ここから本文です
レコード盤にはどんな音がはいっているのかなぁ〜?

書庫全体表示

SATIN M-21の修理依頼

先日私のブログを見た方からサテン社のM-21の修理依頼がありました。
話を聞くと 両チャンネルより微かな音しか出ていないそうで、
カートリッジの状態と、事の経緯はこの方のブログに書かれていました。
https://fugaku2.blog.fc2.com/blog-entry-340.html
動作しないのに気が付いて10年以上経過している様なので修理できるか自信はありませんが依頼を受けてみる事にしました。
このブログの内容には回復手術と書かれていますが、分解などしなくてもオイルは除去できますので、あまり弄られていない事を祈ります。

数日して修理の依頼品が送られてきました。
イメージ 1
M-21が2個です。早速顕微鏡を覗いてコイルの動きを確かめましたが、2個ともに完全固着一歩手前の重症でした。
イメージ 2
コイルがフリーの状態ならアーマチュアを押し引きしてもコイルがそれに伴って上下する為に極細のアーマチュアに無理はかかりませんが、コイルが固着状態でアーマチュアを動かそうとすると無理がかかって曲ってしまい、最悪は根元から切れて一巻の終わりとなってしまいます。このタイプのカートリッジを修理しようとしてアーマチュアを破断させてしまったケースは多いのではないかと思うのです。

まず一個目のカートリッジのコイルを動かそうとしてみましたが、とても動く状態ではなく、荒療治ではありますが、洗浄スプレーを使ってグリスを溶かします。
洗浄スプレーは内部も侵す恐れがありますので、できるだけ使いたくはないのですが、このままでは何れにしても修理は不能ですので吹きかけてみました。

暫くそのまま置いてから顕微鏡を覗きながらアーマチュアを竹ひごを使って少しずつ動かすと徐々にグリスが解れてコイルが動いてきました。こうなれば修理の目鼻は付いた様なものです。
再度、コイルに洗浄スプレーを吹き付けて緩んだグリスを吹き飛ばします。
グリスの無い状態でカンチレバーユニットを本体に取付、音出しをしてみました。
正常な音量で両チャンネルより音が出ましたが、この状態ではダンピングが効かずに高域にピークが付いたハイ上がりの音ですので、オイルを添加してから再びレコードを掛けてみました。

全く正常なとても好い音がします。修理は完了です。・・・

と思ったら今朝には音が出ません。まだ、カートリッジ内に残ったグリスの残渣が翌日にヨークにコイルを貼付てしまっている様です。
こうなると始めから再度洗浄し直してオイルを点け直す作業の繰り替えしですね。

二個体とも現在三度目の洗浄をして様子をみていますが、快調に音は出ていまので、明日の朝、コイルがヨークに張付いていなければほぼ修理は成功です。


2月28日追記です。
27日の朝二個のうち一個が右chの出力が小さく、再度の洗浄です。
28日の今朝になってやっと納得できるまでの音になりました。
数日の間、聴いてみて変化がなけば修理成功です。

zae**737さん、二個とも治してお返し出来そうですよ〜

  • 顔アイコン

    私もSATIN M-21P等の修理でお世話になっておりますSです。
    この度ご依頼のありました、SATIN M-21の2個、修理をされた件、他人事でなく拝見いたしました。やはりSATINカートリッジファンの方は沢山いらっしゃるのですね。今後もよろしくお願いします。
    なお、ビクター MC-L1000の修理は、大変興味深く拝見させて頂いています。
    それとCEC ST930レコードプレーヤーをPL-31E改のようにレベルアップのその後のご報告を楽しみにお待ちしております。
    バラの剪定もすみ、春まじかで大変ですが、お身体ご自愛のほどよろしくお願いします。 削除

    [ P&A ]

    2019/2/26(火) 午後 9:32

    返信する
  • 顔アイコン

    SATIN M-21の2個の修理をお願いした者です。
    2個買ったのは、これがあれば死ぬまで大丈夫と思ってからです。本格的なリスニングルームが出来、これからという時に2個共アウトとなった時はショックでした。こちらのブログを拝見して藁にもすがる気持ちでお願いしました。時間がかかっても結構です、存分に看てやってください。

    サテンは他にM11,M15,M18と持ってますが、M21より古いのに大丈夫です。M15辺りからシリコンオイルを使っている様ですが、当たり外れがありますね。同じ型番のオイルでもロットが違うと不飽和結合の残存数が違うのでしょうか。

    変化しないピュアな音を求めて有機物の「ゴム」を廃止したのに、炭素を珪素に置き換えた化学製品の経年劣化にやられるとは皮肉な話ですが、走行距離が少なくてもエンジンオイルを交換しなくてはいけないのと同じ事です。針より先にホディが逝ってしまうなんて問題でしたね。

    [ zae**737 ]

    2019/2/27(水) 午後 2:24

    返信する
  • 顔アイコン

    >Sさん
    コメント有難うございます。
    もしも全てのカートリッジが今現在に作れるとしたら、SATINが一番作るのが難しいカートリッジでしょう。
    それだけ二度と作られる事はないでしょうから とても貴重で、1つでも多く正常に動作をさせて、沢山の人に長く愛用してもらい、素晴らしさを知ってもらいたいカートリッジです。
    非力ではありますがその一翼を担える事ができていれば幸いと思います。

    [ milon ]

    2019/2/27(水) 午後 5:25

    返信する
  • 顔アイコン

    > zae**737さん
    コメント有難うございます。
    M-21はそれ以前の型とは一段精密に作られていて、ヨークのギャップ幅がとても狭くなっているのでコイルが固着し易く、M-18などは比較すればギャップ幅が大きいので音がビビルだけで固着しにくく、オイルを添加すれば簡単に治る個体が多いのです。それだけにM-21は固着してしまうと厄介です。
    長く変質せず、冬でも粘度が上がらないオイルを添加しましたので真冬でもビビリずらく、使い易くなると思います。
    塚本さんも亡くなってから遥か先の事は起こってみないとわからなかったのでしょうね。

    [ milon ]

    2019/2/27(水) 午後 5:39

    返信する
  • 顔アイコン

    2月28日追記しました。

    [ milon ]

    2019/2/28(木) 午前 8:17

    返信する
  • 顔アイコン

    milonsan、質問させてください。
    前にオイル切れでお世話になったSATIN M18BXですが、以前 MC-L1000と一緒に使った時期がありました。当時の再生機器では、SATINの方が高出力で使いやすく、音も好きだったのでL-1000は処分してしまいました(後で後悔!)。構造図を見ると、M-18BXのコイルは大きな細い楕円型で頼りなく見えます。この機種の特徴は、低音の量感があることですが、柔らかめにも感じます。構造的に、上下運動で撓んだりしないか、剛性はどうなのかが心配な点です。この機種のコイルの剛性について、ご見解をお聞かせ頂けると嬉しいです。

    [ sh0*01a* ]

    2019/2/28(木) 午後 5:35

    返信する
  • 顔アイコン

    > キタタヌキさん、
    掲載の構造図の楕円はベリリウム銅製のコイルの枠でここにアルミのコイルが嵌ります。なので剛性は問題ありません。私がサテンカートリッジの気になる所は出力をMM並みに稼ごうとして、巻数を多くしすぎていて、この為コイルの質量をもっと軽く出来る所をその分がコイルが重くなってしまっているところです。(この音が好きなオーディオマニアの方もいると思いますが、ややドスドスとした重い低音に聴こえる)
    サテンの最高級機のM-21Pはコイルを小さくして通常のMC並みに出力が小さくなっていて、音も他のサテンより反応の速い軽い音がします。
    しかし、この音の比較も最高レベルの領域での話になりますので、サテンカートリッジは全ての機種が高水準にありますので誤解がない様にお願いします。

    [ milon ]

    2019/2/28(木) 午後 6:19

    返信する
  • 顔アイコン

    >zae**737さん、二個とも治してお返し出来そうですよ〜
    milonさん有難うございます。
    M21はギャップの幅が狭いから、少しでもオイルの粘度が上がると動けなくなるんでしたか。
    これで失われた10年が取り戻せます。2000枚のLPを処分せずにいて良かったです。

    [ zae**737 ]

    2019/2/28(木) 午後 6:25

    返信する
  • 顔アイコン

    > zae**737さん
    2個とも正常に動作を続けていますので、明日返送します。
    2000枚のレコード楽しんでください。サテンM-21素晴らしいカートリッジです。

    [ milon ]

    2019/2/28(木) 午後 9:31

    返信する
  • 顔アイコン

    > milonさん
    ご教示を有難うございました。SATINの説明書によく載っていた構造図はmilonさんが掲載したと同じ図でしたが、楕円部がはコイルだと思っていました。これにコイルが嵌る構造だとは初めて知りました。
    低音に量感があって切れ味も良い処が好みですが、スタイラスが塵を集め易い点が、やや難点かと。直結方式のアーム配線のため、アームを2本使用できるターンテーブルに交換しないと、M-18BXを鳴らせない状態です。
    今年こそは、同機の美音を楽しみたく思っています。有難うございました。

    [ sh0*01a* ]

    2019/2/28(木) 午後 10:18

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事