ここから本文です
レコード盤にはどんな音がはいっているのかなぁ〜?

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

私のPL-31Eに使用しているモーターはいわゆるジャケットサイズの低価格のプレーヤーに使われている小型のDCモーターですが、
https://blogs.yahoo.co.jp/milonhit/26926666.html
https://blogs.yahoo.co.jp/milonhit/26998103.html
ベルトドライブに使われているモーターを色々聴いてみて
小型の物の方が大型の物より音が良い事は分かっていましたが、この理由を考えては
小型の物の方がローターの径が小さくなり磁力が引き合う力がかかる作用点の直径が内になるからだと考えました。ただそれだけの理由で音が良いわけではありませんので、他の理由についても後付けで考えてみました。

それまで使用していたシンクロナスモーターでは電圧を下げてトルクを極端に弱めると滑らかな音になりますが、スタート時は手で補助しなければ定速に達するまで時間がかかるデメリットもありました。
しかし、小型のDCモーターを電池駆動で動かした時の音質は遥かに歪みが少なく滑らかでありながら、スタート時にはサーボが働く事でトルクがかかり、立ち上がりは手で補助をしなくてもスムースにスパッ!と定速に達するのです。そして定速に達してしまえば半年は電池交換をする必要がないくらい電流を使わない事から、極低トルクで回っている事が分かるのです。
低トルクで回せる理由はプレーヤー本体のスピンドルシャフトのベアリング化やマグネフロート化をし、極低抵抗にした事が最も大きな要因となっている事は想像はつくと思いますが、他にもうひとつあるスピンドルシャフトもこの低抵抗に貢献していると思われる事です。

それは小型DCモーターのスピンドルの直径は2mmと模型に使われる物と同じ極細の径で、上部スラスト軸受は普通の滑り軸受ですが、通常のシンクロナスモーターに使われている軸は細くても6mm程度はある事から、これに比べれば今までの経験上このモーター自身の回転抵抗は極端に小さいと思われることです。

そしてこのモーターの下部軸受けはドーナツ状の金属のスラスト軸受が樹脂の穴にはまっていて、そこにこの2mmのシャフトが貫通し、下側のローターの重さを支えるのは構造体の樹脂そのままの簡単な物で、一見するとローターの重さが下部の樹脂にかかり、回転抵抗が増えると考えられますが、ローター自体が小さく軽い為、外周にある固定極のリングマグネットの磁束の中に引張り込まれてローターが浮く様になり、底部軸受けへの負担も少なくなるのではないかと考えたしだいです。(マグネフロートの効果もあるか?)

いずれにしてもこの小さなDCモーターが 私の目標としてきた『手回しプレーヤーの音』を実現する為に大きく影響を及ぼした物である事に違いはありません。

開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事