ここから本文です
レコード盤にはどんな音がはいっているのかなぁ〜?

書庫全体表示

記事検索
検索

SATIN M-21の修理依頼

先日私のブログを見た方からサテン社のM-21の修理依頼がありました。
話を聞くと 両チャンネルより微かな音しか出ていないそうで、
カートリッジの状態と、事の経緯はこの方のブログに書かれていました。
https://fugaku2.blog.fc2.com/blog-entry-340.html
動作しないのに気が付いて10年以上経過している様なので修理できるか自信はありませんが依頼を受けてみる事にしました。
このブログの内容には回復手術と書かれていますが、分解などしなくてもオイルは除去できますので、あまり弄られていない事を祈ります。

数日して修理の依頼品が送られてきました。
イメージ 1
M-21が2個です。早速顕微鏡を覗いてコイルの動きを確かめましたが、2個ともに完全固着一歩手前の重症でした。
イメージ 2
コイルがフリーの状態ならアーマチュアを押し引きしてもコイルがそれに伴って上下する為に極細のアーマチュアに無理はかかりませんが、コイルが固着状態でアーマチュアを動かそうとすると無理がかかって曲ってしまい、最悪は根元から切れて一巻の終わりとなってしまいます。このタイプのカートリッジを修理しようとしてアーマチュアを破断させてしまったケースは多いのではないかと思うのです。

まず一個目のカートリッジのコイルを動かそうとしてみましたが、とても動く状態ではなく、荒療治ではありますが、洗浄スプレーを使ってグリスを溶かします。
洗浄スプレーは内部も侵す恐れがありますので、できるだけ使いたくはないのですが、このままでは何れにしても修理は不能ですので吹きかけてみました。

暫くそのまま置いてから顕微鏡を覗きながらアーマチュアを竹ひごを使って少しずつ動かすと徐々にグリスが解れてコイルが動いてきました。こうなれば修理の目鼻は付いた様なものです。
再度、コイルに洗浄スプレーを吹き付けて緩んだグリスを吹き飛ばします。
グリスの無い状態でカンチレバーユニットを本体に取付、音出しをしてみました。
正常な音量で両チャンネルより音が出ましたが、この状態ではダンピングが効かずに高域にピークが付いたハイ上がりの音ですので、オイルを添加してから再びレコードを掛けてみました。

全く正常なとても好い音がします。修理は完了です。・・・

と思ったら今朝には音が出ません。まだ、カートリッジ内に残ったグリスの残渣が翌日にヨークにコイルを貼付てしまっている様です。
こうなると始めから再度洗浄し直してオイルを点け直す作業の繰り替えしですね。

二個体とも現在三度目の洗浄をして様子をみていますが、快調に音は出ていまので、明日の朝、コイルがヨークに張付いていなければほぼ修理は成功です。


2月28日追記です。
27日の朝二個のうち一個が右chの出力が小さく、再度の洗浄です。
28日の今朝になってやっと納得できるまでの音になりました。
数日の間、聴いてみて変化がなけば修理成功です。

zae**737さん、二個とも治してお返し出来そうですよ〜

開くトラックバック(0)

VictorのMC-L1000の修理が完了しましたので、いよいよレコード盤に針を落とします。シェルはテクニカのAT-LH15ミッチャクです。
何時の様にサブシステムHS-500のマルチ、PL-31E改ピュアストレートアーム付プレーヤーに取り付けて、レコードに乗せました。
イメージ 1

音は出ましたが、右chのみで左からは音がでません。何故なんだ・・・???
しかし、自分で治したカートリッジなのでプラシーボ満載ですので、片チャンのみでも凄く好い音です(笑)。
とりあえずマイクロコイルを譲ってくれたフィデリックス社の中川さんに
「音出たよー」と報告しました。「音はどうですか?」と中川さんに聴かれ「音は好いけど片チャンだけー・・・、導通あるのに何でだろ?」と聞くと「それは変ですね。どこかでショートしていないですか?一度電話を切りますから調べてみてください。」といわれました。
この電話を切る直前に「もしかしたら」と思い当たる事が頭の中に浮かびました。
それは、『コイルの空振り』
ダイレクトカップル型は正面から見るとVの字型ヨークの隙間にコイルが半分だけ入って、その中の磁束を切る事で発電するのですが、ネジ止めした時に前後は合わせたのですが、ヨークに入っているかは確認していませんでした。
もう一度振動系固定ベースのネジを緩め調整し直したところ両チャンネルより音はアッサリと出てきました。この瞬間、「ヤッター‼」と心の中で叫んでいました。
イメージ 2
分かりやすい様に修正後のコイル後方に光を当てて写真を撮ってみました。ホームベース型のコイルの正面にあたる部分がヨークの中にある事が分かると思います。
これが少しでもズレているとコイルは発電出来ないのです。
この後、再び中川さんに両チャンネルから音が出た事の報告と聴いた音の印象を連絡しました。
中川さんは「あまりにも難しい作業なので、もしかしたら出来ないのではないか?」と心配していたそうですが、私の報告に喜び、また驚いてもくれていました。

さて、肝心の修理後の音質です。
https://blogs.yahoo.co.jp/milonhit/22885197.html
昔書いたMC-L1000の音質評価ですが、エネルギーバランスは非常に良く、鮮明で癖がないので私は長いあいだレファレンスカートリッジと位置づけてきました。
今回の修理後の音ですが、ハッキリ書かせてもらいますが、オリジナルのMC-L1000を上回ります。
多くのカートリッジを聴いてきて、最近好んで聴いているPioneer社の『PC-70MC』やジュエルトーンのリボンカートリッジ『JT-R掘戮覆匹鯆阿とMC-L1000の高域は僅かですが曇っていて、クリアーではなく視界がやや悪い事に気が付きます。この点が気になってきて最近はあまりL1000を使用しないのですが、比較の2機種はやや神経質な(硬質な鉛筆画を見る様な、繊細さを強調する)ところがあり、総合では一長一短というところでしょうか?
ところが、今回コイルを変えた事によって音はストレスの無い、何とも言えない さわやかな音がします。欠点とみていた高域は澄み切って、ポップスのボーカルの背景を流れる弦楽器の伴奏がどのカートリッジよりも混濁しないでハッキリと音を追う事ができるのです。もともとMC-L1000は中低域以下は歯切れがよく、厚みがあり非常に素晴らしいのですが、その良さは失われる事はなくそのままなのです。
今色々なレコードを聴いてみていますが、私が今までに聴いたカートリッジの中では一番の音ではないかと思うのです。
中川さんともこの結果について話をしたのですが、MC-L1000の高域の濁りの原因はプリントコイルではないかという事です。やはりプリントコイルは軽く作れるのですが、厚みが薄いためにコイル自体が振動している可能性が高く、今回の交換したコイルは4巻き、3層の12ターンとなっていてプリントコイルよりも厚みがあり剛性が高くなっている事が好い結果につながったのではないかとの事でした。

暫く聴いてみましたが、このカートリッジが私の新たなレファレンスになる事は確実です。

開くトラックバック(0)

前回、マイクロコイルをカンチレバーの上に乗せる事ができましたので、
今回の作業は最難関と言えるリード線の配線をします。

イメージ 1
画像を拡大する事ができますので大きくして見てください。
まず赤矢印の様にカンチレバーの背に、極細線を貼付て行くのですが、バネ性がある為に思った様にはいかないのです。やはりピンセットは使えないので2本の先の尖った竹ひごを両手を使ってコイル後方のカンチレバー上にリード線を導き、楊枝の先に瞬間接着剤が付いているか、いないか程度の極微量を点けて固定します。リード線がカールしているので伸ばしながらmm以下の間隔で瞬間接着剤で徐々に後方へと固定していきます。カンチレバーの根元付近に来たら、青矢印の様にカンチレバーの動きを阻害しない様に山なりの遊びをつけ、緑矢印の振動系固定ベースの上に固定して、後方の黄色矢印の所に再び固定し、これで1本目が終わります。この作業を4本やるのですが、急な曲げをすると断線しますので、出来上がるまでは導通があるのかが分からず、作業最中には常に不安と緊張が付き纏いました。
イメージ 2
リードの配線作業が終わりましたので振動系固定ベースを元通りに取付、コイルとギャップの位置を調整してネジ止めし、先日買ったばかりの温調ハンダごてでリード線の終端を端子にハンダづけをして作業完了です。

あー、くたびれた(笑)。
導通はカートリッジの端子部で両chとも5Ω強ありますので、断線は無く成功です。
何かしらの音は出るはずなのですがどうでしょう・・・?

開くトラックバック(0)

さて、一作目のコイルを紛失したショックから気持ちを立て直して二作めのコイルの結合を終わらせました。

前回の記事の最後に載せた写真のカンチレバーを貫通したダイヤモンドチップにコイルを貼付ける作業をはじめます。コイルを載せた後にエポキシで固定しましたが、
硬化するまでに直角や左右の曲がりを先の尖った竹ひごで微妙に突つきながら何度も修正していきます。
イメージ 1
私の実体顕微鏡にはライフルスコープの照準の様な線がありますので、こんな時に威力を発揮してくれます。
イメージ 2
カンチレバーの上にメガネの様なコイルが乗りました。髭の長いネズミのようにも見えますね。

さあ、これからが難関のリードの処理です。

開くトラックバック(0)

前回はコイルをステレオ用に二個一にする作業をしました。
かなり苦労をして上手く出来上がりましたので、嬉しくなって油断をしてしまいました。
保持シートから外して顕微鏡の上に置いてから、顕微鏡を数十センチ持ち上げて移動をしたのです。再び顕微鏡を覗くとコイルは消えていました。
銅線とは言え埃と同程度の質量で鼻息でも飛んでしまい、静電気で物にも吸い付くのですから紛失すれば厄介です。
半日捜しまわりましたがとうとう見つかりませんでした。(凄いショック!)
捜すのは諦めて2組めを組む事になってしまいました。

さて、気を取り直して ここで修理するMC-L1000を分解しましたので内部構造をみてみましょう。
イメージ 1
針先直上のC型のヨークの隙間にプリントコイルが挟まる様に配置されている事がわかります。
イメージ 2
コイルリードはカンチレバーの背中を通り振動系固定ベースの裏のトンネルを抜け、端子にハンダづけされて、プリントコイルがヨークの隙間に正確に入る様に調整が出来る様に振動系固定ベースは長穴を開けネジ止めされている事が分かります。
イメージ 3
振動系ユニットを外した所です。まだマイクロプリントコイルが付いた状態です。カンチレバーの背中伝ってリードが接着されています。
イメージ 4
プリントコイルを取外し、掃除をしました。通常のカートリッジの2倍はある長いダイヤモンドスタイラスチップがカンチレバーを貫通して裏側に出ている事が分かります。ここにダイレクトにコイルを取付けるのですが、MC-L1000が此処まで拘って作られている事に感心します。凄いカートリッジです。

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事