的な録音ではPCMの過程が混ざるのが普通なので
    私はI2Sを選択しましたが、音質的にどちらかが圧倒的に勝れているという
    印象は感じませんでした。
    最終的にはHi-Res音源どうしで比較してみないと、私にも分からないです。

    清瀬まで来られるのでしたら割と近くですから良かったら遊びにきて下さい。
    ウチは狭いですしたいした音も出せていないのですが、これも何かのご縁
    かもしれませんし。 削除

    [ 係長 ]

    2011/4/21(木) 午後 7:39

    返信する
  • 顔アイコン

    係長さん、
    再度のコメント有難うございます。
    係長さんの話を聞くと、やはりフィデリックスのトランスポート待ちかなーと思います。

    お誘い有難うございます。他の方のオーディオ装置を聴くのは楽しいですので時間を見て御邪魔させてください。
    宜しく御願いします。

    [ milon ]

    2011/4/21(木) 午後 8:55

    返信する
  • 顔アイコン

    そうですね、やはり純正のトラポを待つのが一番だと思います。
    私は信者ではないですが、中川さんが選択するのなら何らかの
    意図があるはずだとは思いますので。
    私の場合はPCトラポなので192kHz/24bitを聞きたかったので
    成り行きでここまで一気にきちゃいましたが、その結果として
    CDの音の良さを再認識することになりました。
    普段食べるごはんはCDで十分、Hi-Resはたまのご馳走です。

    >宜しく御願いします。
    そんなに畏まられるとかえって困ってしまいますよ(笑)
    中川さんのところに行く、ついでのついでという感じでとらえて
    下さい。
    そうですねえ、日帰り旅行の帰りにお土産を買うパーキングの
    感覚でお願いします。 削除

    [ 係長 ]

    2011/4/22(金) 午前 0:06

    返信する
  • 顔アイコン

    milonさん、先日は千葉名産のお土産(落花生)まで頂戴し、ありがとうございました。おっと一番のお土産は当家リスニングルームでCAPRICEの真髄を堪能できたことですね!
    当家のDACもハイエンド超えを自称しており、解像度やワイドレンジなところはCAPRICEと比較しても一長一短だったと思います。CAPRICEで驚嘆したところは「空間の再現性」であり、アコースティックなソースにおいてロケーション(収録場所)の奥行や天井高まで聴き手に提供してくれる点においては「アナログを超えた!」というのも誇張ではありませんね。ただ、負け惜しみになりますが、同一ソースをLPで聴いてやはり「アナログは偉大なり!」とも感じました。

    SACDは、かえって最新録音よりもステレオ録音初期の名盤と愛称が良かったりします。SCD-1からDSD信号をI2Sで取り出して、CAPRICE2台使いで再生したら・・・これは凄いことになりそうですね。だまてら

    [ dam**erra ]

    2011/4/22(金) 午前 0:33

    返信する
  • 顔アイコン

    係長さん、
    352.8kが再生出きる様になるとcdの再生のクオリティーも上がると中川さんが言っていました。まだ先の話ですがのんびりとトラポが出来上がるのをまってましょう。

    では御会いできる日を楽しみにしています。

    [ milon ]

    2011/4/22(金) 午後 9:41

    返信する
  • 顔アイコン

    だまてらさん、
    先日は有難うございました。
    DA-10の音を聴いた時はカプリースより上かな?と思いました。
    自分は音のエネルギーバランスと演奏者の勢いを比較しましたが、
    だまてらさんは空間の比較に耳がいったようですね。

    当家でもアナログはカプリースの再生する音を上回っていますが最近はCDを聴く事が多くなりました。
    それほどCDの音質が向上して、なおかつ使い勝手が良いのでついレコードに手が伸びなくなっています。
    その点ではカプリースの影響力は凄いと思います。

    フィデリックスには、まだこれから面白い事がありそうで、今後の展開に期待していきましょう。

    [ milon ]

    2011/4/22(金) 午後 9:58

    返信する
  • 顔アイコン

    遊びに来ました。
    あまり詳しくないですけど。
    読んでいるだけでワクワクしてきます。
    これからも、遊びに来ますね。 削除

    [ シロクマ ]

    2011/5/8(日) 午後 4:02

    返信する
  • 顔アイコン

    シロクマさん、
    いらっしゃいませ。
    かなり難しい話ですが、また見に来てください。

    [ milon ]

    2011/5/8(日) 午後 8:12

    返信する
  • 顔アイコン

    おおっ、シロクマさんに当家のレポートにご訪問頂いて光栄です。milonさん、シロクマさんは小生のもうひとつの趣味であるディズニー関係(最近約2年半ぶりに年間パスポート復活しました)のお仲間です。さて、ディズニーとオーディオ、両者の関係は・・・どちらかに疲れたり行き詰った時はもう片方でうまくリフレッシュできる相乗効果・・・とはこじつけ風ですがそういった面はあると思います。

    [ dam**erra ]

    2011/5/9(月) 午後 11:58

    返信する
  • 顔アイコン

    ディズニーランドに歩いていける距離にいるdamaterra さんのもう一つの趣味の御仲間でしたか。ディズニーリゾートも再開できて良かったですね。

    [ milon ]

    2011/5/10(火) 午後 8:53

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事