ここから本文です
レコード盤にはどんな音がはいっているのかなぁ〜?

書庫全体表示

イメージ 1
先日ハイフォニック社の『MC-A5』の修理依頼がありました。
カンチレバーを折損してしまいJICO社で修理をした物だそうですが、
『掛け次ぎ』をして修理した部分が取れてしまったのだそうです。

到着した物を診てみましたが、掛け次ぎに使ったアルミパイプが腐食していて、根元に挿してある部分も浅かった為に取れてしまった様です。
オリジナルのカンチレバーと針ですので、これはそのまま使う事にして
JICO社で修理に使ったアルミパイプは腐食していてボロボロなので、新たに旋盤を使って掛け次ぎに使うパイプを挽く事にしました。
イメージ 2
イメージ 3
前の画像の物を折り取った物です。細い方の内径0.3亞扱0.45弌太い方が内径0.4mm外形0.5mmです。太い方をカートリッジ側の折れたカンチレバーに挿し接着し、細い方に針の付いたカンチレバーを挿せば完了です。
イメージ 4
あとは接着剤が硬化するのを待つだけです。

  • 顔アイコン

    旋盤でのカンチレバー作成は、Milonさんの真骨頂・神業ですね。素晴らしい再生音が期待されます。
    なお、お世話になったSATINカートリッジで手持ちのLPを聴きなおしています。お陰様で、お宝盤が続々発掘できています。有難うございました。 削除

    [ P&A ]

    2019/5/6(月) 午後 9:08

    返信する
  • これは、もう冗談抜きでこの道で食べていけますね(^^)

    [ audiofun ]

    2019/5/7(火) 午前 7:30

    返信する
  • 先日は、ありがとうございました 相変わらず、神技 凄すぎです

    [ 気まぐれ ]

    2019/5/7(火) 午後 0:20

    返信する
  • 顔アイコン

    > P&Aさん
    音出しはこれからですので正常に音が鳴るか分かりません。
    このカートリッジと同梱でサテンのM-18BXのメンテも頼まれています。こちらの作業は慣れたものですので大丈夫でしょう。

    [ milon ]

    2019/5/7(火) 午後 5:10

    返信する
  • 顔アイコン

    > audiofunさん
    目が回るほど沢山修理が来てくれれば食べていけるかな?

    [ milon ]

    2019/5/7(火) 午後 5:12

    返信する
  • 顔アイコン

    > 気まぐれさん
    先日はオフ会お疲れさまでした。
    顕微鏡の拡大画像ですので肉眼では小さくて驚きますよ。
    これをどうやって作っていくか?を考えるのが楽しいんですね。次回もまたオフ会やりましょう。

    [ milon ]

    2019/5/7(火) 午後 5:16

    返信する
  • 顔アイコン

    こんにちは
    移行しました ツールを使って移行すると新規投稿ができないみたいですhttps://ameblo.jp/jbls9500

    こちらのブログに投稿いたします これからもよろしくお願いいたします

    SEED

    2019/6/6(木) 午後 0:01

    返信する
  • 顔アイコン

    > SEEDさん
    こんにちは。お気に入りに登録しました。
    みなさん移行先はアメブロが多い様ですね。

    [ milon ]

    2019/6/6(木) 午後 5:37

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事