ここから本文です
レコード盤にはどんな音がはいっているのかなぁ〜?

書庫全体表示

私のPL-31Eに使用しているモーターはいわゆるジャケットサイズの低価格のプレーヤーに使われている小型のDCモーターですが、
https://blogs.yahoo.co.jp/milonhit/26926666.html
https://blogs.yahoo.co.jp/milonhit/26998103.html
ベルトドライブに使われているモーターを色々聴いてみて
小型の物の方が大型の物より音が良い事は分かっていましたが、この理由を考えては
小型の物の方がローターの径が小さくなり磁力が引き合う力がかかる作用点の直径が内になるからだと考えました。ただそれだけの理由で音が良いわけではありませんので、他の理由についても後付けで考えてみました。

それまで使用していたシンクロナスモーターでは電圧を下げてトルクを極端に弱めると滑らかな音になりますが、スタート時は手で補助しなければ定速に達するまで時間がかかるデメリットもありました。
しかし、小型のDCモーターを電池駆動で動かした時の音質は遥かに歪みが少なく滑らかでありながら、スタート時にはサーボが働く事でトルクがかかり、立ち上がりは手で補助をしなくてもスムースにスパッ!と定速に達するのです。そして定速に達してしまえば半年は電池交換をする必要がないくらい電流を使わない事から、極低トルクで回っている事が分かるのです。
低トルクで回せる理由はプレーヤー本体のスピンドルシャフトのベアリング化やマグネフロート化をし、極低抵抗にした事が最も大きな要因となっている事は想像はつくと思いますが、他にもうひとつあるスピンドルシャフトもこの低抵抗に貢献していると思われる事です。

それは小型DCモーターのスピンドルの直径は2mmと模型に使われる物と同じ極細の径で、上部スラスト軸受は普通の滑り軸受ですが、通常のシンクロナスモーターに使われている軸は細くても6mm程度はある事から、これに比べれば今までの経験上このモーター自身の回転抵抗は極端に小さいと思われることです。

そしてこのモーターの下部軸受けはドーナツ状の金属のスラスト軸受が樹脂の穴にはまっていて、そこにこの2mmのシャフトが貫通し、下側のローターの重さを支えるのは構造体の樹脂そのままの簡単な物で、一見するとローターの重さが下部の樹脂にかかり、回転抵抗が増えると考えられますが、ローター自体が小さく軽い為、外周にある固定極のリングマグネットの磁束の中に引張り込まれてローターが浮く様になり、底部軸受けへの負担も少なくなるのではないかと考えたしだいです。(マグネフロートの効果もあるか?)

いずれにしてもこの小さなDCモーターが 私の目標としてきた『手回しプレーヤーの音』を実現する為に大きく影響を及ぼした物である事に違いはありません。

  • 顔アイコン

    こんばんは\(^o^)/


    興味深い話ですね! 浅学故に理解には程遠いのですが

    ホンダがレーシング用の高回転エンジンを作った際にクランクベアリングが焼き付いて困った事があった、、、耐荷重を支える為にベアリングの径をドンドン太くして行ったのですが、本田さんが ”細くして見れば?”っと云うことで解決したそうです。

    細い軸で力が分散されたのでしょうかね?

    そんな話を思い出しました。

    ではでは

    [ Yさん ]

    2018/8/26(日) 午後 7:15

    返信する
  • おはようございます

    重〜いターンテーブル、太くて長い軸、巨大トルクの大きいモーター、

    自慢にはなりますがね(爆)

    [ 気まぐれ ]

    2018/8/27(月) 午前 5:33

    返信する
  • 顔アイコン

    30年以上前ですが江川三郎先生はDCよりACシンクロナスモーターの方がトルクが小さいので(?)音が良いと提唱されていました。マイクロの1500シリーズでDC、AC両方のタイプが発売されていました。DENONはACモーターでやはり低トルクでした。それ以来ずっとACモーターが良いと思い込んでいました。話は違いますが最近の扇風機はDCモーターで大変静かで省エネになっています。過去と今のDCモーターの構造が違うのでしょうかね。興味深いです。

    [ セプ太 ]

    2018/8/27(月) 午前 7:09

    返信する
  • 顔アイコン

    うちでは\8000前後のオーディオ・テクニカ AT-PL300 も使っています。これと同じようなモーターに交換したのですか?。うちではほとんどメインになっています。

    [ 青コゴミy2 ]

    2018/8/27(月) 午後 2:28

    返信する
  • 顔アイコン

    > Yさんさん
    丈夫にしようと太くすると回転抵抗が増える。プレーヤーではエネルギーが熱にはならないのですが、音エネルギーが吸収されて綺麗に響きが伸びなくなるんです。生き生きとした表情が消え、躍動感のないつまらない音ですよ。

    [ milon ]

    2018/8/27(月) 午後 2:53

    返信する
  • 顔アイコン

    > 気まぐれさん
    実物をつかっているのですから 気まぐれさんには説明も重厚長大もいりませんよね。

    [ milon ]

    2018/8/27(月) 午後 2:57

    返信する
  • 顔アイコン

    > セプ太さん
    私も江川さんの話や実際の体験から、以前はDCモーターよりACモーターの方が音が良いと思っていました。
    私の友人の雪まるださんがたまたま持ってきたDCモーター付きプレーヤーの音が良いのに気が付いて、再検証したところ、このDCモーターの方が音が良い事が分かったのです。江川さんも後にアイワのポータブルレコードプレーヤーを実験で愛用していましたね。

    [ milon ]

    2018/8/27(月) 午後 6:29

    返信する
  • 顔アイコン

    > 青コゴミy2さん
    AT-PL300は私のPL-31E改と基本構造もモーターも同じで良く出来たプレーヤーなので音は良いです。ただしPL300は樹脂製なので強度に問題がありですが、AT-PL300に敵わないプレーヤーは山ほどありますよ。
    此処に来ている皆さんも安いプレーヤーだとバカにしないで試してみてください。

    [ milon ]

    2018/9/2(日) 午前 8:54

    返信する
  • 顔アイコン

    > みきはるさん
    上の方のコメントのプレーヤーです。

    [ milon ]

    2018/9/27(木) 午後 10:06

    返信する
  • milonさん、はじめまして。

    OIKと申します。
    以前よりmilonさんの記事を読ませて頂いております。
    当方も同じモーターを使い、pro-ject とヤマハのプレーヤーをDC化して楽しませて頂いております。

    当方のYP600では、シャフトに掛かる接点抵抗が大きい為デフォルトの回路のままではトルクが足りず、針を落とすだけで回転が足りなくなってしまいます。
    対策としては回路上のトルク制御抵抗Rtを調整しました。
    デフォルトではツェナーの横に付いてる510Ωです。これを小さくするとトルクも弱く、大きくすると強くなります。

    しかし、これではせっかくの低トルクのメリットを活かせていないとも考えられます。
    ですので、マグネフロート化によるスピンドルに掛かる抵抗を下げようと考えています。が、フェライトキャップで丁度いいサイズが見当たらず思い倦ねております。

    milonさんはどのように調達されておられますか?どうか御教授下さいませ。

    [ おいけ ]

    2018/9/30(日) 午前 10:17

    返信する
  • 顔アイコン

    >おいけさん
    はじめまして。
    ファイルウェッブで記事を見せてもらっています。
    私の記事を参考にして頂いていたのですね?
    詳しくはファイルWのおいけさんのページでとおもいます。

    [ milon ]

    2018/9/30(日) 午後 4:06

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事