ここから本文です
レコード盤にはどんな音がはいっているのかなぁ〜?

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

カートリッジを盤面に置くとアームが内側に滑り入ろうとする現象は一般にはインサイドフォースと誤解されて呼ばれていますが、実際には今回フィデリックス社が動画で示したアームをオフセットした事で起こる左右の音溝の針圧差によってカートリッジのカンチレバーの支点が内側に向かって振れる現象です。(これを最初に定義したのはSME社です。)https://www.youtube.com/watch?v=6xpm6R3z3NE

この現象に限ってフィデリックス社では(SME社の定義に従って)インサイドフォースと明示していますが、オフセット角の付いたアームに取付けたカートリッジの針が音溝の変化する抵抗に引っぱられてカンチレバーがアームの支点と一直線になろうとしているだけ(見た目はカンチレバーが外側に曲って見える)の単純な事なのです。もちろんダイナミックに変化する針先と音溝との抵抗によってフラフラと動くカンチレバーの支点が正しい信号変換など出来るはずもなく、昔からあたりまえの様にアームを曲げてきたこと(オフセットを付けた事)自体が間違っていたのです。
このサイドフォース現象がピュアストレートアームでは起こらないことから、フィデリックス社のアームは『ゼロ・サイドフォース』と名前が付けられました。

もう一つ誤った名前で呼ばれてきた先のインサイドフォースですが、針先をレコード盤に落とすといきなり内側に引き込まれ滑る現象ですが、此方はフィデリックス社ではスケーティングフォースと区別して呼んでいます。

この内側にアームが滑る現象をスケーティング現象と明示すれば、一般に言われているインサイドフォースキャンセラーはインサイドフォースをキャンセルする事はできず、スケーティング現象のみキャンセルしていることからアンチスケーティングと呼ぶ方がスッキリします。
かたや、スケーティング現象は実際の音質には影響は殆ど無く(音溝のないレコード盤をかける事など絶対にないわけですから)、かたや、サイドフォース現象は音質に多大な影響を及ぼす事はピュアストレートアームを実際に使用してみた方なら御理解頂けると思います。

これら2つの現象を混ぜて考えてしまうと とても複雑な動作に見えますが、ハッキリと分けて考えれば、それほど難しい動作ではない事も分かります。

開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事